炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

人生を変える時間術 ~日本人はなぜ仕事ができないのか~

本日は、時間術!

これは実際に自分で知らずのうちにやっていたものです。

よく海外の人から日本人は仕事ができないと言われますがそれはなぜなんでしょうか?

そして私が実際に行っていたエピソードとともに時間術を紹介します!!

 

 

 

日本人はなぜ仕事ができないのか?

 

 

 

ではなぜ日本人は仕事ができないと言われるのでしょうか?

それは働き方にあります。

私は大学生の時、海外文化を学んでいました。

アメリカと日本人を比べたときに、アメリカはファミリーを一番に考えるのに対し、日本は、自分の時間をすべて捨てるのが当然という考えがあります!!

これは、それぞれの国の経営者(会社)の考え方です!

最近では、働き方改革で日本でも働き方の見直しをしていますが、私から見れば日本は何も変わらないでしょう。

海外のやり方をただまねするだけだからです。

日本人は、勤勉で優秀と言われますが、労働生産性は世界的にどうでしょうか?

2016年の統計によると、日本の労働生産性は、OECD加盟国34カ国中第22位です。

主要な先進国の中では22年連続で最下位です。

先進国最低です!!

1時間あたりの労働生産性をアメリカと比べると、アメリカは日本の1.6倍です。

日本では、一日で仕事量の足りない場合は残業という形で時間をかけ、終わらせているのです。

労働生産性は、企業や組織の生産性やイノベーションの進行に関係します!

つまり、日本人はアメリカ人の1.6倍働かなければ、同じ価値を見いだせない!!

効率が悪いと言うことです。

私が日本人でありながら日本を嫌いな理由です。

アメリカ人は5時に仕事が終わって帰っても、日本人は8時にならないと帰れないという差があります。

日本人は時間の使い方を知らないと言うことです!

 

 

 

日本人は怠惰なのか?

 

 

 

あるアメリカ人が言いました。

「日本人はなぜ朝コーヒーを飲んだり、新聞を飲んだりしてのんびりしているの?

さっさと仕事を始めればいいのに…」

9時始業というのは、海外でもそうですが、9時に入社するのが日本ですが、アメリカではベストパフォーマンスを発揮する時間なのです!

アメリカでは5時には帰るのが当然なので、それまでに帰るためにいかに工夫するのかが重要となってくるわけです。

日本人は勤勉と言われていても、実際の意見は怠惰だと言うことです。

あなたはご存じでしょうか?

朝起きてからしばらくは脳の覚醒状態であることを…

つまり、案外朝の方が頭が冴えるのです!!

日本人は時間の使い方を知らないのです。

よくプライベートの時間がない、ワンオペ育児だの言う人がいますが、時間の使い方を知らないだけのこと…

朝起きてまずメールをチェックする人が多いとは思いますが、その人は時間の使い方を知りません!

 

 

 

時間のジグソーパズル理論

 

 

 

私たちが日々行う仕事には、2種類あります!

非常に集中力を消費する集中仕事、集中力が必要ない非集中仕事。

集中仕事は、文章を書く、プレゼンテーションの資料を作る、英語の資料を読む、英文を書く、決算書のように1円でも間違っては困る重要な書類作りなど…

非集中仕事は、メールやメッセージのチェック、電話やコピー、資料や本に目を通す、会議、打ち合わせ、来客対応など…

集中仕事は、限られた時間にしかできません。

非集中仕事は、いつでもできる仕事です!

日本人はなぜ仕事ができない、怠慢だと言われるのか理由が見えてきたのではないのでしょうか?

何事も効率が悪い(無駄な時間の使い方をしている)と言うことです!!

時間の使い方さえ見直せば、人生が変わるのです。

私の学生時代、英会話を身につけるべく勉強していたころに、

一日に4技能のどれをいかに勉強するかを考えていました。

リーディングの勉強はいつでもできます。

ライティングは、瞬時に自分が思ったことを英語に変えなければならないので非常に頭を使います。

リスニングも集中力が必要です!

スピーキングもいつでもできます。

当時は時間帯で効率が変わるなんて夢にも思いませんでしたが、リスニングやライティングは脳の覚醒状態の時間帯にしていました!

直感的に、すっきりしたのでなんとなくしていました…

リーディングやスピーキングはちょっと時間ができたときにやっていました。

一口に勉強するといっても普通に勉強するのではなく、いかに遊びながら覚えるかを重点にすることで、脳をリラックスさせ、集中力をアップさせました。

その結果、今となっては英語を話すことは朝飯前で、映画も字幕なしで英語です!!

