隠された人間の恐ろしい心理

人間に隠された恐ろしい心理について解明していきます!

今回は特に集団心理です。

かの有名なミルグラムの実験です!!

1960年ごろ、アメリカのイエール大学で実際に行われた実験です。

 

 

 

ミルグラムの実験とは?

 

 

 

世界を震撼させた恐怖の実験です!

新聞広告で集められた一般人の人を教師役と生徒役に分け、別室に分けて実験します。

 

 

f:id:worldstakanari:20160909101115p:plain

 

図のように分け、命令を出す指導者役、問題を出す先生役、問題に答える生徒役に分かれます!

先生役が問題を出して、答えられなければ電気ショックを与えるというものです。

電気ショックは問題を間違えるたびに電圧を上げていくというものです!!

電気ショックを与えるのは先生役で指導者役はただ命令を出すだけといったものです。

電流は上げていけば生命の危険に当たるものもあります!

しかし、先生役以外はすべてサクラです!

 

 

 

結果は?

 

 

 

被験者は全部で40人で、32人が最高電圧まで押し、全員が生命の危機があるゾーンまで電流をあげました。

この実験の真意は人は命令されればどこまでやってしまうのかです!

この結果が表すものは、人は権威がある人の前では言われるがままになってしまうということです。

そしてこの実験と似た実験がアメリカで行われました!

世界的に有名なメンタリストダレンブラウンが行った実験です。

 

 

 

レンブラウンとは?

 

 

 

メンタルマジックを専門とするイギリスのマジシャンです。

心を操る悪魔、心の魔術師といった異名があり、ほかのマジシャンと違い、心理学や催眠術を取り入れたパフォーマンスをも行うマジシャンです。

テレビでもよく出てくる世界最強のメンタリストです!

 

 

 

彼の実験とは?

 

 

 

彼の番組で行われた心理実験は、一般から極秘に人を選び、仮面を被った観衆達にその人の運命を決めて、リアルタイムでモニタリングを行うというものです!

実験の末、選ばれた人は車にはねられ死んでしまいます。

この実験の真意は、人は匿名でいかに残酷になるかを知らしめるものです!!

人は匿名になったり、自分の正体がわかりづらい環境にあると残酷になってしまいます。

これを没個性化といいます!

ネットや日本のような集団社会ではよく起こり得ることです。

集団の中ではほかにも人がいるから大丈夫だという責任の分散化により、安易に残酷なことをしてしまいます。

私たち一人一人がたった一つの選択で人に影響を与えることを自覚して責任をもっていかなけらばなりません!!