読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

世界幸福度ナンバーワンの国

海外の魅力 海外文化

今回は世界幸福度ランキングナンバーワンの国を紹介します!

世界幸福度とは国際連合の持続可能開発ソリューションネットワークが発行するものです。

経済支援、人生選択の自由、国内総生産、寛容さ、汚職のなさ、健康の自由などあらゆる数値のパロメーターです。

 

 

 

世界一の国とは?

 

 

 

ずばりデンマークです。

よく一位争いをスイスとしますが、去年の調査では、デンマークが一位のなりました!!

ちなみに日本は53位で、先進国としてはダントツの悪さを誇ります。

アメリカは14位、イギリスは23位です。

その原因として、人生選択における自由の低さにあります。

日本人は自己主張が皆無であり、それをよく思わないことが招いた結果です!

ではデンマークとはどんな国なんでしょうか?

 

 

 

デンマークとは?

 

 

 

デンマークはヨーロッパで、北ヨーロッパバルト海と北海に挟まれたユトランド半島、その周辺の数々の島を含めた立憲君主国家です。

現在は成田空港からの直行便で11時間30分でコペンハーゲンに行けます。

時差はマイナス8時間で、3月最終日曜~10月最終日曜はサマータイムで7時間となります。

公用語デンマーク語です。

 デンマークでは5~9月、白夜を体験できます!

白夜とは、日が一日沈まず、夜になっても薄明るい夕暮れのようなもののことです。

そして食文化ですが、乳製品は豊か、古くはジャガイモを主食とし、メインには豚肉を食べていたようです!!

19世紀から他国との関係を持ち始め、パンや魚介類が食べられるようになりました。

比較的食べ物は日本人の口に合うようです!

ヨーロッパはいろいろ紹介してきましたが、デンマークは私が行きたい国の1つです。

それはこの先を見ればわかります。

これまで紹介したヨーロッパのリンクを張っておきます。

 

worldstakanari.hatenablog.com

worldstakanari.hatenablog.com

worldstakanari.hatenablog.com

worldstakanari.hatenablog.com

 

 

 

 

ヨーロッパの常識

 

 

 

ヨーロッパと言えば、物価が高いイメージがあるのではないでしょうか?

ヨーロッパは社会福祉が充実しているのが特徴です!

税金が高くて給料のほとんどが税金で消えてしまいます。

しかし、それだけでも生活するのには十分なのです。

海外の常識である軽減税率です!!

日本は軽減税率の意味を知らないようですが…

海外の軽減税率は税率で食料品や日用品などは日本よりも安いため、比較的安く済ませることができます。

イギリスでは、国からの補助金だけで生活している人がいます。

手当が熱すぎて、仕事をずる休みして補助金をもらおうとしているのを調査する期間があるぐらいです!!

教育費は、大学まで無料で医療費をタダ(留学生も同様)としているため、税率が高いのです!

日本とは違います…

 

 

 

 

デンマークの魅力(幸福度が一位の訳)

 

 

 

なんと言っても日本との違いは、労働者が守られているところです!!

デンマーク人の仕事に対する考え方は、多くの人が自分の仕事が好きであり、自分の仕事をコントロールできています。

自主性を持って仕事をしていて、仕事に支配されていない。

自分でやることを決めて実践し、その成果を実感することができる!

その感覚がモチベーションにつながるわけです!!

8割のデンマーク人は、100万ドルを宝くじで当てても仕事を辞めないという意識調査があります。

デンマーク人としては給料など稼いでも半分は税金で持って行かれるので、ある程度安定してくると、もういいやと思うようです!

有給休暇は5~6週間で、育児休暇を一年、男女問わず取ることができます。

デンマークにはヤンテの掟という概念があって、たとえばフェラーリを乗り回していたり、アルマーニを着ていたりすると、「自分にはこんな資格はあるのか?思い上がるなよ」と自省の念のようなものがあります!!

ヨーロッパでは、残業をする人は仕事ができないと思われるので、基本的にはありません!

デンマーク人が考える幸せとは、人にもよりますが、少なくとも肩書きや年収で得られるものではないと考えられています。

惹かれるところですね。

日本でも最近厚労省がいろいろ決めましたが、穴だらけです。

いつになったら追いつけるのでしょうか?

技術の最先端と言えばアメリカですが、システムの最先端はヨーロッパです!

