常識を疑え ~ チャンスを見出す習慣 ~

あなたは日々何を思って、過ごしているでしょうか?

世の中には一見当然に思えることでも本当にそうなのかと疑うべきところが山ほどあります!

あなたが自分の可能性をさらに見出す習慣を伝授いたします。

 

 

 

考えの盲点

 

 

 

モノクロ思考を生み出す一番の要因は思い込みです。

思い込みから盲点が生まれ、考え方がひどく偏ります!!

思い込みは強ければ強いほど考えは更に偏っていきます。

たとえば好きなことだけやっては生きてはいけないという考え方も思い込みです!

確かに仕事をしていれば、好きなときに休めなかったり、嫌なことをしなければならないときがあります。

しかし日本国憲法の18条は日本国民は奴隷的拘束を受けないことが保証されています。

嫌なことは我慢する必要はありません!

もちろん人によって様々な事情があるでしょう。

家庭の事情など…

しかし、あなたが本気で今の状況を変えたいならばその方法は日本には用意されています!!

もし決断ができないときに誰かのためにしていることならばそれはただの責任転嫁です。

それは判断基準に問題があります。

 

 

 

大和魂とは何か

 

 

 

世の中には守らなければならないと思い込まされているルールがたくさんあります!

月曜日から水曜日、朝の9時から夕方5時まで働かなければならないというのも思い込みです。

これは経営者にとって都合がいいからです。

義務教育も同様で教育を受けさせる権利が親権者にあるだけのことです!!

再来年のオリンピックで日本の良さを再認識しようという動きがあります。

おもてなしやわびさびといった日本独特の文化です。

武士道や大和魂も同様で、正々堂々と戦う精神のことです。

明治時代以前の文献によると私たちは日頃からだまし合い社会的に評価されていたとあります!

大和魂も元々は日本主義的、軍国主義的なものではありませんでした。

平安時代になると中国の学問や漢才に対して日本固有の知恵や才覚、そして思慮分別を差す意味でした。

武士道も大和魂も本来の姿は全く違うのです。

私たちが知る日本文化はマスメディアが創り上げた幻想です!!

だからといって教育を受けなくていいとか働かなくていいという訳ではありません。

社会で当然と思われていることの多くが思い込みで、その思い込みのせいで多くが見えなくなっているのです…

何でもかんでも盲目的に信じてしまうと目の前にチャンスがあっても見えません。

いくらチャンスが転がり込んできてもそれに気づけなければ意味がないのです!!

 

 

 

 

思い込みからいかに目を覚ますのか

 

 

 

ではどうすれば思い込みに捕らわれないのでしょうか?

漠然と信じていることを疑ってみればいいのです!

たとえば毎日の通勤ラッシュは誰にとっても大変です。

会社の近くに住むのもありですがいっそのこと出勤しないのもありです。

アメリカでは年々遠隔地勤務が多くなっています。

最初から無理だと決めつけず思い込みを一度疑って見てください!!

とはいえ自分が信じていることを疑うのは勇気がいることです。

自分が信じていたことが思い込みだとわかれば、これまでの人生はなんだったのかアイデンティティッククライシスを経験することも考えられます。

しかし実際常識が崩れてもそれまでの人生が無駄になるわけではありません!!

むしろそれまで見えていなかった無限の可能性に気づくことができます!

見えた可能性を生かすために蓄えた知識や経験が役に立つのです。

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがだったでしょうか?

私たち日本人に必要なのは疑う勇気だったのです。

我々は与えられることに慣れすぎていて、自分では何もしません!

相手を変えるのではなく、自分が変わるのです。

あなたが自分を認めてもらいたい気持ちもわかりますが、その前に相手を認められないと認めてもらうことはできません。

世の中の当然を疑い、あなたにとってオリジナルのメソッドで成功してください。

 

 

 

 

 

当然を疑え ~ 猿の惑星 聖戦記に学ぶ疑う勇気 ~

去年の秋に公開された猿の惑星シリーズの最新作、猿の惑星聖戦記(グレートウォー)です。

30年前に公開された猿の惑星シリーズのリバイバルで以前とはストーリーが違います!

