欲求不満の仕組み

誰もが自分の思い描いたとおりに物事が進まないということはあるでしょう?

その原因について考えていきます!

社会的比較というものです。

 

 

社会的比較とは?

人は周りの人によって大きな影響を受けます。

自分と自分の周りの人のうちの誰かとを比較するということは必ずあります!

そしてその比較の際、何らかの基準で比較します。

その昔、フェスティンガーが考案したもので「人は社会で適応して生きていくために、自分の能力の程度や意見の妥当性を評価しようとしてそのために社会的比較をする」

と言っています。

その社会的比較には大きく分けて2種類あります!

 

 

 

下方比較

 

 

下方比較とは自分よりも劣っている人との比較を行うことです!

自分より下の人ばかり見るので自己高揚動機を高めることができます。

その結果として、自分より下の人を見ることで自分の幸福感を増大させようとします。

自尊心に対する脅威を感じたときにこれは起こります!

日本人はこの傾向が強いように感じます。

というのは日本は協調性の国で、その人の能力や個性を評価しないからです。

つまり、自分が何者かわからなくなったりなど、不安やストレスを感じやすいのでその分自尊心が強くなります!!

 

 

 

上方比較

 

 

自分より優れている人、望ましい状態にある人と比較すことです。

これはある人を成功のモデルとして動くので自分を高めることができる人です!

一方で自分の不完全さを知って、意気消沈になってしまいます!!

私はこっちのタイプです。

外国人に多いです!

 

 

 

欲求不満の理由とは?

 

 

 

話が長くなりましたが、結局欲求不満になる理由として、日本に限っていうと、個人の枠組みで人を見ないことが問題なのです!

もっと世界に目を向けてそのうえで、もう一度自分の周りを見渡してみることが必要です!

そもそも自分にとって他者の存在は自分にとって情報源として機能します。

しかし一般化されたイメージのような人からは得るものありません。

具体的に比較することが大事です!

それを踏まえたうえで、いかに他者を尊重し、いかに効率よく関わっていくかが大事です。

私が思うに比較することがすべてではありません。

自分は自分で、他者は他者ということを肝に銘じておくべきです!!

この世に全く同じ人間など存在しないのですから。

それこそが個性です!

日本社会のように協調性で無理に調子を合わせるのではなく、個人の能力をいかに生かしていくのかが大事なのです!!!

それを広めていくには仲間を増やし伝えていくことが大事なのです。

 

広告を非表示にする