デンマークをはじめとするヨーロッパの人々が、反発しないのは、税金が高くても、貧富の差が少なく、国民が平等に生きることができるからです!!

デンマークでは年金制度も職業手当も充実!!!

 

 

 

 

デンマークの恐るべき教育制度

 

 

 

デンマークの教育制度は世界最先端です。

デンマークでは義務教育の国民学校が10年あります!

その後、高校あるいは専門学校に3年、大学は学士号が3年、修士号が2年からなっています!!

しかし、デンマークで言う義務教育は、親が必ず生かせる必要はありません。

自分の子にどのような教育をするのかを親が決め、家で教育する場合は、市の指定する教育専門官が国民学校修了相当時点で学力を審査します。

公立は大学院まで無料となります。

最も恐るべき点はデンマーク人はみんなトリリンガルなんです。

デンマークでは、義務教育の7年目で、英語以外の言語(ドイツ語かフランス語)を学び始めます!

ちなみに英語は義務教育2年目から始めます。

しかも授業は、パソコンをカタカタしながら行われます。

つまり、パソコンを自由に操れるのです!!

恐るべしデンマーク

外国の教育は、日本の教育とは違い、個性を育むように構築されているので、真剣すぎるほど真剣に取り組みます!

私のこれまでの海外行の経験から言えば、学生は休みであっても図書館で勉強なんて一般的な光景です。(私もかつてはそうでした)

デンマークでは、高校を卒業すると1年のギャップイヤーといって、職業体験や旅行などをするのが一般的で、将来についてよく考えようという意味であります。

その後、就職や大学進学します。

 

 

 

 

デンマークの名物

 

 

 

そんなデンマークの名物を紹介します!!

レパートリーはさほど多くないですが、デンマーク人は楽しんでいるようです。

 

 

 

スモーブロー

 

 

いわゆるオープンサンドイッチ。

スライスしたライ麦パンの上に、様々な食材をのせナイフとフォークで食べます!

チーズ、ハム、エビ、スモークサーモン、ニシンの酢漬け、ゆで卵、スクランブルエッグなどを上にのせ、レモンや香草ディルなどを添えます。

f:id:worldstakanari:20170131225746p:plain

 

 

 

 

フレスケスタイ

 

 

 

デンマーク風ローストポーク。

クリスマスに好んで食べられ、豚の背中の部位を皮付きの塊で、オーブンで数時間かりかりになるまで焼きます!

それをスライスして、グレービーソースをかけて食べます。

f:id:worldstakanari:20170131230246p:plain

 

 

 

 

フリカデラー

 

 

 

豚の挽肉を使用し、タマネギのみじん切りや香辛料などを加えて、こねて混ぜ、平たく丸めてフライパンで焼きます。

いわゆるハンバーグ!!

大きめのボウル皿にたくさん盛り付け、食卓の真ん中に置き、みんなで食べるのが主流です。

f:id:worldstakanari:20170131230733p:plain

 

 

 

 

エープルフラシュク

 

 

 

豚バラ肉を1cmほどの厚さにし、表面をかりかりになるまで焼き、リンゴのソテーと共に食べます!

豚肉の焼き加減はその人次第です!!

f:id:worldstakanari:20170131231105p:plain

 

 

 

 

エゲケー

 

 

 

デンマーク語でエッグケーキ!!

見た目はオムレツのようなもので、解きほぐした卵に牛乳を加え、トマト、卵、ニンジンなどを加え、塩で味付けしてフライパンで焼きます!

f:id:worldstakanari:20170131231441p:plain

 

 

 

 

 

デンマーク人の特徴

 

 

 

 

個人主義が強い

 

 

 

これがデンマーク人の代表的な特徴です。

集団行動が苦手で、個人主義が強く、自分の思い度通りに行動します。

人に流されにくく、我が強いです。

 

 

 

女性の地位が高い

 

 

 

日本よりも遙かに女性の社会進出が進んでいて、女性の地位は高い。

バックアップも申し分なしです!

男女平等が進んでいて、差別するのは時代遅れとされています。

男性も女性を見下すことがないので、女性が住みやすい国です。

 

 

 

平等主義

 

 

 

日本では国会議員の給料が多いとうるさいですが、デンマーク国会議員は1000万を超えることがありません。

給料の高低差は日本よりも低い。

平等意識が高い!!

 

 

 

自然大好き

 

 

 

比較的海や山が多いデンマークでは、休日自然に触れることが多いです!