 

 

 

あらすじ

 

 

 

人間の間では猿ウイルスが流行し、免疫を持たないものは死を迎える中、

シーザーは山奥でひっそりと暮らすことを選択する。

しかし、ある日人間が迷い込み仲間を銃で撃ってしまい、事態は動き出す!

コバの裏切りで銃で撃たれ負傷したシーザーは、人間に戦争を仕掛けるシーザーを止めるために出発する。

しかし、戦争はより白熱し、ようやくわかり合えたマルコムに逃げるように告げるのだった…

それから数年後、シーザーは山に隠れ、陰で戦争の指揮をとっていた。

コバの残党が裏切りドンキーと呼ばれ(ドンキーコングからきている)、戦いの中捕虜を無事に帰すことで和平を申し入れようとしたが、思いは届かずシーザーの家族が殺されてしまう…

憎しみに捕らわれたシーザーは一人で家族を殺した大佐を追う!

猿ウイルスは進化し、免疫を持っていても感染すればしゃべれなくなる症状が現れ、その者は殺される…

猿と人間の戦い遂に決着…

 

 

 

謎の少女ノヴァに注目

 

 

 

大佐を追う途中で、軍隊が停泊していた小屋を発見しそこで謎のしゃべれない少女ノヴァに出会う。

ノヴァとはラテン語では新しい、英語で新星を意味し、キーとなる人物です!

シーザーは置いていこうとするが、モーリスは置いてはいけないとシーザーを説得し、一緒に旅をすることになる!!

人は本来言葉が話せることにより、動物の頂点にいて、罪のない動物を平然と殺しますが、言葉を話せなくなることでほかの動物と話せるようになるとは何という皮肉でしょうか…

いわばこの映画は人間が動物から見ればどう見えるか、人間の傲慢さがわかるものです。

言葉で自分が表現できないからこそ、表情や態度をより注意深く見て相手の心情を察しようとするわけです。

 

 

 

人間はどうあるべきか

 

 

 

そもそもこの映画の中での人間は、シーザーが捕虜を無傷で伝言を伝えたにもかかわらず、それを無視し家族を殺しました。

それは人間の当然と思い込みからです!

シーザーと大佐と対話の場面で大佐は自分の家族も殺してきた。

猿ウイルスにかかったからだと言っていました。

我々の命は様々な動物の命の生け贄により成り立っています。

魚や肉などすべてです!

しかし、それは我々にとってあまりに当然であるため誰も気にとめてすらいない…

我々が普段当然と思っていて何も考えずにしていることは山ほどあります!

ですがそれを当然とは思ってはいけないのです。

そして、自分が思っていることを誰もがそう思っているとは限りません。

誰もがこれを聴いて、そんなの当然だろうと思うでしょう。

しかし、当然だからこそおろそかになってしまうのです。

この物語の中では動物の頂点は人間だと思っていたからこそ、猿の態度に関係なく、猿を滅ぼすことを選んだのです。

我々にとっての当然、思い込みは実に愚かなことです。

この映画は人種差別や人の認識について人の心に語りかけています!!

人間関係で誰かが自分の思う通りにしてくれないと嘆く人が多々いますが、なぜ自分のその人に対する接し方を変えようと思わないのでしょうか?

人はいくら頑張っても変えれない。

変えれるのは自分だけなのです。

私から言いたいのはどんなものにも感謝の念を忘れないことと、尊敬の意を持つことです。

この二つがあることで自分の周りに当然のようにあるものも当然とは感じず、どんな人と接するときも相手の立場で物事を考えれることができます。

これからすべきことは当然のようにある習慣などを自分でいかに意味づけするかです…

そもそも常識とは誰が考え、決めたのでしょうか?

それを自分にとって大事なものをいかに尊重するか考えれていれば自分も周りの人も進化し続けられるのではないでしょうか?

そしてこの映画の見所は何よりもシーザーの生き様です。

憎しみにとらわれながらも自分の仲間のために動く姿が男です!!

我々はシーザーのように生きるべきです。

 

 

まとめ

 

 

 

この猿の惑星シリーズは2016年の時点で次作の予定があると言っていました。

人間の認識についてここまで考えさせられるシリーズはありません!

