ブリージングスペース ~緊張とストレスに無縁の生活へ~

以前、マインドフルネスという休息法を伝授したのは覚えておいででしょうか?

仕事で疲れるなどといった方にはうってつけのものです。

おさらいをしたいという方のためにリンクを張っておきます!

 

worldstakanari.hatenablog.com

 

 

 

 

ブリージングスペースとは?

 

 

 

 

仕事などで人間関係に悩みを持つ人は多いはず!!

そのとき感じるストレスから緊張を解きほぐすのが、ブリージングスペースです。

ブリージングスペースを行うためには、3つのステップがあります!

 

 

 

1.  ストレスを受けたときの自分の状態に気づく

 

 

 

いやなことが起きたとき、いやなことが頭の中に浮かんだとき、自分の心はどんな反応をしているか、身体の反応はどう変化したかそれを観察します!

ストレスの原因を心の中で1文にすればより反応がわかりやすいでしょう。

 

 

 

 

2.  呼吸に注意にを向ける

 

 

 

脳が疲れるのは、自分の心の現在地が未来あるいは過去にあるからです。

呼吸を1,2とラベリングすることで現在に自分を呼び戻しましょう!

 

 

 

 

3.  意識を呼吸から全体に広げる

 

 

 

これがブリージングスペースの核をなすものです。

身体全体で呼吸をしているように感じることがポイントです!

要は自然と一体になることです。

 

 

 

実践してみた結果

 

 

 

皆さんも日頃いろいろストレスがおありでしょう?

上司からの言葉、周囲の言葉など…

私がこれを実践してみたところ、周りがどんな批判的なことを言ってもそれをシャットアウトするようになりました!!

そもそもあなたを批判する人はなぜなのでしょうか?

それはあなたをよく知らないからです!

あなたの考え、あなたが興味を持って力を入れていることなど万人が理解できるわけではありません。

もっと言えば日本は批判文化であり、協調性文化なので自分以外の存在を否定し、自分の意見に万人が賛成するという考えが根底にあります!!

だから日本の組織(会社や役員団体など)はうまく成り立たないのです。

空港で日本人だけが簡素化されますが、海外では10年ぐらい前からあります。

残業の悪質化は、もっと古い時代から世界で言われています!

技術の進歩こそあれ、社会が発展しないのがその証拠です。

会社のつきあいに強制でつきあいがあり、行かない者は昇進できないなんて不合理な話です。

話を戻しますが、マインドフルネスは脳を作り変え、ストレスを理性で制御するのではなく、理性と調和する状態を作ることができます!!

心理学では、人の考えやとらえ方は元々脳から来るもので話は終わりですが、このマインドフルネスを用いれば、元の脳の状態を変えることができ、とらえ方を変えることができるというわけです。

要は、人間とはもちろん知性が高ければいいのですが、その前に人としての道徳が問われるわけです!

その部分がないからこそ最近マナーの問題が問われるわけです。

あれがないこれがないと嘆くだけなら誰でもできますが、自分がいかにするかではないでしょうか?

 

 

 

 

疲労とは何か?

 

 

 

身体的な疲れは様々な形で現われる。

いらいらややる気が出ない、集中できないなど…

マインドフルネスや認知行動療法の効果は報告されています!

認知行動療法とは、カウンセリングなどを通じて、疲労のとらえ方を変えて、疲労とうまくつきあう術を学ぶことです。

ここで重要なのは、身体の疲れすら筋肉などの物理的な消耗としてだけでなく、疲労感という脳現象として捉えられるアプローチが取られていることです!!

疲労が重度になれば、運動と同じ指導が必要になってきます。

身体の疲れさえも癒やしのメインステージは、脳です。

この脳の疲れを取ることが、疲れを取ることにつながります。

逆に脳が疲れなければ、フル稼働し続けることができます!

 

 

 

脳が回復する習慣

 

 

 

疲労感の改善に欠かせないのは、運動です!