同じ仕事でもやる時間帯で早く終わったりします。

そして集中時間には限界があります。

15,45,90分が集中時間の限界です。

これは日常生活のあらゆる部分で使われています。

 

 

 

 

効率のいい時間の使い方とは?

 

 

 

では効率のいい時間の使い方とはどのようなものなのでしょうか?

これはあくまで私のやり方ですが、自分にとってのじっくり休まるアクションを見つけることをお勧めします!!

たとえば寝る前の習慣や朝の目覚めの習慣などです。

私の場合は、朝必ずコーヒーを飲むことです!

コーヒーを飲めば自然と休まり、気持ちの切り替えや頭をすsっきりさせて朝目覚めたり、休憩の時間にしっかり休むことができます。

ちなみに寝る前は夢にしかないようなことを妄想してから寝ます。

このように自分オリジナルの休むアクションをすることはとても大事です!

脳は、習慣が大好きです!!

最初のうちは慣れなくてもそのうち脳が記憶して、そのアクションをすれば休むなど、より時間を有意義に使うことができます。

日本人の皆さんは、休むことを悪と思う人が多いですが…

より効率のいいパフォーマンスをするためには、休むことも大事なのです。

先ほども言いましたが、集中仕事は朝することでよるするより、4倍スピードアップします!!

非集中仕事は、息抜きのつもりでやればスピードはぐんとアップするでしょう。

 仕事と言ってもバチバチの重たい空気でやるのではなく、いかにゆるくやるかです。

つまり、リラックスした状態で取り組むことで、冷静な判断そして自分のベストパフォーマンスを発揮できるというわけです。

 休みについて一つ言い忘れることでしたが、疲れる前に休むことをお勧めします。

脳の疲れは身体の疲れとは違い、身体が疲れたから休むから休むのでは手遅れです!

脳が疲れていれば、いくら身体が元気でも無意味な事です。

 

先進国最低の国 ~いよいよ日本爆誕~

これまでいろいろな国をリポートしてきましたが、いよいよ日本の紹介です。

日本と言えば海外から20万もの旅行者を突破した国です。

それは一体どうなのでしょうか?

辛口で行きます!

 

 

 

外国人の日本のイメージ

 

 

 

忍者、武士の国

 

 

日本に行けば忍者や武士が歩いている、日本人女性は常に着物を着ていると思う人が少なくなく、それを見るためにわざわざやってくる人もいるのだとか…

また、そういう人向けに忍者教室や忍者体験のツアーが熱いのだとか!!

 

 

 

衛生のいい国

 

 

良く日本に来て驚く人も多いのがここ。

トイレの便座が暖まったり、自動洗浄などの機能は日本にしかないらしく、わざわざ日本まで買いに来る人もいる!

 

 

 

治安のいい国

 

 

 

飲食店で荷物を置いてから食べ物を買うことは海外ではあり得ない。

その間に必ず盗まれるからだ!!

また、携帯電話を持って話をする日本人を不思議に思います。

なぜなら海外なら取られてしまうから…

夜7時以降、女性1人で歩ける唯一の国としても有名です。

海外なら車に引きずり混まれたり、さんざんな目にあるのだとか…

日本でクレジットカードが普及しない理由としても有名です!

海外では盗まれるので必要な物は常に携帯しなければなりません!!

 

 

 

白人にあこがれている

 

 

 

外国人男性がよく日本人女性に対して思うことだが、日本人は白人にあこがれているとほとんどの人が言います!

なぜなら日本人女性はみんながみんな髪を茶髪にしたり、化粧が濃くなったりするからだとか…(これは私も思うことです)

日本人には黒いなびく美しい髪があるのになぜだろうかと疑問に思う外国人が後を絶たない。

わかるように言うならば金髪の白人がわざわざ黒髪に染めるような不自然なもの。

化粧に関しては外国ではほぼノーメイクもよくあることで、これは男性がシンプルな顔が好きだからで私も海外で見てきました!!

実は日本人女性は海外でも評価が高く、これらの点は失望される点でもある。

 

 

 

英語ができない

 

 

 

外国人が苦労する点でもあるのがここ。

日本人は英語が話せないという固定概念のようなものがある!

これは日本の教育が海外に比べて遙かに遅れていることを意味していて、日本人の語学力は世界最低のアジアの中でも最低と発表されています!!

また、日本人が英語ができない理由として大きいのはグローバル化をビジネスとしてしか考えていないから(外国人観光客を誘い込む)

ちなみに海外では、世界水準に持って行くという意味合いが大きい!

社会的な制度を改革したりなど…

 

 

 

親切、マナーがいい

 

 

 

これが一番言われることでしょう。

一番の理由はホスピタリティー精神ではないでしょうか?