猿の惑星聖戦記のDVDはバレンタインデーに発売です。

よりリアリティーを生み出すためにも英語で見るのがおすすめです。

英語もさほど難しくありません!!

認識を学ぶにも英語も学ぶにも不足はないはずです!

外国人が嫌う日本人の性格 PART2 ~ここを変えろ~

前回好評につき第二弾です。

前回と同じところもありますが、それはそれだけ意見が多いということですのでご了承ください。

 

 

 

個性を許さない

 

 

 

ファッションから生き方まで周りと同じでないと許されない。

ただの変な人と思われがち。

そのくせ会社では個性を見せろという…

みんながみんな同じ髪型、服装…

気持ち悪い!

外国人は就職活動する大学生の映像を見るとゴキブリに見えるそうです。

 

 

 

差別

 

 

 

女性は仕事か家庭かどちらかを選ばないといけない。

それ以前に女性に働く気がない…

日本にはキャリアウーマンという言葉がありますが、それは女性は働かないという考えが世の中にあるからではないでしょうか?

まあ働く女性は30%しかいないのが現状ですが…

仕事関係より年齢や学歴など目に見えるものでしか人を判断しない!!

経済協力開発機構が行っている学習到達度調査で科学的リテラシー、数学的リテラシー、読解力に分けて世界の学力を測っているのですが、そのグラフを見たとき、ある世間知らずの団塊の世代の一人がゆとり教育のせいで学力が落ちていると言いました!

その年はちょうどゆとり教育が始まった年だった…

しかし、その世代はまだこの調査には参加しておらず、数字のからくりに引っかかったのだ。

実際は学力が上がっていた。

しかし、それをよしとおもった政治家がそれを切り目に選挙に通ろうとしたのをきっかけにゆとり世代は差別されるようになってしまいました…

実際ゆとり教育をやめると学力は下がった!!

もちろん女性だけではありませんが、異常過ぎることが常識なのが異常なようです。

外国のことを知らないし、知ろうともしていない…

観光にはいいけど住むのは無理!!

 

 

 

過労死

 

 

 

世界には存在しない過労死がある。

なぜ残業を美徳としているのか…

休みを楽しんでこそ、仕事も首尾良くいくのに…

もっと働き方を変えればいいのに…

人手不足以前の問題…

 

 

 

英語を話せる人が少ない

 

 

 

小学校から英語を勉強しているのになぜ英語を話せない?

簡単に言えば日本の教育は口先だけの教育だからです。

日本で英語を話せる人は18歳異常で5%しかいません!

グローバル化を単なるビジネスとしてしか見ていないとか英語を必要と思っている人が少ないなど原因はいろいろです。

 

 

 

 

幸せのとらえ方

 

 

 

 

 

 ブランドものを人と比べたりなど、相対的なものでしか幸せをはかれない。

特に日本の女性は相手の年収とか社会的地位を気にするけどなぜ自分で努力しようとしないの?

日本は完全な物質主義で目に見えるものでしか幸せを感じられない種族です!!

確かに物質主義から完全に離れることはできませんが、本来の人を見ることを忘れています。

 

 

 

 

思いやりの欠如

 

 

 

マナーの国なのに電車でお年寄りが席に座ろうとしているのに若い人が割り込んだり、酔っ払って寝たり、寝ていたりありえない…

外国で電車に乗ると犯罪になります。

海外ではニュースで多く取り上げられました!

 

 

 

メディア

 

 

 

テレビやネットを見ていると悪いとこばかり報道して徹底的に追いやる風潮がある。

日本のことを紹介するテレビはいいとこしか放送しない…

 

 

 

学問

 

 

 

学問の中にすでに差別が入っている。

男だからこう。

女だからこう。

といった古くさい考え。

固定概念にとらわれすぎてる!

 

 

 

自己主張がない

 

 

 

自分の意見を言うのは無理なくせにネットの中で批判するのは得意!

自分の思ったことでなく損得で行動する。

 日本人女性はあまり良くないと思っていることでも笑っていて何も言わないし、何を考えているのかわからない。

 

 

 

自立できない

 

 

 

あくまで集団の中じゃないと行動できない!!