うつ病の患者さんは、疲労感を伴いやすいんだけど、適度に運動をすることで、かなりの治癒効果がありました。

データも様々です。

運動と言ってもランニングをしたり、サイクリングをすることだけが運動ではありません!

私はいつもランニングをしてそれをデータ化しているが、誰でも手軽にできる運動と言えば、ウォーキングです!!

気分を変えるにもうってつけで、マインドフルネスにもうってつけです。

歩いているときに1,2とラベリングをすれば効果は上がります。

通勤の間の徒歩などの身近な時間でいいのだ…

それを毎日繰り返すだけでも疲れの感じ方も違うでしょう。

ここでおすすめの習慣を伝授します。

 

 

 

1.  オン/オフの切り替えの儀式を持つ(特定の音楽を聴く、シャワーを浴びるなど脳は二つを同時にできない。 仕事モードと休息モードをはっきりさせる)

 

 

 

2. 自然に触れる(人を超えたスケールの飛人工物に触れることで、日常:仕事モードからの解放を促進する)

 

 

 

3. 美に触れる(美しいという感覚は、脳の報酬系:背外側前頭前野などへ作用されるとされる)

 

 

 

4. 没頭できるものを持つ(好きなことに集中すると報酬系が刺激される)

 

 

 

 

5. 故郷を訪れる(育った場所には安心がある。 安心は不安の反対)

 

 

 

会社などの人間関係で頭を悩ませている人は多いでしょう。

日本社会を世界的に見たとき、労働者は守られていない、意見を言えないのが最近では問題になっていますが、いまさらとあきれるばかりです…

日本は世界的に異常なのです。

大事なのは自分の色を持つことです!!

自分がしたいことをして、とやかく言われる筋合いはありませんから。

あなた方1人1人が自分の色を貫いて、日本の協調性、批判文化、一定の型にはまったやり方を変えましょう!

 

 

 

黒き現代の落とし穴 ~周りに流されるべからず~

さて今回は、現代人が陥りがちな落とし穴について触れていきましょう!

 

 

 

 

黒き落とし穴とは?

 

 

それはずばりネトゲ廃人です。

ネトゲ廃人とは、ネットゲーム依存症やゲーム異常症の事です!

主にアジアを中心に恐るべき依存症として知られています。

依存症とは、自分の心の穴を埋めるために行う退行行動です。

つまり、自分の自尊心を保つために行う行為です!!

 

 

 

 

ネトゲ廃人とは?

 

 

 

ネトゲ廃人とは、主に韓国や中国で社会問題となっていてネットカフェなどに長期滞在してゲームに没頭してしまい、日常生活がままならない状態のことです!!

ゲームを中心に生活してしまうため、睡眠時間の減少や学力低下が懸念されます。

お隣の中国では、あるエリート少年がいました!

その少年は、小学生の頃から高校の物理の問題を解けるほど頭が良かったのです。

やがて中国のトップ校である精華大学、北京大学を受験しました。

東大以上の難易度を誇り、中国の頭脳と呼ばれていました!

しかし、大学生になるとネットゲームにはまってしましました。

やがて大学で単位を落としすぎて退学します!!

そして予備校に行き、受験をし、単位を落とし…

同じ事を繰り返してしまいます。

ネトゲ廃人とは、若者を中心になる傾向があり、中国には更正施設もあるほど深刻です。

更正施設に行くと、日常生活のすべてを管理され、ネットゲームをやめるまで家に帰ることはできません!

主な原因は家族間のトラブルから来ているようで、家族との方向性の違いからネットに逃げ込み、抜け出せなくなってしまうのがよくあるパターンのようです。

 

 

 

 

日本でもある?

 

 

 

ここまでは人ごとだと笑っていた人もいるでしょう?

しかし、もう日本でも大流行しています。

ネトゲ廃人とは、簡単に言えばゲーム依存症です。

日本人でもゲーム依存症の人は、多くいます!