ホスピタリティーとは英語でおもてなしの意味ですが、店の接客態度のことです。

電車でちょっと遅れただけでも謝る精神!(海外では遅れるのは当たり前)

接客時の笑顔(海外では笑わない)などがあります。

 

 

 

外国人はこんなところに驚く

 

 

 

自動ドア

 

 

 

自動ドア。

コンビニの入り口やタクシーのドアの開閉。

外国には、存在しないので感動するところだそうです!

トイレのセンサーも同様で、誇りに思うべきところです。

 

 

 

マスク

 

 

 

日本ではファッションとしても人気のマスクですが、海外の人は疑問に思います!

特にその数の多さ…

なぜならマスクをしていると言うことは、病原菌を持っているように感じるからだそうです。

日本では、風邪予防など対策に着けています!

外国人もそこまではしないので健康面の意識の高さが伺えます。

 

 

 

たばこ

 

 

 

日本にきた外国人が良く感じる疑問がここ。

日本人と言えば仕事に厳格というイメージがありますが、なぜ仕事中にたばこ休憩があるのだろう?

と思います。

海外でたばこを吸うことは、自己管理ができていない証明で出世ができない、仕事をクビになるからです!!

そんなことばかりしてるから無駄な残業が多いんじゃないかと怒りが炸裂しております。

 

 

 

クリスマス

 

 

 

これも良く驚かれることで、クリスマスにケンタッキーを食べる日本人が謎のようです。

日本でこうなったのはその昔ケンタッキーがクリスマスはケンタッキーと打ち出したのが始まりとなっています。

また、クリスマスに恋人と過ごす日本人も疑問です。

ファミリー第一のアメリカでは、クリスマスは仕事を早く切り上げて、家族と過ごす日だからです!

外国人から見ると日本のクリスマスは外国のクリスマスを中途半端にまねしたものに見えるようです。

 

 

 

 

電車

 

 

これも驚かれることが多いところです!!

まずは満員電車です。

日本の電車混み過ぎと思われる方がほぼ100%です。

原因は電車の本数でしょう!

電車の本数をもっと増やして混雑を緩和しないから痴漢が起こるともっともらしい怒りをあげています!

われわれ男性陣もその通りだと…

また、日本人はなぜ電車で熟睡するのかと怒る方も多いです!!

実は、海外ではこれは犯罪になることがあります。

周りの人の迷惑になるからです。

これは日本の過酷な労働実態を表しています。

 

 

 

 

 

 

日本人は唯一日傘を差すところで有名です。

特に日傘…

日が気になるなら日焼け止めすればいいじゃんと思う人が多い!!

サングラスをなぜしないの?

傘邪魔じゃんと疑問に思う方や怒る方が続出です。

では次は外国人の怒りです。

 

 

 

外国人の怒り

 

 

 

仕事への怒り

 

 

 

残業

 

 

外国人が仕事と聞けば一番怒るのがここ。

日本人はなぜ自分の家庭を犠牲にしてまで働くのか?

なぜ残業を減らそうとしないのか?

会社の飲み会などのつきあいがなぜ強制なのか?

仕事の仕方で言うならば、日本人はなぜいちいち電話で話そうとするのか?

海外では、直接会ったり、電話するのは、自分にとっても相手にとっても時間がかかると考え、互いの都合に合うようメールします!

効率性を一番に考え、個人の時間を大切にしているのです。

固定のやり方にこだわる日本らしいですね…

実は、海外には法律があり、部下に休みを取らせなければ上司の能力がないと思われてしまいます!!

日本人労働者は守られていないという現実です。

なぜ部下が上司より先に帰ってはいけないのか?

日本の仕事は効率が悪すぎる!

日本人は仕事ができない…

口を濁すばかりです。

 

 

 

上下関係

 

 

 

なぜ日本では自分で考えることを求めず上司が決めるのか。

モチベーションにつながらないじゃないかという意見が寄せられています!

パワハラが起きるのは当然じゃないかと怒っています。

上司は部下を奴隷と思っているのか…

日本のおかしいところです。

 

 

 

子育て

 

 

 

日本ではなぜ子供ができたら会社を辞めるのか?

産休を取ればいじめられるのか?

といった怒りが多々あります。

スウェーデンでは男女ともに産休を取ります。

子育てを分かち合おうという心がけです。

バスに乗る際、ベビーカーを持っていれば運賃タダといったルールもあります。

海外では、テレワークと言ってこどもが産まれたら在宅勤務ができます。

また、ベビーシッターに子供を預けて仕事に行くなんて事は一般的です。

安心ですね!

そんなんだから日本は子供が減っていくんだという人が多いです。

 

 

 

面接

 

 

 

なぜ面接にルールがあるのか?