親と離れて住んでいても結局親に頼っいる。

いろいろ事情があるだろうけど…

 

 

 

建前

 

 

 

またいつでも遊びに来てくださいねって言うから行ったら迷惑がられた。

じゃあ呼ぶなよって思う。

本音を言ってほしい!

 

 

 

コスプレ好き

 

 

 

ローウィンやクリスマス何かにつけて仮装するけど、あれは子供がすることなのになぜいい大人がするの?

情けない。

 

 

 

 

マスク

 

 

 

日本人はよく風邪を引いてるわけでもないのによくマスクをしてるけどなぜ?

マスクはいわば病原菌を持っていると考えられるのからでしょう!

実はマスクって肌に悪いんですよ。

自分で肌を痛めつけているだけなんですよ!

 

 

レディースデー

 

 

 

 

日本の映画館でレディースデーはあるのになぜその反対はないの?

これって差別じゃない?

日本の女性は不平等だと自分の権利を主張するけど、何かと男女で料金差をつけるのって優遇されてると思うけど…

日本の男性はかわいそう…

海外にはレディーファースト精神がありますが、日本人はそれを勘違いしています。

それを海外でやると仕事をクビになることもあります…

 

 

 

 

時間の使い方を知らない

 

 

 

日本人は何かとスマートフォンばかり!!

ほかにやることはないのかと思う。

実はこれはアジア系に多い傾向で中国では社会問題になっていてネトゲ廃人と呼ばれ、スマートフォンやインターネットなどのゲームにはまり日常生活がままならない心の病気です。

中国では厚生施設があり、日本で言えば更生するまで寺に預ける感じで預けられ、

ネットに捕らわれなくなるまで家に帰ることは許されません。

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがだったでしょうか?

外国人の疑問、怒りがわかったのではないでしょうか?

個人的にはレディースデーは子供の頃から思っていたことなので共感できることです。

海外ではナイトクラブに行くと、女性の方が安かったりしますが、それは女性は早く帰れと言うことなのではないでしょうか…

女性の社会進出と言って女性の立場をあげようとするけど、女性の立場だけあげれば男性のやる気を損なうことになります。

女性はもう十分優遇されているのですから!!

日本の女性は文句ばかりだと言わざるを得ません。

何かとやらない理由ばかり言うけど、なぜしないんだと!

日本はホスピタリティーの国。

つまり、与えられるのことになれすぎているのではないか…

特に日本人の女性はと私は思ってしまうわけです。

 すべての日本人に言えることとして、もっと思っていることを言うべきです。

しないから承認欲求が、奇天烈な方法でしか発散できないのです!

フォトジェニックという実にくだらない方法のように…

誰もがやっているから正しいのではありません。

いかにも日本人らしい考え方ですが、世の中そんなに単純ではありません。

自分でいいと思ったことをやっていけばいいのです!!

あなたが100%いいと思う世界なんてあるわけがありません。

それなら誰も苦労しないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人が嫌う日本人の性格 ~ここを変えろ~

年が明け、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

また新たに目標を立てたのではないでしょうか?

国際化が進む中、日本はどう思われているのかを分析していきます。

外国人の本音を集めてきました。

 

 

自虐的

 

 

 

「私なんかとても…」、「つまらないものですが…」といった謙遜や公の場でのスピーチなど逃げ腰になってしまったり、映画やアニメなど卑下するようなセリフが見受けられる…

たとえ自信があってもないように接するのが日本人!

 

 

 

世界を知らない

 

 

 

島国根性というのをよく耳にする。

閉鎖的で自分の基準で良し悪しを判断し、好き嫌いを判断するのが日本人と思われている!

たとえば海外旅行で夜中女性が一人歩きでスリなどに遭うのも日本人の世界知らずとして写ります!!

 

 

 

 

みんなと同じが好きな幼稚なミーハー

 

 

 

日本人にとっては耳が痛いですが、こんなジョークがあります。

アメリカ人はみんなヒーローになろうと聞くと、言葉で動くけど

日本人はみんなそうしていると言えば動く!!

