読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

はまってはいけない第一印象の落とし穴

心理学

f:id:worldstakanari:20160913131739p:plain

よく第一印象が大事だという話を耳にしますがそれはなぜなのでしょうか?

それを心理学的に分析してみます!

 

 

 

なぜ第一印象が大事なのか?

 

 

 

アメリカの心理学者アッシュはある人物の特徴について「知的、勤勉、衝動的、批判力がある、強情、嫉妬深い」と伝えた場合と「嫉妬深い、強情、批判力がある、衝動的、勤勉、知的」と伝えた場合の印象について調査しました。

前者は「多少欠点はあるけど優秀な人」、後者は「能力はあるかもしれないけど性格的に問題がある人」と正反対の評価を受けました!

前者と後者の違いは順番だけです!!

このように最初に受けたその人の印象がその人全体の評価となっていしまうことを初頭効果といいます!

 

 

 

なぜ初頭効果が起こる?

 

 

 

確証バイアスというものが働くからです!

人は自分の判断が正しいと信じたいもので、第一印象を裏付ける情報ばかり目が行き、それをひっくり返す情報を無視してしまいます。

特に日本という世界では、建前というものがあり、それにより自分を卑下しますがそれは印象を悪くしてしまいます!!

だから日本ではいい情報ばかり言うのです。

なんかの説明会やPOPといったものまで…

つまり、美人やイケメンのほうが印象がいいのです。

例えば難関大学を卒業した人は能力や人格的にも優れているかのように思いこんでしますはそのためです!!

これをハロー効果といいます!

CMや広告で美人女優やイケメン俳優が出てくるのはそのためです。

日本の広告は商品やサービスをアピールするのではなくて、美人女優やイケメン俳優を推します。

こう言ったことは日本にしかありませんが、こういったことから日本人はイメージを気にしていることが目にとれます!

アメリカの心理学者メラビアンが人の印象は会話の内容より、表情やしぐさ

つまり、中身よりも見た目で人を判断するという研究結果があります!

これをメラビアンの法則といいますが、同じ商品でも髪がぼさぼさの人から物を買うのと清潔感がある人から物を買うのとでは清潔感がある人が選ぶことをわかって言います。

しかしこれはすべてではありません!!

 

worldstakanari.hatenablog.com

 見た目や思いこみで人を判断するのはあるまじきことです!!!

そんなことで人を知ることはできないからです。

印象はある程度は大事ですが、それがすべてではありません!

では私のように悪人面の印象の悪い人はダメなのか…

そう思っている方に朗報です!

第一印象が悪くても、印象をよくすることができます。

それが親近効果です!!

 

 

 

親近効果とは?

 

 

 

アメリカの心理学者N.Hアンダーソンは実際にあった裁判をもとに実験を行いました!!

一方に被告人に不利な証言を二回して、もう一方に二回有利な証言を不利な証言の後に二回しました。

陪審員が出した結論は、後の有利な証言を採用しました。

回数を変えても同じでした!

このことから人は違う情報源から異なる情報を得ると、最後に得た情報に最も影響されることが分かりました。

初頭効果とは反対で終わりよければすべてよしってやつです。

要するに相手の髪形や顔の表情で人を決めてしまうのが、初頭効果で最後に会ったことから人を判断するのを親近効果です!

あなたはどちらでしょうか?

 

 

 

印象などの見た目にとらわれないために!

 

 

 

日本で当然と思われている多くは心理学や海外の文化を知れば、異常であるとわかります!

大事なのは自分を持つことです。

自分を持たなければ都合よく利用されてしまう羽目になります…

特にこの日本で常識と言われていることは、権力者のいいように作られたまやかしです!!

どのような人にもその人なりの魅力があるのです!

それに自信を持って人に迷惑をかけないようにしましょう。