読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

映画から見た世界 PART2

映画から考える

今回はマイノリティーレポートから考えていきましょう!!

マイノリティーレポートはトムクルーズ主演の今から10年以上前の映画です。

だいぶ古いですが…

舞台は2054年のアメリカ!!

未来では法律が改正され、殺人がない世界です。

ブルコグという3人の予知能力を持った人たちが予言し、犯罪取締局が犯罪を犯す前に逮捕してしまうというものです…

しかしそこには隠された真実が…

 

犯罪取締局のトップであるトムクルーズが殺人をやらかすという予言で追う身から追われる身になってしまいます。

そもそも3人の予言が異なる場合があり、少数の場合はマイノリティーレポート(マイノリティーは英語で少数の意味)として抹消されます!

未来を舞台にしたものは最近よく見かけます!!

未来はある程度は予測できるのかもしれません。

しかしそれがすべてではありません。

 

 

少し考えてみましょう!

例えばドラえもんのび太君の元へ未来ののび太君がやってきて

明日出かけると車にひかれて死ぬといいに来るとします。

しかしだからと言って必ずそうなるのでしょうか?

人間は機械ではありません!

これからどうなるかなんて誰にも分らないのです。

その者の意思次第です!!

 

現代では技術が発展し続けています!

しかし便利だからと言ってなんでもそれを取り入れるのは違います。

機会はパターンや数式はマスターできても心まではマスターできません!

大事なのは心を忘れないことなのではないでしょうか?

動物の中で唯一感情を授かった心はいったい何のためにあるのでしょうか?

それは…

あなたはどう思いますか?

リクエストなどありましたらよろしくお願いします。

広告を非表示にする