日本人といえば協調性、みんなと同じでいることで安心するように見えるようです。

発言や行動だけでなく、それはファッションや髪型などでも現れる。

女性はみんな茶色に髪を染める。

スーツで会社に行くなど…

また外国人女性はほとんど化粧をしないなど…

いくつになっても幼稚に見えるのはそのせいで、自分の意見を言わず周りに合わせるところでしょう。

日本人がよく若く見られるのもそういうことがあってだとか…

 

 

 

政治に無関心

 

 

 

投票率の低さ、政治の話を全くしない…

政治的なニュースを全く知らない。

世界的に見て自分の国の政治に関心がないのは愛国心がないということで恥ずかしいことです!!

 

 

 

日本の良さを理解していない

 

 

 

日本の文化や伝統は世界的にものすごく評価が高いのは事実です。

しかし、日本人は道具や素材、ファッションなどで海外から入ってくるものばかりに目を奪われている…

 

 

 

 

仕事人間でユーモアがない

 

 

 

世界から見てつまらないと思われる点ではないでしょうか?

一方で仕事の効率が悪すぎると言われるのも確かです。

仕事上の絶対的な上下関係、休みの日でも仕事を気にしなければならない点が嫌われる点でもあるようです!!

海外なら裁判になるでしょう。

 

 

 

感情表現をしない

 

 

 

空気を読むという意識は外国人には特に理解しがたいところです!

いいたいことをいわない、感情を抑えるなど感情を推し量ることをめんどくさくていやだということになります。

言葉にもはっきり表れていて、Yes/Noとはっきり言わないのも嫌われます。

 

 

 

その他

 

 

ブランド力にこだわる

 

 

 

iphoneだから買うなど残念ながらブランドに力に弱い。

いかにも日本人らしいものです。

 

 

文句を言うのに何もしない

 

 

 

日本は先進国でいろいろなものをもっているのに文句ばかり。

そのくせ自分で全く努力しない!!

 

 

英語ができない、外国人差別をする

 

 

 

小学生から英語を学習してるのに全く英語を話せない。

日本の表面だけの教育が問題になっています!

外国人の肌の色、考え方の違いで知ろうともしない。

外国人の移民受け入れが進まない最大の理由で未来で確実にそうなりますが現在は難航しています。

 

 

 

酒を飲めば何でもあり

 

 

 

酒の席の振る舞いが嫌いと言われるのが多いようです。

会社でのつきあいが強制であったりなど特に意味のないものが強制であることが嫌われています。

 

 

 

 

 

まとめ 

 

 

 

最近よく言われるようになったのがアメリカのある会社が公表した日本の就職マニュアルです!

海外では日本人はこんな意味もないルールに従うのかわいそうと苦言を呈するばかりです。

いかがだったでしょうか?

よく島国だからという人もいるでしょうが、オーストラリアやニュージーランドのような同じ島国は日本とは違い多様性を追求します!!

日本もいずれはオーストラリアのような移民の国になるのは時間の問題で、そのためにはこのような無意味なものは消えゆくべきです。

新年、考えを変えて新たな自分を追求してみてはいかがでしょうか?

加速する無現金化 ~その先にあるもの~

今回は日本ではまだまだですが、世界では脱現金化が進んでいます。

それはなぜか、この先どうなるのかを見ていきます!

 

 

 

国際的な脱現金化

 

 

 

1989年パリで開催されたアルシュ・サミットにおいて麻薬問題へのアクションが合意されました。

そしてマネーロンダリングに関する金融活動作業部会という国際組織が設立されました!

不正な取引は高額紙幣を用いることが多いため、高額紙幣の廃止が各国で導入されつつある。

EUでは諸外国と比べて価値の高い500ユーロ(日本円で6万)は支払い手段としてほとんど使われないにもかかわらず、紙幣流通額の三分の一を占め利用目的に疑念があるとされました…

後に制限がかけられるが、90%が犯罪に使われていた…

そこで来年の終わりまでに500ユーロを廃止すると発表されました!!

世界では次にアメリカの100$の廃止の声が上がった…

次に世界で流通していて犯罪に利用されやすいからです。

そして香港の1000香港ドル、日本の1万円です!