あまりお金がかからないという良さがあります。

 

 

 

オープンな人は少ない

 

 

 

身内や仲良し以外には心を開きにくいのがデンマーク人!!

オープンな人が少なく、他人にあまり関心を示さないようです。

 

 

 

貯蓄率が低い

 

 

 

税金が高いので貯金はできません。

しかし、社会福祉がばっちりなので老後の心配はありません!!

そもそもデンマーク人は貯蓄に興味なしです。

 

 

 

歯がきれい

 

 

理由は医療費がタダだからです。

国民が安心して治療を受けれるのです!!

 

 

 

遠慮という言葉がない

 

 

 

個人主義が強いデンマークでは、とにかく自分の意見を言います。

相手を気にせず、ぐいぐい来るので日本人は苦手かもしれません!

相手がいやがることでも遠慮はしません。

 

 

 

空気を読まない

 

 

 

空気を読むことより、自分を通すことが優先!!

逆にこれができなければデンマークでは生きていけません。

 

 

 

親子関係がトリッキー

 

 

 

世界でも子供に仕送りをするのは普通ですが、世界の常識などデンマークでは通用しません。

子供の頃から自立を求めるため、実家暮らしなんてありません。

家族が離れすぎているという声も…

 

 

 

贅沢とは無縁

 

 

 

貯蓄率が低いので当然と言えば当然!!

そもそも贅沢をしようという人がいません。

何でも工夫次第で乗り越えれるという考えが特徴的!

デンマーク人のアイデアは恐るべし。

 

 

 

 

いかがでしたか?

これが、世界一幸せと言われる国です。

また、人々の考え方として、平等主義なので、みんなが幸せならそれでいい。

つまり、誰かを差し置いてまで幸せになろうという概念がない世界がデンマークです!

また個人主義なので、社会福祉に対する期待が低いというのが日本との大きな違いのようです!!

デンマーク人とはまるで道徳を形にしたような人だったんですね。

あなたが日々当然と思っている世界は少し外に出れば、こうも違います。

そもそも常識とは誰が決めるのでしょうか?

普通とは誰が決めるのでしょうか?

私に言わせれば可能性を引き出す妨げの足かせにしか思えません!

皆さん何かしら独自の考えを持っていると思います。

それに自信と誇りを持って、それを多くの人に伝えていってください!!

あなたのその存在が個性であり特別なのです。

しかし、あなたのロードで誰かの可能性を奪うことを決してしてはいけません。

あなただけでなく人それぞれの存在が特別、個性なのです。

人それぞれやりたいことは違うのは当然ですが、他者のやろうとしていることを邪魔する権利は誰にもないのです!!

いよいよ2月!!

新企画を用意しています。

語学に興味がある方、あるいは海外文化に興味がある方におすすめです。

興味がある方は、ご覧ください。

要望、質問などございましたらお問い合わせください!!

 

海外のプロが言う海外に行くときに気をつけるべきこと

持論

大学生ならそろそろ海外に行って最後の思い出作りの頃ではないでしょうか?

初めて海外に行くなら何かと不安も多いのではないでしょうか?

私も海外行きの予定が…

私の経験から注意点をピックアップします。

 

 

 

トランク

 

 

 

トランクを持って行かない人はいないと思いますが、ロックをかけた上にベルトでさらに固定することをおすすめします!!

なぜなら帰りになんか(お土産など)入れたときに万が一ロックが外れてもカバーできるからです。

また自分のトランクの目印にもなります。(ネームタグでも可)

特に壊れ物の場合は必要です!

忘れないようにすべきこととして、荷物制限(23kg以内)に気をつけましょう。

行くときはそれを考慮して、荷物少なめで生きましょう!!

 

 

 

 

携帯電話

 

 

 

携帯電話はみんなが持って行くと思いますが、空港で登場する前に必ず機内モードにしておきましょう。

これをしないとあり得ないほど高いパケット代が請求されます!(短期間でも同様)

人にもよりますがルーターを持って行けば便利!!

そして忘れてはいけないのが変換ケーブルです。

変換ケーブルとは、場所によって充電する場所の形が違うのでそれを補うためのものです。(アメリカ、カナダは不要)

電気屋に行きましょう!!

電化製品はすべて必要です。

ちなみに携帯電話とインターネット以外は海外対応か確認の上、場合により変圧器が必要です!

 

 

 

財布

 

 

 

財布は長財布は絶対に持って行かないようにしましょう!

