読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

テロについて考えてみる

テロについて考えてみます!

そもそも原因は何なんでしょうか?

 

 

アメリカという国をベーシスに考えてみましょう。

アメリカは超格差社会です!

外国は実力主義、いわば能力の世界で、年さえくってれば上にいける日本とは違い、その人が何ができるのかで常に競争が行われる世界です。

競争をすれば勝者と敗者が生まれる、それが一番はっきりするのがアメリカなのです!!

アメリカの考え方はチャンスは平等なのだから結果は自分自身の問題であると…

学歴だけで選ばれることなかれのアメリカですが、負けたからと言って能力がないといえるのでしょうか?

そして負けてしまった人たちは生活が困難になります。

そんな人たちの前に現れるのがテロ組織です!

家族を守るために夫が命を投げ出し、飛行機でビルに突っ込むなどあるのです!!

それが負けた者には何もない世界です。

ワールドトレードセンターの事件がそれです。

 

テロ組織をなぜ壊滅させられないの?

そう思う人もいるでしょう。

テロ組織は思っている以上に大規模で軍事力は国に匹敵していて、それが星の数ほどの集団となり世界に散らばっています!

そもそもテロ組織のメンバーのほとんどはもともと普通の人です。

しかも社会的地位が高い人も多いのです。

 

というのは昔、ヨーロッパにある若い娘がいました!

その娘は成績優秀で容姿も非常によく高校でも人気者でした。

しかし、ある日家に謎の集団が押し入り、娘を誘拐していきました。

しばらくするとそれはテロ組織だったと判明し、その家は、非常に有名な金持ちだったので身代金を要求しました。

それは非常に高額で国中から寄付を集めて何とかという値段でした!

しかし、ある日テロ組織との連絡が途絶え、1年が過ぎたころ銀行強盗が起こりました。

犯人はなんと誘拐されたはずの娘でした。

それを機に娘から家に直接連絡が来ました。

家族全員皆殺しにするという内容のものです!

娘は洗脳されてしまったのです…

これはテロ組織ではよくあることで上流階級の人は普通の人と違って洗脳がしやすいためだという!

3年後テロ組織を壊滅させ、娘は1年かけて洗脳を解かれました。

 

話を戻しましょう!

能力社会、大いに結構だと思います。

しかし、負けた者に対し、ノータッチでいることが問題なのではないだろうか…

テロ組織を生み出してしまったのはアメリカ憲法の異常な解釈によるもの。

チャンスは平等であれそのあともバックアップが必要だと!!

詳しいアメリカのシステムについてはまた今度に!

すべてが自由、しかしそれでも悪い方向にいかないように教育が大事だと…

 

以上が私の見解です。

 

あなたはどう思ったでしょうか?

外国の問題や日本の社会の問題。

難しい話です!

しかし、日本では口に出すものはいても動こうとはしない!

それは協調性なんてものを大切にするから…

表面でしか人や物事を見ないから痛い目にあう。

私がここまで日本を嫌い、外国に近づいたのは、人そのものを見ようとしない排他的すぎる日本の文化、年齢と能力を同じように考える都合のいい考え方、協調性(

都合のいいように)です。

 

世界を知らず、知ろうともしないから技術は発展してもシステムは発展しない!!

 

世界に生き恥をさらしている(怒)

 

これが私の価値観です。

だからこそ誰よりを力を求め、命は捨てても友は捨てない!!

形だけの理想なら心の中にしまっておけとね…

 

リクエストなどありましたらよろしくお願いします。

広告を非表示にする