紙幣残高に占める高額紙幣の比率を見ると金額ベースで87%を占めるのが日本の1万円だったのです。

 

 

 

 

日本の高額紙幣

 

 

 

ずばり日本でも1万円が廃止されるのは時間の問題でしょう。

皆さんが買い物をするとき使うのは1万円ではなく、千円なのではないでしょうか?

その次は5千円でないでしょうか?

いわば世界でここまで高額紙幣がなくなっていくのはキャッシュレス社会を推進するためです!!

日本ではクレジットカードを使う割合は19%で世界ワーストワンです。

しかし、クレジットカードが世界で進むのは治安がどんどん悪くなっていることとテロ組織です。

現在日本は飲食店で荷物を置いていっても大丈夫なほどの治安でテロも起きていません。

3年たてばオリンピックが開催されそれが近づけば近づくほど、世界から目をつけられます。

つまり、テロ組織もやってくるということです!!

10年後には日本でもテロは当然ののように起きているでしょう。

イスラム国がなくなったとはいえ、テロ組織は世界に山のようにいます。

日本はアメリカの同盟国で、オリンピック開催国なので注目が集まるのが必然です。

治安がいいのも今のうちでしょう。

関西空港の近くにカジノが日本初できることで治安が崩れ、外国のように女性の一人歩きはアウトのような時代もやってくるでしょう。

高額紙幣が廃止されることで自動的に高額紙幣での取引も違法となります。

 

 

 

少額硬貨の廃止

 

 

 

一方で少額硬貨(コインなど)も同様です。

取り扱いの手間やコストなどの問題で少額硬貨も廃止されていっています!

スウェーデンノルウェーをはじめとして、EU諸国やニュージーランドやカナダ などでコインが廃止されています。

海外ではコインだけの支払いの際、店員はその支払いを断ることができます。

少額硬貨廃止が適用されれば、支払いで合計金額を支払う際には再小桁を四捨五入することが当然となります!!

ニュージーランドで1,2セントが廃止された際、この手法を採用し、swedish roundingと呼ばれています。

アメリカでもコストなどの面で推奨されるが、一方で物価が上がってしまうという懸念がありアメリカですらなかなか前に進みません…

そのせいかアメリカ人の半分がコイン廃止に反対しています!

 

 

 

 

現金がいらない世界

 

 

 

北欧ではキャッシュフリーが進んでいて、現金の支払いが断られる店や施設も少なくありません。

ロンドンバスも現金の受け取りを3年前にやめた!

多くの国では現金に強制通用力があるといっても支払い手段をどうするかは、基本的に契約自由の原則に従い、現金以外を選択することが可能です!!

デンマークでは1984デビットカードの普及により、銀行でも導入されました…

有人の店舗では現金の支払いを受け付けなければなりませんでした。

最近では病院や食料品店など一部を除いて、現金の支払いを拒否できることも検討されました。

しかし、国会で過半数を得られず、これからも議論が多くなるでしょう…

これからどこの国でも課題になってくるのがいかに電子マネーを普及させるかです!

現金を一切使わない時代が来るのかもしれません!!

 

 

 

まとめ

 

 

 

世界では価値の高い紙幣はなくなりつつあります。

日本でも一万円札がなくなるのかもしれません…

世界でクレジットカードが普及するのは、荷物を少し置いておけば盗まれたりといったことがあるからです。

日本ではそんなことはないからいわばカードは必要ないのです。

しかし、国際化が進むにつれ、将来は海外からの移民を認められる時代がやってきます。

企業の外国人労働者のとらえ方、法整備や日本人の外見や国からくる差別など問題が山積みです!!

しかし、宗教や外見などで人を差別することは許されません。

また日本の劣悪極まりない労働環境をまずはなんとかしなければなりません!

クレジットカードは支払い手段として広まっていくのは確かです。

オリンピックを機にテロが起こるなどクレジットカードはよりいっそう注目され、

キャッシュレス化は日本であっても進むでしょう。

どうなるのかは誰にもわかりません。

クレジットカードは現金を持ち歩かなくてもいい便利なものです。

奪われれば止めてもらえばいいだけです。

あなたも支払い手段としてクレジットカードを考えてみればいかがでしょうか?

くれぐれも使いすぎないようにご注意を。