なぜかは海外で1回体験するとわかります。

現金は基本的にはカードが一番ですが、トラベラーズチェックや現金でもいいでしょう!!

しかし、必要な分だけにしましょう。

両替は基本的には空港でしましょう!!

一番楽です。

 

 

 

液体

 

 

 

液体は基本的にはトランクの中です!

持ち込むもの(コンタクトや目薬)、常備薬もですが英語の診断書を持って行きましょう。

国によっては捨てられてしまいます。(ペットボトルも同様)

透明のキットに入れて着ない持ち込みがルールです。(100mlの制限あり)

 

 

 

洋服

 

 

 

洋服は一週間以上などの長い期間でも、三日分をめどに持って行くことをおすすめします!!

ですが、下着は日数分持って行きましょう。

洋服を持って行きすぎてしまうと帰りにお土産を買えなくなるので買う人は少なめで生きましょう。

荷物が少なくてすみます。

季節が変わるところへ行くときはウインドブレイカーを持って行きましょう!

 

 

 

 

下準備はこれくらいでしょうか…

次は現場で気をつけることです。

 

 

 

 

時差ぼけ

 

 

 

海外に、特に遠くに行けば行くほどあるのが時差!

これはとてもしんどいんです。

対策として出発の前日はほとんど寝ないことをおすすめします。

現地の時間に少し抵抗力をつけるという意味で役に立ちます。

筋肉痛みたいなものなのでほっといても治ります!

 

 

 

飛行機での過ごし方

 

 

 

意外と困るのが飛行機の過ごし方。

私の過ごし方としては、前日ほとんど寝ず、飛行機で熟睡するというものです。

これで体力満タンで海外満喫できます!!

その後時間あったら、映画をひたすら見ます。

それで一日飛行機でもすぐです。

一人旅じゃない場合は同伴者と会話のゲームを楽しみましょう!!

 

 

 

 

街を歩くときの格好

 

 

 

どんな鞄を持っていくかで悩む人を多いはず!!

動きやすい格好が基本です。

リュックはやめておいた方がいいです。(私はリュックでいつも行きます)

たすき掛けできる鞄を持って本当に大事なもの(財布とパスポート)は常に身につけておきましょう!

 知らない人から話しかけられたときは絶対スルーしましょう。

誘拐、窃盗、殺人に巻き込まれてしまうかも…

テロが活発になってきているこのご時世、己の防犯意識でいかに行くかが大切になります。

夜歩くときは絶対に一人で歩かないようにしましょう。

よほど慣れているなら安心ですが、そうでなければどうなるかわかりません。

 

 

 

 

バスタイム

 

 

 

皆さんはバスタイムどうしているでしょうか?

外国はシャワーを浴びるのみが基本です。

ユニットバスと行ってトイレと一緒なので浴槽に入り、そこでシャワーを浴びます。

シャンプーやボディーソープは普通は向こうにあるので持って行く必要はありません!

オーストラリアやニュージーランドに行く場合はバスタイムはとても短いのが当然です…(水不足のため)

 

 

 

チップ

 

 

 

言葉の次に困るのがチップでしょう?

チップは飲食店、ホテルなど基本すべてに必要です。

目安は料金の15%で、ホテルの場合ポーターに、あるいはハウスキーピングサービスの人に渡さなければなりません!

詳しくはガイドブックをチェックしましょう。

ちなみにチップを払う理由として、レストランではウエイターの収入が低いためなどの救済措置としてマナーとして行われています!!

 

 

 

犯罪

 

 

 

残念ながら日本人は犯罪のターゲットに良くなります!

貴重品は必ず身につけておくことを常に心がけてください。

正規のタクシー以外は乗らない、知らない人はスルー、偽警官などに気をつけるなどいろいろあるのでガイドブックを読んでから行くことをおすすめします。

万が一のために旅行保険は必ず入りましょう。

海外には保険制度はありません。(風邪で3日入院で家を売った人もいる)

やり過ぎなぐらい警戒心を常に持ちましょう!!

ヨーロッパでは家族丸ごと窃盗団がよくあるパターンです。

ぼったくりや偽物ブランドの売りつけなどでだまされる場合も多いので、調べて尽くしてから行きましょう。

 

 

 

基本はこんなものでしょうか…

これだけ把握しておけばなんとかなるのかな…

それではいい旅を!!