なぜマニュアルがあるのか?

なぜ髪型や服装など勝手に決められなければならないのか?

無駄に面接(1次、2次など)が多くないか?(同じ事を何度も聞くなど)

面接でドラマのセリフのような回答を期待するのはなぜか?

なぜその人の能力を見ないのか?

性別、学歴、年などをなぜ聞くのか?

海外の人はスーツを着て、仕事に行きません。

パーティの時などのドレスコードです。

日本のように黒髪に戻すなどのルールもありません。

黒髪だからブランドの時計を着けているからといってなんの仕事の支障があるのでしょうか?

海外で面接で性別や年などを聞くのは違法で、彼氏彼女がいるかとか個人的な質問をしてはいけません!!

アメリカの面接は、電話で採用担当者と話して内定などさっと決まります。

日本の世界幸福度ランキングは51位で、これは社会制度や経済などを総合評価してランキングにしたものです。

先進国として最低のランクで、発展途上国にも遠くおよびません!

 

 

 

教育への怒り

 

 

 

留年

 

 

 

海外の学校では、小学校から留年があって、理解してから進学するという合理的なものです。

しっかり理解してから、上の学年に行くので年が違うのが当たり前!!

だから年の差別は絶対に日本のように起こりません。

 

 

 

大学生

 

 

 

日本の大学生はなぜ勉強しないのか?

と聞いたこともある方が多いかも知れません!

日本の大学生は世界一馬鹿と言われています!!

アルバイトばかりしていて一体何のために大学に行っているのかとあきられます…

これは社会が重要視していないからです。

海外では、自分の興味ある分野をひたすら勉強したり、インターンなど…

日本は甘いと言われます。

何が学歴社会だと…

 

 

 

授業が受け身

 

 

 

有名な話です。

海外の教育は個人に重点を置いています。

日本とは違いミスをしないことをしかります。

ミスをしていない部分を褒めることで伸ばしていく教育をヨーロッパの教育です。

ノルウェーでは、ゲームを通して協調性を身につけようという授業があります。

テクノロジーを駆使して、グローバルな子供を育て上げることを目的にしています。

これは欧米の教育です。

 

 

 

効率的ではない

 

 

 

日本の教育は、受験に受かるためだけの教育とよく言われ、創造力が全くつかず、自分で考えることもできません!

これは社会の問題でもあります。

テストも答えが一つでなく、先生を教える先生がいるぐらいです。

部活動も違います。

日本では、部活動は絶対という考えが強く、専門の先生がつかないのが波紋を呼んでいます!

海外では、日本ほど練習しません。

自分のペース、自分で思ったことをやっていくまるで私のようなやり方が海外では求められます!!

日本の教育は、会社の犬になり、ただ働く人を作るだけの教育と言われます。

これが日本の協調性です!!

協調性を求めると言うことは、自分や相手のいいところを全く見ず、欠点のみを見ると言うことです。

だから、日本は相手の欠点を見つけることに長け、避難することに長けています!

また、日本は世界で唯一のタテ社会であり、個人の実力は関係なく、ホスピタリティー精神により、上司や年上のものにすべてが同じだという幻想の世界でもあります。

これが世界幸福度51位の理由であります。

可能性を求めず、無駄に固定のやり方にとらわれています!!

日本の社会は、ほかの先進国に比べ10年ほど遅れています。

空港にボディースキャナーというものが取り付けられることはご存じでしょうか?

テロ対策に必須でどこの安全という国でもある検査機です。

オーストラリアでも10年ほど前にはすでにありました…

しかし、日本は…

 続いては人の特徴です!

 

 

 

日本人の特徴

 

 

 

自己主張が皆無

 

 

 

日本人に自己主張はありません。

海外の人が驚くのはみんな似たような髪型だと言うことです。

特に日本の女性に対して、なぜわざわざ茶髪なのかと(ぜんぜん顔に合っていないため)

また、日本の女性は思っていることをうちに秘めておくことでも有名です。

海外ではそうはいきません!

自己主張しないのが悪だからです。

 

 

 

協調性を重視しすぎる

 

 

 

日本と言えばここで一番有名ではないでしょうか?

心理学的に海外は得意分野で力を発揮できたとき、モチベーションが上がるのに対し、日本では全く逆です。

なぜなら苦手があるから個性という考え方だからです。

あり得ない完璧をなぜ求めるのか?

出口のない迷路を進むようなものです!

 

 

 

何事も効率が悪い

 

 

これも日本人と言われればよく言われるものです!

