読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

ヘリコプターペアレント

世界の社会問題

ヘリコプターペアレントというものを紹介します!

ヘリコプターペアレントとはアメリカの社会問題の1つでアメリカの子供はだいたい

大学行く際、だいたいは遠い地域で1人暮らしをしながら通いますが、それに親が耐えられないというものです。

海外では日本以上にSNSが普及しているので我が子のブログやフェイスブックなどを毎日チェックし、更新しなくなると学校の監視カメラを見たり、家に押しかけたりなどいわゆるストーカーですね…

海外ではストーカーもすごくて、クラスで人気者のマリーという、女の子がいました。

クラスでいじめられっ子のサムという人との出会いがすべてを変えてしまいます!

高校でクラスメイトですが、ある日マリーはサムがいじめられている現場を助けます!!

しかしこれが地獄の始まりでした。

これをきっかけにマリーはサムに積極的に話しかけました!

ある日、サムはマリーに挨拶をしましたが、マリーは気づかず、無視されたと感じたサムはストーカーになってしまいました。

どこに行っても彼はいました。

家庭ごみのチェック、学校がない日、そして高校を卒業して大学も、アルバイト先も…

メールや電話も膨大でした。

1日100件ぐらいは軽く超えました…

接近禁止命令がでて、切れたその日に彼のストーカーが再会され、長い戦いの末、彼は逮捕され、懲役20年になりました。

彼のストーカーは18年にもなりました…

そして、マリーは新たな法律設置を呼びかけました!

ストーカーで逮捕歴のあるものはGPSの設置を義務ずけるものでした。

これはマリー法といわれています!!

 

私はマリーと違いはみ出し者で誕生日を祝ってもらったり、友達と遊んだりだとかは限りなくゼロに近いので、マリーがうらやましい限りですが、大事なのは相手の価値観を知ることに思えます。

特に日本のような社会だと個性は包み隠すもので、排他的すぎるので、問題ばかりですが…

なぜそれに気づいても何もしないのでしょうか?

協調性にしがみつき、年さえくってれば上というシステムでそれが変わると自分たちが損をするとわかっているからでしょうか…

そこのところ何としても変えたいものです!

広告を非表示にする