 

 

 

 

ワイルドスピード スカイミッションから学ぶ人間論

映画から考える 海外文化

今回は、世界的に有名なワイルドスピードシリーズの最新作(5月最新作上映予定)から人間のあるべき姿を紐解きます!

ワイルドスピードシリーズといえば、車を使ったアトラクションで有名!!

知らないものなどいないはず…

 

 

 

あらすじ

 

 

 

見ている方ならわかるでしょうが、わからない人たちのために説明します。

ヨーロッパでオーウェンショウ率いる犯罪組織を相手に激戦を繰り広げたドミニク達!

しかし、ある日デッカードショウがハンが、東京で殺され、ドミニクは怒りに燃えます。

オーウェンショウの兄であるデッカードショウの復讐、仲間を殺されたことで怒りに燃えるドミニクとの戦いが…

 

 

 

アクシデント

 

 

 

この映画の撮影中、主演ブライアンオコナー(ポールウォーカー)が、プライベートで交通事故で死んでしまいます…

ここでいったん映画制作は中止になります。

ポールウォーカーと同じく主演のヴィンディーゼルは、プライベートでもとても親しく、彼の死後、子供を自分の孫として向かい入れました!

映画はここで終了と思われましたが、彼のためにも映画を完成させようと言うことになり、ストーリを変更し、彼の撮影してあるシーンはそのまま使うことになりました。

その後のシーンは代役を立てました!!

その代役こそ、ポールウォーカーの実の弟コーディーウォーカーです。

どこから弟のシーンなのかわからないほど、顔が似ていて、驚きです!

死んだ彼のために作られたのがSeeYou Againです。

の歌は全米シングルチャート12週連続1位、ラップヒップホップ楽曲として全米1位の最長記録の超ヒット曲です!!

この歌はスカイミッションの主題歌になっています。

映画も北米最高の2億9千万ドルの大ヒットとなりました。

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

何を表現している?

 

 

 

話は長くなりましたが、この映画が表しているのはいったい何なんでしょうか?

あくまで私の解釈で行きます!

主人公のドミニクは自分の仲間を家族と呼び、家族第一に考え行動します。

メンバーには、アイルランド系のポールウォーカー、ヒスパニックのミシェルロドリゲス、アフリカ系のタイリースギブソンリュダクリス、韓国系のハンカン!

これは多民族社会のアメリカそのものであり、アメリカの希望的側面でもあります。

この長編映画の中で表しているのはなんと言っても自分が信じるものの大切さだろう。

映画の中で「I don't have friends, I got family.」というセリフがあります。

日本語で言えば「俺に仲間はいない。 いるのは家族だ!」といった意味になります。

この言葉を聞くだけでも主人公のドミニクの人柄、この映画が伝えていることが見えてくる!!

仲間のためならどんな危険も伴わない。

仲間に裏切られても自分は裏切らない。

そこには自分の仲間をいかに大切にしているかが見て取れます!

あなたはどうでしょうか?

自分の命を張ってでも守りたいものはありますか?

この映画は人種が異なるメンバーで構築されていて、人種が違っていてもみんな同じなのだと…

人種差別にメスを入れているものでもあります…

この世には、いろいろな差別があります!

人種、学歴、社会的地位、世代などで人を差別し、ヘイトクライムヘイトスピーチを引き起こしています。

しかし、人の価値とはそんなもので決まるのでしょうか?

そんなこともすべて取っ払ってその人の人柄が好きならその人とつきあい仲を深めていけるのではないのでしょうか?

そうでなければその人が役員だから好き、東京大学だから好きなど肩書きで人を判断するのはその人の本質を知ろうとしないのではないのではないでしょうか?

あなたは人のどういう点で見て、判断しますか?

その人の中身ですか?

それとも…

日本は知りませんが、海外の会社の看板や映画など見る人に何かを訴えかけるのが、当然です。

そこにはなにかメッセージが込められ、それを読み取るのは楽しみでもあります!

私は海外をいろいろと見て回りましたが、海外にあるシステムなどを知ると、やはりいいものばかりだと思います。

どこに行くかはその人の好みにもよりますが、一度社会人になる前に行くことをおすすめします!!

ずっと日本にいるといわば井の中の蛙になってしまいます。

日本は世界的に見れば変わり者で、いろいろとおかしいのです。

それを知ることもできるし、新たな考え方を見いだすことができます!!

刺激を欲するなら行くべきです。

一度きりの人生、悔いのないように生きましょう。

私的倫理に支配されない習慣づけ

アドラー心理学

今回は、誰もが無意識にやってしまう私的倫理によるもの!!

