読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

海外の人はこうだ

違い

 

外国と日本の人の違いを見ていきましょう!

 

 

まずは日本人です。

 

 

      日本人の特徴

 

 

  • 前例を大事にする。

 

  • 礼儀正しい。

 

  • 思ってもないことを口にする。

 

  • イメージを大事にする。

 

  • その人の能力より年で人を決める。

 

  • とっつきにくい。

 

  • 自分の意見を持たない。

 

  • がめつい。

 

               などです。

 

 

       外国人の特徴

 

 

 

  • フレンドリー。

 

  • 自己主張が強すぎる。

 

  • 競争心が強い。

 

  • 話好き。

 

  • 楽観的。

 

               などです。

 

 

これはそれぞれがベースにしているのが違うので当然といえば当然です。

日本が意見を言わないのは、意見を言うようにと口では言っていても実際は言えない環境だからです。

 

逆に外国では議論議論です。

日本は縦社会であるがゆえ自分より社会的地位が上の人に意見を言うなどもってのほかです。

しかし、日本が評価するのはその人の能力ではないため、それで上の地位に行った人は、自分に自信を持ってしまいます。

最近よく聞く、ただのうるさい何もできない上司です。

 

外国は同じ年でも給料はそれぞれバラバラです。

地位と年も関係ありません!

横社会であるため、意見も言いやすいです!!

互いに聞き入れようとし、試行錯誤していきます。

その人の能力ですべて決まるので、競争心が強いのです。

決まったやり方にとらわれず、いいと思った方法をバシバシやっていきます!

 

一方で日本では、何の理由もなく決まったイメージのようなものがあってそれをやらなければ排除されます。

よく考えてみると矛盾だらけです!

しかし、それを疑う者はいません。

協調性を大事にするためです。

つまり、とりあえず合わせておけばいい、なので考える力などなく、何も言わなくても伝わるという間違った常識が生まれます。

 

しかし、それに気づいても日本は、反対意見がたとえ少数でもある限り、何もしません。

何もしないほうが楽だからです!

 

学歴や社会的地位などで人を決めてしますのはそれが一番楽だからです!

一見正しいように見えてもそれは間違いかもしれません!!

考えを共有し、深めていくのが大事なのです。

 

あなたが普段当然だと思っている常識はなぜそうなのでしょうか、

何のためなのでしょうか?

人は心で分かり合うものなのではないでしょうか?

決まったやり方になんの意味があるのでしょうか?

 

 

 

広告を非表示にする