読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

世界に誇るアメリカの車事情~一歩外に出れば異次元~

違い 海外文化

今回はアメリカの車事情についてです!

アメリカはご存じの通り、世界に誇る技術を持っています。

よくアメリカは治安が悪いと嘆く人がいますが、外国はどこに行っても治安は悪いです!!

逆に言えば、日本が異常なのです…

 

 

 

アメリカの免許とる年は?

 

 

 

日本では18歳つまり、高校卒業前に取ろうという人も多かったのではないでしょうか?

私もそうでした…

しかし、アメリカでは16になった時点で、車でもバイクでも乗ることができます!

そして驚くべきは、教習所に行きません。

いきなり運転から始まります。

免許を取れる年になると、友達や家族の車を借りて、免許を持っている人のアドバイスを受けながら路上練習が一般的です!

もちろん試験があります!!

路上試験と筆記試験をパスすれば免許取得です。

このとき、自分の車を持ち込むのも一般的なのだとか…

実は、免許を取ることにかけて一番難しいのが日本なのです。

国によっては年齢制限がないところもあるのです…

 

 

 

車の使用用途

 

 

 

アメリカでは、車の使い方にも日本とは違いがあります。

16で免許が取れると言うことは、高校生が自由に運転できると言うことです!

アメリカの高校生の通学手段は車です。

ワイルドスピード東京ドリフトで登場するショーンボズウェル(ルーカスブラック)

は高校生ですが車を乗り回していました!!

コレには理由はあります。

アメリカは、広いのです!

ちょっとした買い物でも遠いので、車で行かなければならないのです。

アメリカの車文化は世界でも独特でアメリカにしかない標識もあるのです…

 

 

 

アメリカ独特の車事情

 

 

 

まずは駐車事情。

前向き駐車がアメリカでは当然です!

荷物を入れたりなど、勝手がいいのがそれだからです!!

車を離れるときは、大事なものは身につけておかないと盗難に遭います。

根本的な違いは右側通行、キープライトです。

日本とは逆です。

道路の違いで言えば、多きい道路やフリーウェイには複数人が乗車している車両専用車線があります。

CarpoolやHOVといってダイヤのようなマークが目印!

驚くところで言えば、銀行や薬局にもドライブスルーがあります。

カーシェアリングといって、車に自分が乗らない間誰かに貸すというシステムが一般的です!!

車を持つのがめんどくさい、さほど車に乗らない人に人気。

一方でルールも厳しいのがアメリカ。

driving under the influenceという法律があります。

簡単に言えば飲酒運転に関する法律です!

open container lowsというものがカリフォルニアにあり、車にビンのついたアルコールがあれば罰則です!!

 アメリカでは21歳以上でなければアルコールもアウトです。

日本人旅行者がよくトラブルになるのがここ。

こういうルールという分野では外国の方が遙かに厳しいので、日本が緩すぎるのです…

穴ばかりでなにをやっているんだという声が多いのが正直なところです。

身分証明書(旅行客ならパスポート)がないとアルコールは絶対買えません!

ドライバーの考え方も日本とは違い、歩行者がいることを前提として動いていないのです。

つまり、ボッとしていたらあっという間にひかれてしまいます。

日本でも最近ではそうですが…

 

 

 

まとめ

 

 

 

アメリカの車事情は外国の中でも特殊!

1人だけで車に乗っている人が走ってはいけないレーンがあります。

道路ではキープライトが原則!!

ハンドルも日本とは逆になります。

銀行や薬局ですらドライブスルーがあります。

日本ではまだまだですが効率性を求める外国では自然なことです!

外国のルールは日本ほど甘くない。

たとえばたばこ。

禁煙法は世界的に広がって入て、基本的には違法となっています。

建物内は絶対に吸ってはいけません。

外国人が日本に来たとき、その辺でたばこを吸っている人、飲食店などの建物内でたばこを吸っているのは世界にマナーがないと言っているようなものです。

たばこを吸う人は自己管理ができない人だと世界では捉えられ、出世ができないあるいは就職そのものができないのが普通です。

クビになることも多々です。

アメリカでは灰皿はほとんど置いてないことがたたって路上に捨てる人が多いのだとか…

健康志向が世界で進んでいて受動喫煙をさせないためです!!