私的倫理とは何なのか、そしてそれによってどのようなことが起こるのかを解説します。

 

 

 

私的倫理とは?

 

 

 

例えばたくさんの仕事に追われて困っている部下がいるとします。

それに対して「部下の仕事を代わりにやってやろう」と思うことはありませんか?

一見相手との一体の感情を持ったように見えるかもしれません。

しかし、そこには同情や「お前じゃ無理だからやってやる」といった気持ちがないでしょうか?

これが私的倫理です!

つまり、私的倫理とは自分の考え方で物事を考えてしまうことです。

どんな人でも起こった出来事に対して、自分固有の意識フィルターを通した見方、完全には客観的に物事を見ることができないことを、示しています!!

 

 

 

 

私的倫理による誤り

 

 

 

自分の意見を持って考えることができるんだからいいじゃないか!

と思った人がほとんどでしょう?

しかし、デメリットもあります。

要はそれに気づいておくことが大事なのです!

 

 

 

 

見落とし

 

 

 

9割成功した案件で1割の失敗を責めるような、1部分だけを見て、大事な部分を見ないこと。

 

 

 

誇張

 

 

 

「みんな自分が嫌いだ」のように1のものを10のように扱うこと。

数人から批判を受けただけなのにそれが、世界中に感じられたり、1人が自分を理解してくれなかっただけでみんな理解してくれないと思い込んでしまいます!

しかし、そんなはずはありません!!

 

 

 

 

決めつけ

 

 

 

「あいつは使えない」など可能性にすぎないことにレッテルを張ること。

1回や2回の事例で結論を出すことは、客観的に考えれば無理です!

でも私的倫理で見ると決めつけてしまい、自分自身を落ち込ませてしまう結果となってしまいます!!

 

 

 

 

過度の一般化

 

 

 

ある社員の失敗を全体の失敗とし、1つの問題を一般化し、多くのケースに当てはめようとすること。

仕事で失敗したときそれをプライベートなどの全く関係のないことに当てはめてしまう考えです。

しかし、本来はそんなことで判断できるはずがありません!

 

 

 

誤った価値観

 

 

 

「こんな初歩的なミスをする自分は会社をやめるべき」など自滅的、破壊的な視点で物事を見ること。

 

 

 

 

このようにすべてを私的倫理に任せてしまうと危険な領域に足を踏み入れてしまいます。

まずは、人は私的倫理に支配されやすいのだと言うことを忘れないようにする習慣を身につけましょう!

私的倫理のトラップにかからないためには、共通感覚を身につけることです。

 

worldstakanari.hatenablog.com

 しかし、これも使い方を誤ってはいけません。

詳しくは上記参照です。

 

 

 

 

共通感覚へと切り替えるコツ

 

 

 

私的倫理にパターンがあることは先ほど説明しましたね?

「みんな」、「全然」、「1つも~ない」などがあります。

つまり、オールorナッシングの言葉です!

日頃からこの言葉に気をつけ、それに気づけば、深く落ち込まないように自分を救うことができます!!

私的倫理の言葉に気づいたら、「本当にそうか?」と自分に尋ねます。

そして、相手が何を考え見ているのか、客観視します!

そうすれば事態はさほど深刻でないことがわかります。

それがわかれば、建設的な方向に自分を勇気づけていきましょう!!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

自分が考えていることが、常識ではないのです。

自分と自分以外の人は、全く違う生き物だと言うことをわかっておかなければなりません!

この世にある常識なんて所詮はそんなものです。

雑誌でこの服が今年のトレンドと言えば、人は自ずとその服を着始めます。

人は周りに合わせようという心理が無意識に働いています。

これを同調と言いますが、1人の人があることを言い切れば、人はそのことに同調しようとします!!

周りになじめない恐怖から逃れるためです。

特に日本人にはこの傾向が強いです。

私から言いたいことは1つです。

自分が思うことに自信を持って、それを貫いてください!

ただし、その自分が思うことで人の自由を阻害するようなことがあってはありません!!

これが、アメリカ流の考え方です。

 

 

バイリンガルが選ぶ今が旬の海外おすすめスポット

海外の魅力

たまには緩い話題をということで、よく質問を受ける海外でどこが旅行にぴったりかという疑問に答えたいと思います!

なお、好みもあるのでパンフレットを吟味するなど下調べをおすすめします!!