最近はスマートフォンの普及で、どこでもゲームができます!!

自転車や車に乗りながら、電車の中で時間があれば携帯を片手に…

ゲームに課金しすぎて、一ヶ月で70万も課金した人がいます。(この場合は高校生)

という時代です。

ではその原因何なのでしょうか?

それは、時代の変化とストレスです。

誰でも簡単にネットの世界には入れる時代であり、仕事などでストレスを感じる人が増えたと一般的には言われているでしょうか…

私は、原因は教育に問題があると考えます!

確かに最近の教育制度は変化しています。

が、いくら学習の容量が倍に増えたところで、人間としてのあり方を教えなければ、諸刃の剣です。

要は、口先だけの教育だと言うことなのです。

英語教育も変化しましたが、日本人は結局英語を話せないでしょう…

道徳の授業がどんどん減らされているのはご存じでしょうか?

よく若者がなってないと言われますが、私に言わせればそれを育てる世代は誰なんだ、手本となる世代は誰なんだと問いたいところです。

日本の常識にも問題があると私は考えます。

それは協調性です。

ノミ二ケーションというものがありますが、それに参加しないのが今世間を騒がせていますが、そんなことに気を取られているから仕事が早く終わらないし、モチベーションも下げるのだと思います。

もっともらしいことを言っても、自分の価値観を押しつけているだけで、1人の若者として意見を言わせてもらいますが、自分の時間を大事にするのにとやかく言われる筋合いはない、上司との飲みにいくのや食事を断ったからといって出世できない社会がおかしいといわざるを得ません!!

このように日本には、何の意味もない常識のせいで無駄にストレスがたまり、ネットに逃げ込んでしまうのです!

もちろんそれだけではありませんが…

言えば、何の目標も持たず、なんとなく生きているからネットに逃げ込むのです。

特に日本では流される文化です。

みんなやっているからやる。

マナーもその詭弁でどんどん落ちていく一方です。

依存症の恐ろしいことは自覚がないことです。

ましてや周りが同じような人ならなおさらです…

 外国人が日本を見たときに思うようです。

時間の使い方を知らないのかと…

 

 

 

 

予防策

 

 

 

ネトゲ廃人とは主にアジアを中心として確認されている依存症で、日本でも良くあるものです!!

まずは、なにか目標を持ちましょう。

あなたがどんな仕事をしていてもそれに目標を持つことはできるはずです!!

そして周りがこうだからではなく、自分はどうするのかを考えて行動するべきです!

なにか気に入らなければ自分で究明すればいいのです。

自分の思ったとおりの道を自分のやり方でやれば一日一日楽しくなるはずです!!

 

 

世界のSNSシェア率

SNSの人気は、世界で異なります!

それをご覧に入れましょう。

ランキングでまいります。

なお、アクティブさでランキングしています。

見るだけなどが入るとユーチューブが入ります!

 

 

 

世界のシェア

 

 

 

4位 インスタグラム

 

 

 

利用者は5億人とも言われその利用者の80%が北米以外です。

右肩上がりで利用者が増えています。

フェイスブックを作っている会社が発表し、主な違いは写真中心で女性を中心に人気を誇ります!

芸能人が使っていることをきっかけに爆発的に人気がアップしました。

全体の使用率は6%です。

 

 

 

3位 ツイッター

 

 

 

世界で3億人が利用していて80%が北米以外で使われています。

オバマ元大統領やトランプ大統領など有名人も使用しています。

全体の10%が日本人が使用しています。

全体の使用率は12%です。

 

 

2位 フェイスブック

 

 

 

世界で17億人が使用していて、若者のフェイスブック離れが叫ばれていますが世界では絶大な人気です。

北米以外の85%が占めています!