たばこは国によって違いますが罰金です!!

アルコールに関して言っても身分証がなければ絶対買えない。

日本が甘すぎるのです…

これらのことから日本では外国人は全然だめだというイメージがあるが、実は反対だと言うことです。

日本は世界的に後れを取っているのをわかっていてもそれを挽回しようとはしないのです。

何もしない方が楽だからです…

日本は社会的に見れば悪いイメージしかありません…

 私は大学時に日本と世界の文化、考え方がいかに違うかを学んできました。

世界の自由度を53段階にしたグラフがあり、番号が若ければ若いほど自由というものがありました。

アメリカは3で、日本は48でした。

日本にはルールが多い、しかし深く考えてみれば意味のないものばかり!!

個人の可能性というものを認めないというものだと私は思いました!

あなたはこれをどう感じたでしょうか?

あなた1人1人の小さな行動が世界を変えるのです。

世界では何もしないのが罪です。

何かしなければ何も変わらないのです!!

誰もが陥るモチベーションを下げるパターン

アドラー心理学

学習指導要領が改訂されて、いろいろ変わるようです。

今の20代の方は、ゆとり世代と言われていますが、これからは学習時間が倍になるそうです!

私の個人的な意見としては、現実的でないし、英語力もさほど変わらないのではという疑念が…

今回は誰もが当然のようにやっていて、気づかないモチベーションを下げてしまうパターンです。

 

 

 

自信がない人の行動

 

 

 

勇気とは、困難を克服する力です。

それはやがて自信となります!

「なぜ言ったことができないんだ」

「おまえのせいでだめになったんだ」

「まだわからないのか」

上司や先輩からこのような言葉をかけられたことはありませんか?

言われれば誰もが落ち込み、意欲を急速に落としてしまいます。

このような言葉を言う人には特徴があります。

何か悪いことがあって、その原因が自分ではなく、相手にあるとして責任を逃れようとします!!

いわば自分で困難を乗り越えることができない人です。

残念ながら、現代ではこのような人はとてつもなく多いのです!

「〇〇が〇〇をしてくれない」

「〇〇が〇〇をできない」

自分の周りの人にこれがない、あれがないと無い物ねだりすることです。

まるで自分が完璧であるかのように相手を評価して、結局何も解決しないのです…

これにもパターンがあります!

 

 

 

モチベーションを下げるパターン

 

 

 

 

縦関係での動機付け

 

 

 

上下関係を元に、立場が上から下の人に言う言葉。

立場的に反論不可。

 

 

 

マイナス思考

 

 

 

決めつけや思い込みによる発言。

実際にチャレンジしてなかったり、誤解があるかもしれないのに一方的に決めつける。

 

 

 

人格否定

 

 

 

相手の人格や人間性を否定するような言葉。

言われた方は何をしても認められないと思い、やる気がなくなる。

 

 

 

原因思考

 

 

 

「何が原因なのか」を突き止めようとする。

失敗したときなどに、「~のせいで」「~したから」と言った言葉で過去を振り返り、相手を責める。

 

 

 

以上で4つです。

当てはまることがあったでしょうか?

もし当てはまっていたとしても変えるように努力すればいいのです!

 

 

 

解決策

 

 

 

全く別のものの考え方をおすすめします!

私が紹介した考え方は原因論、つまり何かあったときに過去を振り返るのです。

原因を突き止めても問題は解決しません。

未来志向、何かが起きたとき、それをいかにして克服するかを考えるのです!!

たとえば、生まれつき病弱な子供がいたとします。

ある子供は病弱だから運動はできないと運動をしないことを決めました。

そしてまたある子供は、病弱だからこそ運動して体を鍛えようと考え、運動し警察官になりました!

前者の考え方が従来の過去思考で、後者が、未来志向の考え方です!!