教育や会社のシステム、社会制度すべてにおいて要領が悪いと言われるのが日本社会です。

日本の会社では会議やミーティングを重視しますが、特に中身がなかったり、休みを取るのが悪つまり、自分の思うとおりに生きるのが悪だと考えられるのが悪と考えられています。

 

 

 

マナーや礼儀にとらわれすぎている

 

 

 

日本の就職マニュアルが世界で話題になり、日本では絶対に働かないという声が殺到しました。

お辞儀が何度、場面における振る舞い方など…

海外でもマナーはありますが、より中身を重視します。

仕事での成果や周りの評価など…

そんなことばかりしているから日本人の仕事は効率的でないと言われがちです!!

 

 

 

目的がない

 

 

 

日本人はよく何かをやるとき、誰かがやっているからやるや周りがやるからやっていいなど中身がないことが多いです。

とりあえず大学に行く、髪を染めるなど…

スーツを着て仕事に行く日本人を海外の人はゴキブリと表現しています。

そもそもスーツは海外のもので日本には合わない…

臨機応変になぜ行動しないのか…

 

 

 

ネット依存症

 

 

 

日本人は自分の時間をスマートフォンのゲームなどで時間つぶしします!

特にアジアの人に多い特徴でネトゲ廃人スマートフォンやインターネットを手放せない)と呼ばれています。

時間の使い方を知らないのかと言われる理由です!

子供が騒いでいるのにゲームをしてなぜ注意をしないのか、その辺を歩いているのかなど日本人のマナーを問う外国人が殺到しています!!

またフォトジェニックにも疑問を問う外国人が多すぎるくらい多いです。

私には、写真でしか自分の存在を証明できないのかと鼻で笑うぐらいですが…

外国人はよく日本人は時間の使い方を知らないのかと怒ります。

とりあえず残業し、休みの日は接待など(海外ではない)なぜ家庭を大事にしないのかと…

あるいは、ネットで得た情報を鵜呑みにし、たいした知識がないのに知っているかのようにするのはなぜか…

たとえば、若者へのとらえ方など…

もっと情報を読み解く力をつければいいのにと嘆かれるばかりです!

 

 

女性の意識

 

 

意外に多いのがここ。

日本の女性はなぜ結婚したら会社を辞めるのか。

そのくせ男性に収入が少ないなどの文句を言うのか…

女性は働くことを全く考えていない…

また、やせているのになぜやせようとするのか?

といった声が多いです!

これは芸能人の普通であれば病人のような身体を素人が目指しているに他なりません。

しかもたいした知識がない…

これだから社会も変わらないとあきれる人が多いのが事実!!

 

 

 

まとめ

 

 

日本は、数々の伝統芸能があります。

漫画や茶道など…

近頃はその伝統を守るのは外国人だとか…

外国人と日本人の考え方を比べた時に、個性を重視する外国は、自分も周りの人も自由で互いにその領域を邪魔することはタブーなので、法律などのルールは時代に合わせて変化します!

つまり物事の表面より核を重視します。

しかし、日本では全く反対です。

決めごとは全く決まりません!

物事のマイナス面ばかり見るからです!!

物事の核より表面を重視します。

人で見たとき、日本人は服装ばかり気にし、人柄は全く成長しません…

日本人は自己評価が高い傾向にあります。

自己評価はプライドのことです。

プライドが高い人ほど実力は想像より低い傾向にあります。

よく日本人の常識は世界の非常識と言い、誇らしげな人がいます。

しかし、9割が悪い意味で、残りが伝統と言ったところでしょうか…

私に言わせれば日本人は、ただプライドが高いだけで他人をただ非難するだけ!!

自分は何もしようとせず、思考力にかけるようにしか思えません…

だから日本人は仕事ができないと思われるのです…

伝統芸能に関しては誇りに思うべき事ですが、社会制度などの話になると失望されます!

だいたい10年ぐらい遅れています…

先ほどのボディースキャナーの話同様!

子供がいるいない、結婚の有無で仕事に影響がある…

仕事の飲み会や上司の誘いを断るくらいで影響があるのは学生のうちだと軽く外国人は笑います!!

もちろん政府の問題もあります。

ワンオペ育児、過労死、パワハラなどありますが、政府の問題や社会の問題で終わりなのでしょうか?

あなたは何もしなくてもいいのでしょうか?

日本の社会問題は日本人が文句ばかりで何もしないのが原因です。

育児がしんどいのは誰もがわかっていることです!

目標がないなら子供を産まなければいい話です。

また時間の使い方について、あなたは本当に時間がないのでしょうか?

スマートフォンをいじる時間を減らせばもう少し早く寝れるのではないでしょうか?

自分の能力を高める時間にできるのではないでしょうか?