全体の利用率は15%です。

 

 

 

1位 ライン

 

 

2億人が利用していて、全体の70%が日本、タイ、台湾、インドネシアです。

連絡手段として必須のものです。

全体の利用率は45%です。

 

 

 

SNSの問題

 

 

 

最近の日本では、若者のfacebook離れが深刻になっています。

しかし、それは海外でも同じです。

なぜならfaceboookがヒットしすぎたせいで、

家族間でもつながることができます。

ですが若者は、自分だけの空間を求め離れています。

これは特に外国の中でも自我の強いアメリカに多いようです!

10代の人は、ほとんど使わないようです。

しかし、世界でつながるにはfacebookです!!

また年を取れば変わるのかも知れません。

 

 

 

若者が利用するSNS

 

 

 

WhatsApp

 

 

2014年、facebookに買収され、アクティブユーザーが8億になっています。

whatsappとは、英語で最近どう?という意味です。

ラインようなアプリですが、よりシンプルで広告が一切ありません。

友達も増やしやすいです!!

 

 

kik messenger

 

 

ラインやwhatsappのようなアプリですが、アメリカのティーンに絶大な人気があります。

個人情報の入力は一切不要で、匿名性があるSNSがないのかというリクエストに応えてできました。

youtubeの動画を送ることができ、耳寄りな情報を簡単に入手することができます!!

 

 

 

などです。

ほかにもありますが、これらがほとんどです!

日本で流行のラインですが、これはアジアで大きなシェアです。

アメリカでは認知度は皆無です。

また、日本ではスノーが流行っていますが、主なシェアはアジアです。

これは、容易に顔を加工できるので、自分に自信がない人が増えたことの表れでもあるのでしょう!!

この違いから見てもわかるとおり、SNSのシェアの違いは、時代の流れそのものです!

若者のfacebook離れが叫ばれている世の中ですが、現在若者に人気のSNSはどんどんシェアを伸ばしてくるでしょう!

しかし、facebookは世界的には人気であり続けるでしょう!

今の若者の世代も大きくなればfacebookを始めるのではないでしょうか?

そこまで自分の疑問や叫びを広めるにはうってつけだからです。

それは、ツイッターにもいえることですが、自分の周りの人だけではなくより多くの人に意見を広めることにおいてfacebookの上はありません。

日本と海外のSNSの大きな使い方の違いは、日本では自分の存在を見てもらうためですが、海外では自分の意見を広めるためが主です。

つまり、食べ物の写真を載せることはありません!

それは日本人は自分の意見を持たず、批判することに身を寄せているといわざるを得ないのかも知れません。

世の中はどんどん機械で豊かになっていますが、その一方で心は貧しくなっています。

自分の空間を求めるのがいけないのではありません。

ネット先進国であるヨーロッパでは、セキュリティレベルをどんどん上げています。

犯罪も一方ですさまじいからです!

アメリカでなぜ若者がfacebookを離れていくかというと、ある日子供が大学に行くなどの理由で親元を離れ一人暮らしを始めると、我が子のストーカーになってしまうことが社会問題になっているからというのも大きい理由かも知れません!!

アメリカは、海外のものすごいを乗り越えて、異次元です。

しかし、現在は離れていても時が経てば、家庭を持ち、facebookに戻ってくるなんて事もあるのではないでしょうか?

大事なのは今あるものを当然と感じるのではなく、感謝の意を忘れないと言うことです!!

どんな便利なものも使い方次第で良くも悪くもなります。

違い(血液型事情)

血液型占いと言えば日本では流行に流行っているものです!

外国ではどうなんでしょうか?

 

 

 

世界で一番多い血液は?

 

 

 

日本で一番多い血液はA型ですが、世界ではどうなんでしょうか?

世界でも同様、AB型は希少です!!

場所によっては、AB型がいない国さえあります。

全世界で一番多い血液型は、O型です。

ヨーロッパでは、B型も少なく、A型やO型の割合が多いようです。

人口の半分近くが、AかOです!