人の短所ばかり見ていても、人間関係が悪化するだけです。

人の長所を見ていれば、あの人はコレができる、あれができるという考え方になり、効率よく物事を進めることができます!

考え方1つで自分も周りの人も豊かにすることができるのです!!

日本には、ホスピタリティーという文化があります。

お客をまるで王様のようにもてなすのです!

日本人にとっては、それが当然なので、それがどこでも通じると感じてしまいます。

どういうことかと言うと、自分が考えていることが当然であるかのように思ってしまうことです!!

それは、プライベイトやビジネスにまで広がります。

そして周りの人に対してあら探しをしてしまうのです。

人の悪い点ばかり見ようとするので人間関係は最悪ですね。

日本では、自分の意見を持たないことを正義と考えるので、状況はさらに悪くなります!

形だけのシステム、改革もそれです。

周りがしてるから自分もしていい、周りがこうだからがもし正当化されるなら同じ理由で犯罪を犯してもいいことになります…

自分の意志で自分の道を決め、それに自信を持ち、人にはそれぞれ得意分野や考え方が異なるということを念頭に置くべきなのです!!

まるで機会のようなものです。

スマートフォンにだって特性が異なるものが多々あります。

人の性格や長所も同じです!

何事においてもみんなが同じでいるはずなどないのですから…

あなたの考え方が絶対でもない。

コンピュータのソフトのようなものです。

入れるもの、生い立ちや環境がそれぞれ違うのですからものの好き嫌いも違うのは自然でしょう。

これらは言われるまでもないと思う人がほとんどでしょう?

しかし、それがわからないからこそ人間関係が悩みの大半となり、社会問題としても捉えられるようになってしまったのです…

 

仕事上のつきあいに切り込む~日本の闇を切り裂け~

持論

今回は、悩む人が多い仕事上のつきあい(飲み会や食事会など)についてあることをあくまで持論で解剖したいと思います。

いろいろ思うこともあると思いますが、自己主張することをおすすめします!

どう思ったとしてもそれは自分が思っていることと相手が思ってることは必ず同じとは限らないからです。

 

 

 

会社での飲み会は必要か?

 

 

 

 

最近よく議論されているのを見かけますがこれは必要なんでしょうか?

私の意見から言いますと、ただの時間の浪費でしかありません。

新年会、新人の歓迎会という名目で、飲み会があるのはどこでも同じだと思います!!

メーカーや商社の方ならば、週末になればよくあるという人も多いでしょう…

しかし、最近の若者は飲めない人も多い。

女性の方が恐ろしく飲めるような時代でもあります!

新人が場所を押さえるのが当たり前。

役立つ話を聞けるかもしれない、友好を深めれる、普段できない話ができるという人がいますが…

私に言えば時間の無駄でしかありません!!

なぜなら、酒は友人などの親しい関係で行くものだからです。

会社での関係は、さほど仲良くないのが普通です。

そんな人と行くのは時間も費用もかかります!

それに強制的に行くのは違うのではないかと…

会社での関係で普段できない話はできないし、ただ愚痴を聞かされたり、詰められたりするだけ、ましてや友好を深めれるわけがない…

飲みに行きたいなら、自分で仲間を集めて、自分で予約していけばいい、それを新人(実際に飲みに行きたいとは限らない)にさせるのはただの押しつけではないのかと!!

というのが、私の意見です。

もう少し言えば、仕事が終わった後に行くのが、問題なのです!

話があるなら、仕事中に言えばいいと言うことです。

海外ではどうなのかというと、会社でも飲み会はあります。

しかし、行くかどうかはその人次第です。

強制的に行くのは、学生の間だけです!

外国では、自分の思うとおりに過ごすということです。

接待もそうです。

自分の時間を過ごしていったい何が悪いんだと思います。

日本は、仕事に仕方を変えるべきだと思います!!

日本では残業が当たり前ですが、海外では効率性を一番に求めるので、基本定時に帰ります。

万が一、残業をしてもその分後日早く帰るというフレクシブルタイムが導入されています!

