炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

違い(教育編)

今回は教育の違いについて紹介します。

またアメリカと日本の違いについて焦点を当てていきます!

アメリカは必ずしも小学校から大学まで行くとは限りません。

アメリカではホームスクールとチャータースクールというものがあります!!

ホームスクールとは学校には行かずに家で勉学に励むことです。

自分の親が先生となり、あらゆる教育を施します!

そののち、大学に入り生活をします。

よって主体性が育まれ、得意分野を伸ばすことができます!

ですが、問題点として学力に偏りが明らかに生じたり、集団としての生活に問題が生じてしまいます。

アメリカでは、これが増加傾向にあります。

チャータースクールとは自治体などで子供を集め、あらゆる教育を施すことです。

しかし、集まる子供たちが年齢がバラバラであったり、運営が自治体などであるため困難であることがあります。

日本でもホームスクールはありますがあまり知られていません。

なぜなら日本ではあるイメージがあり、それにはまらなければ弾き飛ばされる国だからです!!

アメリカでは、個性を尊重し、人と違うことを重要視されます。

アメリカはヨコ社会であり、自分と地位や肩書が違っても意見をいうことが当然とされています!

これで互いに納得することができます。

日本は自分を隠し、同じ色に染まることが重要視されます。

タテ社会であるため、自分と地位や肩書が違えば、意見を言うのは、御法度です。

しかし、みんな同じでいることに意味はあるのでしょうか?

集団であるが故の問題もあります。

それはまた紹介します。

人と同じ色に染まって、何もしないならロボットと変わらないと思いませんか?

これらのようなシステムはいろいろなことにつながっていきます!

 

 

 

広告を非表示にする