 

 

 

オーストラリア

 

 

 

自然を楽しみたいならこのオーストラリア!!

自然大国で自然を満喫したいならここ!

注意点は季節が日本と逆であることとと、税関が厳しいことです。

日本は現在冬ですが、むこうは夏です。

つまり、泳げます!!

税関は食べ物の制限がきついので、生ものや種系のものは持って行かないことです。

ちなみに手荷物も厳しい!!

世界でも指折りの税関の厳しさ…

時差は1時間しかないので時差ぼけの心配はありません!

ここで、おすすめスポットです。

海ならケアンズ、街ならシドニーといった感じですか…

オーストラリアなら海なので海にいかなければ何をしに言ったのかといった感じです。

グレートバリアリーフエアーズロック、カランビンワイルドライフサンクチュアリー、メルボルン博物館、クイーンビクトリアマーケット、グレートオーシャンロード、ブルーマウンテンズ国立公園が人気スポットです!

順番にいきます!

 

 

 

グレートバリアリーフ

f:id:worldstakanari:20170114110356p:plain

地球最大の生命体といわれ、最も複雑な生態系を持つグレートバリアリーフ

去年は気候変動により、多くの魚が死滅してしまいましたが、ダイビングのおすすめスポット。

海の偉大なる自然ならここです。

 

 

 

 エアーズロック

f:id:worldstakanari:20170114110852p:plain

オーストラリア大陸のほぼ中心に位置するエアーズロック!!

先住民のアボリジニ達の聖地と言われ、迫力のある断崖絶壁が楽しめる。

アメリカのグランドキャニオンのような場所。

自然遺産と文化遺産複合遺産として認められている!!

 

 

 

 

 カランビンワイルドライフサンクチュアリ

f:id:worldstakanari:20170114111601p:plain

カランビンワイルドライフサンクチュアリーはオーストラリアの動物を楽しめる場所。

いわば動物園です!

特にコアラ。

動物好きの方は行ってみては?

 

 

 

 

 メルボルン博物館

f:id:worldstakanari:20170114111716p:plain

南半球最大の総合博物館であり、世界遺産のカールトン公園にあります。

それがメルボルン博物館。

先住民族アボリジニの豊かな伝統から多様性に富んだ自然環境多くを学べる場所!

知的な旅をするならここ!!

 

 

 

 

 クイーンビクトリアマーケット

f:id:worldstakanari:20170114112602p:plain

クイーンビクトリアマーケットとは、食料品や日用品、雑貨などの様々なタイプのお店が並び、南半球最大の規模を誇ります。

たびたびイベントも開催されるようなので、いろいろと見て回りたいならここ!!

 

 

 

 

 

グレートオーシャンロード

f:id:worldstakanari:20170114125358p:plain

世界で一番美しいと言われ美しい海と自然いっぱいの森を見ながらドライブを楽しめるグレートオーシャンロード!

複雑に入り込んだ断崖絶壁、海から立ち上る奇岩群、激しく打ち寄せる波と静かな入り江が、ほかでは見られないダイナミックな景色が楽しめます!!

ミスチルTomorrow Never KnowsのPVの場所でもあります。

ドライブ、自然、サーファーなど魅力は様々。

 

 

 

 

 

ブルーマウンテンズ国立公園

f:id:worldstakanari:20170114130031p:plain

100万ヘクタールにもおよぶ巨木の樹林、砂岩の絶壁、渓谷、滝と原生林。

世界遺産のブルーマウンテンズは青みがかったユーカリの霧に包まれた美しさはまさにすごい!!

 

 

 

アメリカ

 

 

世界のあこがれとも言われるアメリカ!!

メジャーなところに行きたいという方のために伝授します。

私からはシカゴをおすすめしたい!

ジャズやブルースなど気分を高めるならここだと確信している。

 

 

 

ウィリスタワー

f:id:worldstakanari:20170114132357p:plain

シカゴで一番高いタワー!!

展望台のスカイデッキから眺める高層ビルは格別!!

ビルから突きだした全面ガラス張りのバルコニーが有名。

 

 

 

 

シェッド水族館

f:id:worldstakanari:20170114133220p:plain

世界一大きな室内水族館で、世界中から8000種以上、7000匹以上にもおよぶ種類の魚や水生動物を管理し、シカゴでは最も人気のある水族館です!