学生が、成績を決める大事な試験が一ヶ月後にあると聞いてゆうちょに打ち構えるのと一週間しかないとさっさとやるぐらいの差があります。

上司より先に帰ってはいけないなんてルールもありません。

日本の9割が有給休暇未消化の理由がわかりましたね!!!

日本では社員に求める会社への忠誠心が異常すぎるのです。

自分の身を削ってまで仕事をするのを当然とする日本人と、家族を第一にするアメリカ人が対極であるというのを大学で研究したことがあります!!

皆さんも経験があるのではないでしょうか?

学生時代にあった髪型規制です!

髪の長さや髪の色です。

髪が長いことが仕事にどう影響するのでしょうか?

髪が赤色じゃ仕事ができないのでしょうか?

もっと言えば、スーツじゃないと仕事できないのでしょうか?

これは、有名なのでご存じの方もいるのではないでしょうか?

スーツは元々イギリスで海軍の軍服として使用されていました!

それが一般人に広がり、日本広がったといわれています。

江戸、幕末の頃、日本でジョン万次郎が初めて着て帰ってきたのが発祥の始まりと言われています!!

日本は形から入ったんですね。(形だけですが…)

しかし、外国では、スーツは着ません。

季節の変動に会わせてです。

海外に行けばわかりますが、スーツを着ている人を見ることは絶対ありません!!

日本のスーツも海外の気候に合わせてるので合うはずもなく…

マニュアルにこだわりすぎだと言うことです!!

これらの例はごく一部ですが、日本に古くからあり、日本にしかありません。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

日本にある常識は、深く考えれば意味のないものばかり!!

その常識を変えるには自己主張が必要です。

どんな些細なことでも言わなければ伝わらないからです!

日本にはホスピタリティーという精神があります。

素晴らしいものです!!

しかし、それが故に客と自分が主従関係であるかのように思ってしまいます…

どんなことでも言えば相手は聞くと…

それがクレームです!

それは仕事やプライベートにまで広がり、自分の言うことと相手は同じであると思い込んでしまいます。

しかし、実際はそんなわけはないので、それがパワハラモラハラなどを引き起こします!!

よく店の店員に対して、ため口を決め込む人がいますが、外国なら敬語という概念がないので、大丈夫ですが日本では違います。

店員が自分が求めているものに対して相談に乗ってくれるので敬語を使うべきではないかと!!(外国でも相手を敬意を示すような表現があります)

自分の見方が絶対ではないこと、相手に興味を示し知ろうとすることが大事になってきます。

人は人間関係を変えようとする際、相手を変えようとしますが、それは逆効果で自分が変わっても相手は変わらないと言うことなのです…

それよりも方法を変えれば、解決に近づくはずです!!

心ときめく海外のバレンタイン事情

海外文化

いよいよバレンタインデー!!

女性ならチョコを作る人も買う人も準備がいろいろ…

男性ならもらえたりもらえなかったり…

ちなみに私は、友チョコしかもらったことなく…

しかし、これも日本ならではの事情!

世界の事情を知れば心がときめくでしょう。

 

 

 

 

そもそもバレンタインデーはあるの?

 

 

 

英語でもバレンタインデーがあるので無論あります!

しかし、習慣が全く違います。

まずお返しのホワイトデーがありません。

お返しをすると言っても恋人や家族のプレゼント程度で、返す日をもうけるというのはあり得ないことなのです。

義理チョコや友チョコもないので、もらえるなら本命のみです!!

 

 

 

海外のバレンタインデートは?

 

 

 

欧米や西洋で差はありますが、海外でのバレンタインデートはチョコレートをあげる日ではありません。

さらに言えば女性から男性に対して送るものでもありません!

じゃあ何を送る、何の日なのという疑問を持つ人が多いでしょうが、実は海外ではバレンタインデーとは男性から女性へ告白する日なのです!!

双方の場合もありますが…

何を送るのかというと、花束やカードが一般的。

西洋では、婚約を発表したりという縁起のいい日でもあります。

バレンタインデーにお金をかけるのもざらです。

バレンタインデーとは友達や恋人、男女関係なく愛を伝える日なのです!!