このままいけば世界に恥をさらすだけのことです…

そろそろ変わる時なのではないでしょうか?

いろいろ当然と思うところが…

行動を見直す機会ではないでしょうか?

今あなたの周りにあるものや人は、当然ではありません!!

それに感謝の気持ちを持ち、自分が絶対ではないと自覚しなければなりません。

だからこそ、自分の意見を発信するだけでなく、相手の意見を聞き入れる必要があるのです!

 

 

 

 

 

 

 

世界一脅威の国 ~恐怖が支配する国~

あなたは、脅威の国と聞いてどこを思い浮かべるでしょうか?

北朝鮮

実は日本ではあまり知られていない、北朝鮮を遙かにしのぐ漫画のように脅威の国があります。

 

 

 

人類が踏み込めない場所

 

 

 

人類の立ち入りを拒む場所があるのをご存じでしょうか?

それはいくつかありますが、エチオピアにダナギル砂漠があります。

ダナギル砂漠は、エチオピア北東部にある非常に標高が低く、元は改訂だったと言われます!

砂漠に湿気がたまりすさまじい光景になりました。

f:id:worldstakanari:20170706235455p:plain

 

 

 

行きたいと思う方もいるでしょう?

ここは世界一過酷な地と言われ、硫化水素が発生しているので、ガスマスクがなければここに行くことはできません!

砂漠の真下の地殻が非常に薄く、マグマが足下を流れています。

いつ爆発しても不思議ではありません。

さらにこのあたりの地域には非常に危険な武装民族がいます!!

 

 

 

エリトリアとは?

 

 

 

その危険な部族がいる国こそがエリトリアです!

1961年から30年間エチオピアと戦争をしていました。

激闘の末、エチオピアから独立しました。

エリトリアは、世界的に問題視されている国です。

北朝鮮などその比ではありません!

独立以降、大統領が発足しましたが、その大統領による独裁政権です!!

しかも、憲法が施行されていません。

つまり、法律など意味をなさないと言うことです。

国連の調査によれば、奴隷制度や裁判なしの処刑、強制労働など人権を無視した事が当然のように行われている事が判明しました!!

国民は、日常生活のありとあらゆるものを干渉され、それを元に拘束や処刑されることもあります。

海外旅行は禁止され、国内旅行ですら身分証明書や旅行許可書が必要です。

国境に近づくことは厳しく処罰されることになる(処刑や投獄)

報道の自由などなく、政府に質問すれば処罰されます。

この国の人は徴兵制で18歳未満は男女関係なく軍事訓練を受け、強制労働を強いられます。

しかも訓練時は性的暴力が当然のようにあります!!

当然ですが、35万7千人あまりの人が国外へ脱出しています。

しかし、これは見つかれば拷問にかけられたり処刑されます。

国連曰く、恐怖が支配する国といわれています。

大統領自ら、代表が変わることはないと宣言していて、選挙すら行われていません。

記者すら入れない、近づけば攻撃される国連も手を焼いています。

国からの報告が現状と全く違うため改革が難航しているようです!

世界一自由がない国はこの国だったのです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

次回は日本をお送りしますが、その前によく皆さんはあれもこれも当然のように思っていて、周りの人や物を厳かにしていますが、是非とも今あるものを感謝の気持ちを持っていただきたい。

この世のすべてのものに感謝の気持ちを持ってそれに気持ちを示せば、人間関係も素晴らしいものになるでしょう!

あれがないこれがないとないものなだりしていても、きりがないだけのことです!!

 

 

 

 

 

 

 

ブリージングスペース ~緊張とストレスに無縁の生活へ~

以前、マインドフルネスという休息法を伝授したのは覚えておいででしょうか?

仕事で疲れるなどといった方にはうってつけのものです。

おさらいをしたいという方のためにリンクを張っておきます!

 

worldstakanari.hatenablog.com

 

 

 

 

ブリージングスペースとは?

 

 

 

 

仕事などで人間関係に悩みを持つ人は多いはず!!

そのとき感じるストレスから緊張を解きほぐすのが、ブリージングスペースです。

ブリージングスペースを行うためには、3つのステップがあります!

 

 

 

1.  ストレスを受けたときの自分の状態に気づく

 

 

 

いやなことが起きたとき、いやなことが頭の中に浮かんだとき、自分の心はどんな反応をしているか、身体の反応はどう変化したかそれを観察します!

ストレスの原因を心の中で1文にすればより反応がわかりやすいでしょう。

 

 

 

 

2.  呼吸に注意にを向ける

 

 

 

脳が疲れるのは、自分の心の現在地が未来あるいは過去にあるからです。

呼吸を1,2とラベリングすることで現在に自分を呼び戻しましょう!