オセアニアではOやAが圧倒的に多くなります。

B型の割合が一番多いのが中東です。

しかし、北米では一変します!!

ほとんどの人がAかOです。

中米や南米ではOの方が増えてきて、ブラジルやペルーに行けば、

Oの人が100%になります。

日本のようにアジアが一番割合がとれている地域なのです!!

 

 

 

 

血液型占いは日本だけ!?

 

 

 

日本では血液型占いが流行っていますが、それは血液型のバランスがとれているからなのです。

これを海外の人が知ると、科学的な根拠もないのにと思います!

これは日本でも公式に発表されていることです。

しかし、日本では根付いていて変わることはありません!!

人間の脳というのは怠け者で、物事を簡単に判断しようとします。

血液型で人を判断するのは、その方が簡単に人を判断できるからです。

それは現代ではブラッドタイプハラスメントと言い、血液型で人の優劣をつけ、差別してしまうと言う、不条理なものです。

海外では、自分の血液型を知る人がほとんどいません。

しかし、病院では把握しているので、輸血の時に困らないというシステムです。

 

 

 

 

血液型で人を判断するのは当てになるのかか?

 

 

 

実は、それぞれの血液型の特徴をシャッフルし、自分の血液型を選ぶよう、実験したところ、自分の血液型を当てれる人はほとんどいませんでした!!

これは、ラベリングと言って人や物事を勝手な思い込みで判断することです!!

たとえばAB型は変わり者と言われがちですが、人より少し変わっているところがあったところを大げさに捉えてしまうことです。

実際は少しの誤差の範囲内なのです!!

 実は日本は血液型占いがある唯一の国で、それはビジネスの場面でさえ用いられています。

その日本に近い国が韓国です!

日本とほぼ同じような感じです。

海外では血液型を聞くのはタブーです!!

これは最大のタブーであり、就職の面接でも日本ではよく聞きますが、海外では違法になります。

同様に日本であるような彼氏や彼女がいるか両親の仕事など違法になります。

逆に言えば日本ではプライベートな質問を必要と言って、ビジネスで使っているだけのことです。

これは日本人労働者が守られていない悲しいことを表しています!

海外のタブーはまた次の機会に…

 

 

 

血液型占いの代わりに…

 

 

 

血液型占いはありませんが、星占いが代わりにあります!

星座はバランス良くいるので…

これは外国人にとって娯楽のような物なのでしょう。

ラジオや新聞でよく目にすることがあります!

語学を勉強したい人にも一度呼んでみることをお勧めします。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

日本の流行の血液型占いや血液型で人の正確を判断することは、日本ならではの光景です。

そしてそれは、海外ではタブーです。

ビジネスの場で日本のように聞けば違法となります!!

世界幸福度ランキングというものが、今年も発表されましたが、アメリカは14位イギリスは19位、日本は51位です。

ブラジルは22位、シンガポールは26位です。

技術は進歩しても社会は何の進歩もしていないという卑猥さを表しています。

血液型と性格は、科学的根拠は一切ありません!

その人の外見や肩書きなどで人を判断する人は、

自分に不安がある証拠です。

人として未熟なことの証明です!!

大事なのは物事や人の本質です。

社会を変えるのはあなた方1人1人の意識からです。

猿の惑星に学ぶ人間性 ~認識から来る恐るべき感性~

私がよく見る映画の一つ、猿の惑星の紹介です。

ただのサルの話だと侮る人もいるでしょうが、ただのサルの話と思ってもらっては困るわけです!

実は、学べることがたくさんなのです。

 

 

 

猿の惑星とは?

 

 

 

猿の惑星とは、1968年から小説を元として作られた4部作あります。

2011年にリニューアルされ、今年の秋新作が公開されます!

 

 

 

 

トーリーは?

 

 

 

猿の惑星ジェネシスからリニューアルされましたが、また新たな世界があります。

神経学者のウィル(ジェームズフランコ)は、アルツハイマーの特効薬の開発をするため、猿を実験台にALZ112を開発します!