ちなみにアジア(韓国など)ではブラックデーと言うものがあってチョコをもらえなかった男性が自分を慰める日なのです。

せつない…

 

 

 

なぜ日本はこの習慣になった?

 

 

 

理由は簡単です。

その昔、2月になると、製菓業界は売り上げが減りました。

そこで、バレンタインデーやホワイトデーといって、チョコレートが売れるように最もらしい理由をつけて、チョコレートを売り出しました。

それが、ヒットして今のようになったと言われています!

ほかにも、クリスマスのケンタッキーやブラックフライデーもそうです。

単なる売り上げ戦略にはまってしまっただけのことなのです!!

1950年ぐらいのことの話です。

 

 

 

イスラム圏のバレンタインデー

 

 

 

外国でもさらに変わっているのがこのイスラム圏。

イスラム圏ではバレンタインデーを祝うのは禁止なのです!

イスラム教文化を侵害する西洋の企みとして、死刑になることも…

しかし、みんな秘密に行っているのだとか…

 

 

 

 

バレンタインデーの始まり

 

 

 

ではバレンタインデーとはいかにして始まったのかを見ていきましょう。

バレンタインデーとは、世界で愛を誓う日であると考えられています!

時は古代ローマにまでさかのぼります!!

戦争中の古代ローマ、時の皇帝クラウディウス二世は、兵士が家族や恋人を欲しがって、士気が低下しないよう恋愛禁止にしていました。

しかし、キリスト教司祭である聖バレンティヌス(聖バレンタイン)は、結婚を望む兵士達のためにこっそり結婚式を行っていました!

これが、ローマ教皇の逆鱗に触れてしまい、269年二月十四日処刑されてしまいました。

その後ローマでは、殉教した聖バレンタインが愛する男女の守護聖人となり、春の訪れと聖バレンタインのエピソードが時とともに混ざり、十四世紀には、今と同じバレンタインデーになったと言われています!!

 

 

 

ヨーロッパから来たバレンタイン

 

 

 

では詳しくバレンタインを解剖していきましょう!

ヨーロッパ諸国では、バレンタインデーに男女が互いにカードを送り合う習慣がありました。

男性から女性に送る習慣は、イギリスから始まったのだとか…

カードに花を添えて贈ることで、求愛のイベントとなったのです。

イギリスでは、二月十四日になると、男性が女性のためにデートをセッティング。

しかもロマンチックなものでなければだめなんだとか…

すてきなレストランを予約し、花束を持って男性が渡します!

どんなカップルであれ、最初にあったときのようなときめきが大事なのだそう。

そしてその習慣はアメリカに渡り、それは映画の一部分として見ることもできます。

プロポーズをしたり、結婚をしたりするのが一般的に珍しくないそうです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

本来のバレンタインデートは愛を誓う日!

男性から伝えるのが主ですが、女性からでも問題はなし。

あなたも愛を誓ってみては?

よく幸せとは結婚をすることか否かと考えることがありますが、あなたにとっての幸せとは何でしょうか?

私が考える幸せとはもちろん恋人や結婚してることも正解だと思います。

ですが、私が思うに幸せとは自分が熱心になれることに力を込めれることだと思います。

私の場合は語学でしょうか…

あるいは友達などとのお話、趣味に時間を過ごすこと。

さらに言えば幸せとは自分が決めた目標に達した世界にいけたときではないかと…

 目的を自分で作り、それを追いかけてこそ、面白い人生!!

それに近づけば近づくほど幸せなのではないでしょうか?

 

 

 

人間関係を良好にする考え方

外国から見た日本 アドラー心理学 違い

世の中のほとんどの悩みが人間関係と言われる現代社会!!

その悩みを解決に導きましょう。

 

 

 

「わかってほしい」から「わかりたい」へ

 

 

 

よく知らない相手と二人で話をするとき、どんな話をしたらいいか迷うこともありますよね?

自分のことをよく知ってもらいたいと思い、さらに悩むでしょう!

そんなときは相手の話をよく聞くことをおすすめします!!

