炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

心の中の葛藤を取り除く方法

f:id:worldstakanari:20160929110917p:plain

今回はなぜ都合よく考えてしまうかです!

心と行動に矛盾が生じてしまうのは誰もが経験があるはず!!

その時に感じる不快感をよく知り解決していきましょう。

 

 

 

認知的不協和とは?

 

 

 

認知的不協和とは自分の心と行動が矛盾し不快感を覚える状態です!

その時に生じる葛藤している状態のことを認知的不協和状態といいます。

代表的な例がたばこで、たばこを吸うと肺ガンになりやすいという情報が耳に入るとします。

しかし、依存症があるので簡単にやめることはできません。

そこで自分で交通事故で死ぬ人が多いやたばこを吸っていても早く死ぬとは限らないといったもっともらしい理由を考え、現状維持してしまいます!!

これはたばこに限らず、社会にあふれています。

アメリカの心理学者フェスティンガーが提唱したものでいくつかパターンがあります!

 

 

 

要素は?

 

 

 

 

1.人の知識は互いに調和する関係、2.互いに矛盾する関係、3.無関係のどれかになるとし、1は心理的に安定しているし、3はぶつかることはなく問題ありませんが、2は心理的に不安定で不快になります。

異常が矛盾を引き起こす要素になります!

要素が自分にとって重要であるほど不快感は大きくなります。

 

 

 

解決策は?

 

 

 

1.行動の変化

 

 

 

不協和を起こす要素の一方を変化させる。

タバコが止めれないが、健康も心配という場合、数量を半分にするのはこのパターン!

 

 

 

 

2.認知の変化

 

 

 

不協和を起こす要素の重要性を変える。

変えられない行為の正当化!!

 

 

3.新たな認知の付加

 

 

 

別の認知要素を加える。

 

 

 

4.新たな情報への選択的接触

 

 

 

不利になる情報を避けるなど。

 

 

 

といったものになります。

認知的不協和は社会でも良くも悪くも使われています!

いくら不条理な制約でももっともらしい理由をつけてしまえば成立してしまいます!!

 

 

 

すっぱいぶどう

 

 

 

すっぱいぶどうとは高い木にあるぶどうがあります。

しかし、いくらがんばってもぶどうをとることができません!

そこでぶどうはおいしくないからとらないといってあきらめます。

つまり、物事をやらない理由をもっともらしい理由をつけて正当化することです!!!

教育や政治でよくあるやつです。

 

 

 

甘いレモン

 

 

 

すっぱいぶどうとは反対に簡単にレモンが簡単に手に入りました。

よってそれを甘いと判断することです!

つまり、もっともらしい理由をつけ、現状を正当化することです!!

これらの二つはマーケティングでも応用されています。

買い物で物を買うときもっともらしい理由をつけて物を買ってしまうのです。

ネットビジネスではコピーライティングと言って認知を修正する言葉をキャッチコピーにするのです。

○○するだけで○○ってやつです!!

ライアーゲームでも使われています。

自分がAだと思っていることを周りがBと言っていると次第にストレスとなり、Bだと思うかAという理由を徹底的に探すようになります。

人間関係でもとても厄介で、あいさつしたのに返してもらえなかったとします。

それを自分が嫌われているからだと思ってしまうのです!

しかし実際には、ただ気づかなかっただけかもしれません。

日本での常識もそうです。

日本の社会ではなぜ髪を染めてはいけないのでしょうか?

皆さんはルールがあるからそれに従うのでしょう。

しかし、髪を染めて仕事に支障が出るのなら、髪が黒色でなければ仕事ができないことになります。

髪を染めて仕事ができないなら外国人は仕事ができないのでしょうか?

実際には外国人のほうが技術や効率では上です!!

大学生になると女性はみんな髪の色を茶色にしますが、なぜなのでしょうか?

スーツでなければ仕事できないのでしょうか?

すべては認知的不協和のせいです。

日本人は特に協調性の国なので流されやすいのです!

しかし、よく考えてみると理論的には何の意味もないものばかりです。

 

 

 

認知的不協和状態いならないためには?

 

 

 

認知的不協和状態になるのは、私が思うに自分と考えがはっきりしてなかったり、知識があいまいだったりするためにおこるゆえに日本人に多いのではないかと!!!

日本は実力と報酬が一致しない国なので、多発することでもあると!

このようにならないためには、周りがやっているからやる、ルールがあるからやるのではなく、自分で考えて納得してやること、そして自分が興味があることを見つけ、打ち込んでいくのが大事になります!!

人間には、自ら考え、行動できる知恵があります。

それは、ただ周りに流されるためにあるのではなく、自分で自分の世界を引き出して楽しむためにあるのです。

どんな人にも欲求があります。

それを満たそうとするのはもちろん当然のことですが、他人の欲求充足を妨げてはいけないのです!

自分の行動を今一度よく振り返って確認してみましょう!!