しかし、あるメスザルが子供を守るため暴れ回り、射殺されてしまいます。

ウィルは、その子供をシーザーと名づけ、自宅で実験を再開します。

シーザーは、親の薬の遺伝で元から頭が良く、異常な早さで脳が発達していきます!!

それは、一年で人間の何年分にも相当し、手話で会話ができるほどで、脳で人間を超えてしまいます。

ウィルの父は、アルツハイマーでそれを秘密裏に投与し、一時的に効果があったが、やがて抗体ができ、隣人とトラブルになります。

シーザーは、ウィルの父を守るため暴れてしまい、霊長類保護施設に送られてしまいます。

シーザーは、ウィル以外の人間を知らず、猿を知らないため、トラブルとなり、施設でもなじめない日々を送っていました!!

一方ウィルは、ALZ113というさらなる改良薬を開発し、猿の人体実験で効果を見ました。

それを見ていた社長のジェイコブスは、リスクを気にせず、猿の実験を繰り返します

!!

シーザーは、施設で生活していく中で、人間に絶望し、ウィルの開発して改良薬を盗み、それを施設やウィルの会社で散布し、反乱を起こします!

ウィルは一緒に帰ることを勧めますが、かつてウィルと来た国立公園で生活します。

ALZ113は猿には効くが、人間にとってはウイルスで人類はほとんど死滅してしまいます。

そして話は、猿の惑星新世紀へと進みます。

詳しくは見てください!

今回公開されるのは、新世紀の次の話です。

 

 

 

何を伝えているのか?

 

 

 

海外の会社の看板や映画には、必ずなにかメッセージが込められています!

世界では、ものすごい速度で科学技術が発達しています!!

しかし、その一方で我々人間が衰退しているのです。

というのは、人としてのレベルの低下も著しいと考えています。

この映画の中で伝えているのは、認識の恐ろしさです!!

世界的にネット社会になっていて、面と向かわなくてもコミュニケーションがとれる時代が今です。

ネットでの匿名がゆえに誹謗中傷を書き込んだり、日本ではホスピタリティーという接客文化が当然であるが故、自分がまるで王のような者だと勘違いし、協調性の国が故にそれに誰もが同調すると思い込んだり…

言い出せば山のように出てきます!

人は、偏見や固定概念といったものを捨てきれません!

それは、ゆとり世代だから何もできないだとか、女だからこうする、男だからこうといった人種でこうだと思い込んだり、世代でこうだとか見た目や思い込みだけで人や物事を判断してしまうことの恐ろしさです。

この映画の中では猿の中にも人間の中にも人間はすべて狂気だ猿は狂気だと思い込んでる者がそれぞれいて、それ故に争いになってしまいます。

この映画の中で言っていることは、一つは認識の恐ろしさ、もう一つはリスペクト(尊敬)の精神と欠如です。

認識の恐ろしさは、先ほど申し上げたとおりですが、もうひとつは我々は、今自分の周りにある物をなんでも当然と思い込んでしまいがちです!

部下が上司の言うことを聞くのは当たり前、生きているのが当たり前など自分が当然のように持っている物を当然と思うからこそそれをぞんざいに扱ってしまう卑猥さを述べているのではないか…

そして今一度己を振り返って欲しい!!

すべての物に感謝し、周りの人に感謝し、偏見や固定概念で人や物を判断しないこれを暗示しているのではないかと…

あくまでも私の解釈ですが…

自分を大事にするのは、もちろん大事なことです。

しかし、周りの人がいてこそ今の自分があり、自分の周りに当然のようにある自然や身体などすべての物に感謝するべきです!

それで自分の心が豊かになります。

自分の周りの人も豊かになります!!

自分だけが豊かになるのではなく、自分と相手がいかに豊かになるように考えた方が、自分の思うとおりに物事は運ぶのではないでしょうか?