相手の好き嫌い、関心などを理解します。

考えてみてください。

初対面の相手と話をしています。

相手が自分のことばかり話す人と自分の話をよく聞いてくれる人だったらどちらがいいと思うでしょうか?

答えは言うまでもありませんね。

自分の話をするのはその後です!!

良好な人間関係を築くためには、まずは相手のことを知るのが必要不可欠です。

その上で自分の話をするのです。

自分が世界の中心でないことを覚えておいてください。

 

 

 

友達でも同じ?

 

 

 

これは自分がよく知っている友達でも同じです。

よく夫婦であの人がコレをしてくれない、こうしてくれない…

結婚するなら年収がこれ以上など言う人がいますが…

それはあくまで自分の希望です。

まず根本的な考えとして、なんでも人に求めるのではなく自分に何ができるかを考えるべきなのです!!

この場合でも相手の話を聞くことが必要なのです!

 

worldstakanari.hatenablog.com

worldstakanari.hatenablog.com

 私の意見として人を肩書きだけで、判断するのは推奨できません。

なぜなら人を高学歴だから高年収だからで判断すると自分の中でなにかが違うと思ってしますからです!

あなたが世界の中心ではないからです。

こうなったのは日本の贈り物文化にあります。

 

worldstakanari.hatenablog.com

 

 

 

 

話を戻しますが、誰でもあるのが仕事上の人間関係の悩みでしょう。

会社の飲み会、上司との食事など…

それぞれあるでしょうが…

私に言わせれば、会社の新年会や忘年会、飲み会などはただの時間の浪費でしかありません!

今の中間管理職の年代の方なら役立つ話が聞けるかもしれないと思う人もいるでしょうが…

ほとんどは無駄な時間です。

自分の貴重な時間をつぶしてまでやることでしょうか?

実はこれは日本でしかない常識です!!

海外では断ることができるし、いやな相手と無理に行く必要がないという考え方です。

全くその通り!!!

いろいろ話しましたが、そのくだらない常識を変えるのも今いる若者です。

そのためにも海外の暗黙の了解である自己主張です!

日本人に一番欠けているものです。

よく若者は常識がない、マナーがないと聞きますが、データでは40代以上の方が断然マナーがないことが判明しています。

そう言われる理由は、若者よりも数が圧倒的にあるからです。

自分にある不安を若者に向け自己満足に浸っているのです!!

あくまで心理的な分析ですが…

世界をいろいろ見てきた私からすれば日本にはくだらない常識であふれかえっています。

それを変えるのは私たち1人1人の自己主張。

自分の意見を相手の意見を無視して伝えるのがアメリカ人、相手の意見を聞きながら自己主張するのがイギリス人、相手の意見を聞き自分を出さないのが日本人という世界の常識がありますが、その常識を変えようではありませんか?

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

人にあれがないコレがないと言って嘆くのではなく、あの人はコレができるなど加点方式で人を見なければいけません!

それができれば日頃のどんな小さなことにも感謝ができて、心が生き生きしてくるでしょう。

自分にコレがないからといって相手に求めるのではなく、それを手に入れようと努めることが大事!

自分が世界の中心ではない。

また、決して人を肩書き(年収や学歴など)で判断してはいけません。

そういう見た目に目を奪われていると本質(実際に話してみてわかったその人の性格など)が見えないからです!!

そして忘れてはいけないのが人との会話の時はわかってほしいではなく、相手を理解したいと思って接すことです。

自分だけ話す人に親しみを持つ人はいない。

相手のことを理解した上で、自分のことを話せばコミュニケーションが円滑に進みます!

私は海外をいろいろと回って学んだことは、語学や文化だけではありません。

それ以前に、いかに会話をするかなのです!!

自分を隠して遠慮することではなく、正面から突っ込んでいくことでした。

すべての人に言いように思われることはできない。

しかし、相手の話から理解することで、いろいろな考えすなわち世界を知ることができるのです。

 相手の話を聞きつつ、自分の意見を言うそれこそが会話で第一だったのです。