読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

相手の真意に近づくためのテクニック

f:id:worldstakanari:20160917220254p:plain

自分ではこう思っているのに相手にうまいこと伝わっていないなんてことありませんか?

いわゆるすれ違いです。

以前にも説明しましたが、人にはそれぞれフィルターがあります!!

つまり、自分と自分以外の人の考え方がすべて違うということを認識しなければなりません。

日本ではみんな同じことを考えているという暗黙の了解がありますが、それは無理なのです!

すれ違いをなくすためには、相手をより引き出すことが大事なのです!!

 

 

 

 

 相手をより引き出すには?

 

 

 

相手の言葉を解きほぐし、深層構造を探っていく方法があります!

それがメタモデルです。

メタモデルとは優れたセラピストたちが多用する「この人が本当に経験したことは何か」と思ったときに役立つ質問のスキルです!!

私たちの日常生活においてパートナーと気が合わない、いくら話してもすれ違う気がして時には口論になるときもあるかもしれません。

そんな時にもメタモデルは有効です!

人間が伝えたい情報は省略、歪曲、一般化されます。

それをもとの完全な状態に戻すのがメタモデルなのです!!

 

 

 

省略を解きほぐす質問の例

 

 

「そのゲームはみんな持っているよ。」

みんなって誰?

 

 

「この前旅行に行ったんだ」

いつ、どこに旅行?

 

 

「あの人ってひどい」

どうひどい? 誰と比べてひどい?

 

 

 

歪曲を解きほぐす質問

 

 

 

「私はきっと嫌われているんだ」

なんで嫌われているの思うの?

 

 

「仕事を休んだら会社に迷惑になる」

具体的にどんな迷惑になる?

 

「この予算でマイホームなんて無理よ」

何があなたをそう思わせているの?

 

 

 

一般化を解きほぐす質問

 

 

 

「こんな仕事僕にはとても無理だ」

何が無理だと思わせている?

 

 

「子供は親のゆうことを聞くものだ」

もし子供を自由にさせたらどうなるの?

 

 

「親に一度も褒められたことがない」

本当に一度も褒められたことがない?

 

 

 

これらは例です。

応用はいろいろ効きます!

 

 

 

そしてもうひとつのテクニックがあります!!

チャンキングです。

 

 

 

チャンキングとは?

 

 

 

人の考えには細かさ、粗さといった「サイズ」があります!

NLPでは「チャンク」と言われています。

会話をするとき、このチャンクサイズを相手に合わせて大きくしたり、小さくしたりすることでスムーズな理解が進みます!!

例えば、「家計を楽にする」という課題を前にして「収入を増やす」「支出を減らす」といった大きなチャンクで話をする人がいますが、これでは一般的過ぎて、具体的には何をすればいいのかわかりません!

「旅行を減らす」「クーポンの使用」といった質問で詳細な内容を導くことができます!!

大切なのはお互いの心地の良い理解のために相手のチャンクサイズを意識した話し方をすること。

 

 

 

 

チャンクダウンとは?

 

 

 

より具体化、個別化、詳細化

⇒物事の細部がはっきりする

 

 

 

 

                彼女を作る

                  

         女友達を増やす、今いる女友達との可能性を広げる

 

などです。

 

 

 

チャンクアップとは?

 

 

 

より概念化、一般化、全体化

⇒物事の全体像を把握できる

            

 

 

           

 

           英語を勉強する

                     

                  翻訳家になるため

 

 

 

 

これらのテクニックをうまく使えばどのような場面でも使うことができます!

ここでおさらいですが、自分と相手の考え方は全く別であることを踏まえ、掘り起こすことが大事です!!

機械にいろいろな種類があって強みが違うように、人は違うのです!

仕事も恋愛もうまく使えばうまくいくでしょう。

すぐにでも使えるテクニックですので試してみてください。

リクエストや意見などあれば遠慮なくお寄せください!!