 

 

 

 

ネイビーピア

f:id:worldstakanari:20170114140140p:plain

ネイビーピアは、博物館、遊園地など様々なレクリエーション施設をぎっしりと詰めた複合施設!!

幅広い年齢層に人気の飽きる事なきスポットです。

 

 

 

 

マグ二フィセントマイル

f:id:worldstakanari:20170114140945p:plain

高級ブランドショッピング街や大きなショッピング街などがある歩くだけでも楽しいスポット!

シカゴの歴史的な建物、優雅で美しい建物を見ることができます。

 

 

 

カナダ

 

 

 

アメリカは危ないんじゃ?

でも都市に行きたい。

そんな方にはおすすめなのがカナダであり、自然も兼ねそろえたのがここです。

カナダでもウィスラーをおすすめします。

スキーやスノーボードの世界的に有名なスポットです!

もう一つおすすめするのがバンクーバー

日本からの移民が多く、日本の店が建ち並び、カルチャーショックを感じさせない。

 

 

 

 

ウィスラーブラッコム

f:id:worldstakanari:20170114142330p:plain

ウィスラーにあるスキーリゾートで北米最大といわれているのがここ。

有名ホテルやレストランが集結しています。

 

 

 

ギャスタウン

f:id:worldstakanari:20170114142722p:plain

バンクーバー発祥の地として有名で、歴史ある建物が並ぶスポット!!

蒸気時計が街のシンボルで近年おしゃれになっている。

おしゃれなバーやレストランが多い!!

まさに大人の居場所。

 

 

 

バンクーバー中央図書

f:id:worldstakanari:20170114143852p:plain

のんびりしたいならここ!!

古代ローマの闘技場のような建物が印象的。

カフェや書店、ショップまである人気スポット!

高い吹き抜けのエントランスがおしゃれでカフェでゆっくりできます。

 

 

 

 

バンクーバールックアウト

f:id:worldstakanari:20170114144421p:plain

バンクーバーで最も高いハーバーセンターの最上階にある展望台。

360度景色が楽しめる人気スポット!!

 

 

 

 

ロブソンストリート

f:id:worldstakanari:20170114144719p:plain

バンクーバーで一番の繁華街でダウンタウンの中心を走るを走る大通りです!!

ブランドショップ、デパート、オーガニック系スーパー、レストランなど何でもそろってます。

 

 

 

イングリッシュベイ

f:id:worldstakanari:20170114145127p:plain

バンクーバーの美しいビーチで、四季を通して市民の憩いの場となっています!!

山と海、背後にはスタンレーパークの自然があり、バンクーバーらしい景色が楽しめます。

サンセットが美しいビーチとして有名!

 

 

 

 

グランビルアイランドビリューイング

f:id:worldstakanari:20170114145550p:plain

グランビルアイランドに入ってすぐ見えるパブで、地ビールが楽しめる場所です。

お酒が好きな方におすすめ!!

 

 

 

 

シンガポール

 

 

 

あまり遠いところはめんどくさいという方は、シンガポールやタイあたりがおすすめ!!

年中気温が高く、寒い今の時期はいい感じです。

 

 

 

 

オーチャード・ロード

f:id:worldstakanari:20170114170229p:plain

シンガポールナンバーワンのショッピングエリアといえばここ!!

有名ブランドのブティック、日系デパート、ショッピングセンターが多く立ち並んでいます!

こことは少し雰囲気が違うアラブストリートも行ってみては?

 

 

 

 

サンズスカイパーク

f:id:worldstakanari:20170114171712p:plain

有名なインフィニティープールはホテルの宿泊客しか利用できませんが、サンズスカイパークは気軽に誰でも利用でき、展望台からの景色を楽しめます!!

ここに来なければシンガポールに来たとはいえない…

世界クラスのシティービュー!

 

 

 

 

クラークキー

f:id:worldstakanari:20170114172156p:plain

レストランやバー、クラブカフェが並ぶこの地帯は、まるでSFのような景色!

ライトで色が変わる強大な屋根に覆われたストリートやUFOのような形のオープンテラスが並ぶレストランは日常を忘れさせる!!

 

 

 

 

マーライオン

f:id:worldstakanari:20170114172703p:plain

定番中の定番!!

シンガポールの夜景といえば、このマーライオン

 

 

 

 

とまあこんな感じです。

海外に行くと言うことは、知らない世界を知ることができるチャンスです。

人も物も建物もすべてが学びになります!!

あなたのこれからになることを願っています。