 

 

 

 

3.  意識を呼吸から全体に広げる

 

 

 

これがブリージングスペースの核をなすものです。

身体全体で呼吸をしているように感じることがポイントです!

要は自然と一体になることです。

 

 

 

実践してみた結果

 

 

 

皆さんも日頃いろいろストレスがおありでしょう?

上司からの言葉、周囲の言葉など…

私がこれを実践してみたところ、周りがどんな批判的なことを言ってもそれをシャットアウトするようになりました!!

そもそもあなたを批判する人はなぜなのでしょうか?

それはあなたをよく知らないからです!

あなたの考え、あなたが興味を持って力を入れていることなど万人が理解できるわけではありません。

もっと言えば日本は批判文化であり、協調性文化なので自分以外の存在を否定し、自分の意見に万人が賛成するという考えが根底にあります!!

だから日本の組織(会社や役員団体など)はうまく成り立たないのです。

空港で日本人だけが簡素化されますが、海外では10年ぐらい前からあります。

残業の悪質化は、もっと古い時代から世界で言われています!

技術の進歩こそあれ、社会が発展しないのがその証拠です。

会社のつきあいに強制でつきあいがあり、行かない者は昇進できないなんて不合理な話です。

話を戻しますが、マインドフルネスは脳を作り変え、ストレスを理性で制御するのではなく、理性と調和する状態を作ることができます!!

心理学では、人の考えやとらえ方は元々脳から来るもので話は終わりですが、このマインドフルネスを用いれば、元の脳の状態を変えることができ、とらえ方を変えることができるというわけです。

要は、人間とはもちろん知性が高ければいいのですが、その前に人としての道徳が問われるわけです!

その部分がないからこそ最近マナーの問題が問われるわけです。

あれがないこれがないと嘆くだけなら誰でもできますが、自分がいかにするかではないでしょうか?

 

 

 

 

疲労とは何か?

 

 

 

身体的な疲れは様々な形で現われる。

いらいらややる気が出ない、集中できないなど…

マインドフルネスや認知行動療法の効果は報告されています!

認知行動療法とは、カウンセリングなどを通じて、疲労のとらえ方を変えて、疲労とうまくつきあう術を学ぶことです。

ここで重要なのは、身体の疲れすら筋肉などの物理的な消耗としてだけでなく、疲労感という脳現象として捉えられるアプローチが取られていることです!!

疲労が重度になれば、運動と同じ指導が必要になってきます。

身体の疲れさえも癒やしのメインステージは、脳です。

この脳の疲れを取ることが、疲れを取ることにつながります。

逆に脳が疲れなければ、フル稼働し続けることができます!

 

 

 

脳が回復する習慣

 

 

 

疲労感の改善に欠かせないのは、運動です!

うつ病の患者さんは、疲労感を伴いやすいんだけど、適度に運動をすることで、かなりの治癒効果がありました。

データも様々です。

運動と言ってもランニングをしたり、サイクリングをすることだけが運動ではありません!

私はいつもランニングをしてそれをデータ化しているが、誰でも手軽にできる運動と言えば、ウォーキングです!!

気分を変えるにもうってつけで、マインドフルネスにもうってつけです。

歩いているときに1,2とラベリングをすれば効果は上がります。

通勤の間の徒歩などの身近な時間でいいのだ…

それを毎日繰り返すだけでも疲れの感じ方も違うでしょう。

ここでおすすめの習慣を伝授します。

 

 

 

1.  オン/オフの切り替えの儀式を持つ(特定の音楽を聴く、シャワーを浴びるなど脳は二つを同時にできない。 仕事モードと休息モードをはっきりさせる)

 

 

 

2. 自然に触れる(人を超えたスケールの飛人工物に触れることで、日常:仕事モードからの解放を促進する)

 

 

 

3. 美に触れる(美しいという感覚は、脳の報酬系:背外側前頭前野などへ作用されるとされる)

 

 

 

4. 没頭できるものを持つ(好きなことに集中すると報酬系が刺激される)

 

 

 

 

5. 故郷を訪れる(育った場所には安心がある。 安心は不安の反対)

 

 

 

会社などの人間関係で頭を悩ませている人は多いでしょう。

日本社会を世界的に見たとき、労働者は守られていない、意見を言えないのが最近では問題になっていますが、いまさらとあきれるばかりです…

日本は世界的に異常なのです。

大事なのは自分の色を持つことです!!

自分がしたいことをして、とやかく言われる筋合いはありませんから。

あなた方1人1人が自分の色を貫いて、日本の協調性、批判文化、一定の型にはまったやり方を変えましょう!

 

 

 

黒き現代の落とし穴 ~周りに流されるべからず~

さて今回は、現代人が陥りがちな落とし穴について触れていきましょう!

 

 

 

 

黒き落とし穴とは?

 

 

それはずばりネトゲ廃人です。

ネトゲ廃人とは、ネットゲーム依存症やゲーム異常症の事です!

主にアジアを中心に恐るべき依存症として知られています。

依存症とは、自分の心の穴を埋めるために行う退行行動です。

つまり、自分の自尊心を保つために行う行為です!!

 

 

 

 

ネトゲ廃人とは?

 

 

 

ネトゲ廃人とは、主に韓国や中国で社会問題となっていてネットカフェなどに長期滞在してゲームに没頭してしまい、日常生活がままならない状態のことです!!

ゲームを中心に生活してしまうため、睡眠時間の減少や学力低下が懸念されます。

お隣の中国では、あるエリート少年がいました!

その少年は、小学生の頃から高校の物理の問題を解けるほど頭が良かったのです。

やがて中国のトップ校である精華大学、北京大学を受験しました。

東大以上の難易度を誇り、中国の頭脳と呼ばれていました!

しかし、大学生になるとネットゲームにはまってしましました。

やがて大学で単位を落としすぎて退学します!!

そして予備校に行き、受験をし、単位を落とし…

同じ事を繰り返してしまいます。

ネトゲ廃人とは、若者を中心になる傾向があり、中国には更正施設もあるほど深刻です。

更正施設に行くと、日常生活のすべてを管理され、ネットゲームをやめるまで家に帰ることはできません!

主な原因は家族間のトラブルから来ているようで、家族との方向性の違いからネットに逃げ込み、抜け出せなくなってしまうのがよくあるパターンのようです。

 

 

 

 

日本でもある?

 

 

 

ここまでは人ごとだと笑っていた人もいるでしょう?

しかし、もう日本でも大流行しています。

ネトゲ廃人とは、簡単に言えばゲーム依存症です。

日本人でもゲーム依存症の人は、多くいます!

最近はスマートフォンの普及で、どこでもゲームができます!!

自転車や車に乗りながら、電車の中で時間があれば携帯を片手に…

ゲームに課金しすぎて、一ヶ月で70万も課金した人がいます。(この場合は高校生)

という時代です。

ではその原因何なのでしょうか?

それは、時代の変化とストレスです。

誰でも簡単にネットの世界には入れる時代であり、仕事などでストレスを感じる人が増えたと一般的には言われているでしょうか…

私は、原因は教育に問題があると考えます!

確かに最近の教育制度は変化しています。

が、いくら学習の容量が倍に増えたところで、人間としてのあり方を教えなければ、諸刃の剣です。

要は、口先だけの教育だと言うことなのです。

英語教育も変化しましたが、日本人は結局英語を話せないでしょう…

道徳の授業がどんどん減らされているのはご存じでしょうか?

よく若者がなってないと言われますが、私に言わせればそれを育てる世代は誰なんだ、手本となる世代は誰なんだと問いたいところです。

日本の常識にも問題があると私は考えます。

それは協調性です。

ノミ二ケーションというものがありますが、それに参加しないのが今世間を騒がせていますが、そんなことに気を取られているから仕事が早く終わらないし、モチベーションも下げるのだと思います。

もっともらしいことを言っても、自分の価値観を押しつけているだけで、1人の若者として意見を言わせてもらいますが、自分の時間を大事にするのにとやかく言われる筋合いはない、上司との飲みにいくのや食事を断ったからといって出世できない社会がおかしいといわざるを得ません!!

このように日本には、何の意味もない常識のせいで無駄にストレスがたまり、ネットに逃げ込んでしまうのです!

もちろんそれだけではありませんが…

言えば、何の目標も持たず、なんとなく生きているからネットに逃げ込むのです。

特に日本では流される文化です。

みんなやっているからやる。

マナーもその詭弁でどんどん落ちていく一方です。

依存症の恐ろしいことは自覚がないことです。

ましてや周りが同じような人ならなおさらです…

 外国人が日本を見たときに思うようです。

時間の使い方を知らないのかと…

 

 

 

 

予防策

 

 

 

ネトゲ廃人とは主にアジアを中心として確認されている依存症で、日本でも良くあるものです!!

まずは、なにか目標を持ちましょう。

あなたがどんな仕事をしていてもそれに目標を持つことはできるはずです!!

そして周りがこうだからではなく、自分はどうするのかを考えて行動するべきです!

なにか気に入らなければ自分で究明すればいいのです。

自分の思ったとおりの道を自分のやり方でやれば一日一日楽しくなるはずです!!