アメリカから見る世界の常識

f:id:worldstakanari:20161009112317p:plain

今回は世界の中心で私のあこがれの地でもあるアメリカの常識、そして世界では一般的となっている日本にはない常識を紹介しましょう!

これを知れば日本が嫌いになるかもしれませんが、それだけ日本が世界的に変わっているということなのです!!

その前にアメリカに興味がある人のために少しばかり、観光情報を掲載しておきます。

興味がある方はご覧ください。

 

 

 

 

時差と気候は?

 

 

 

地域によって異なります。

タイムゾーンが4つあり、それによって少し違います。

同じアメリカでも暑かったり寒かったりしますのでよくチェックしていきましょう。

地球の歩き方を見ていくことをお勧めします。

大体半日ぐらい日本より遅いです!

 

 

 

 

物価は?

 

 

 

 基本的には高いですが、食べ物などの生活必需品は日本より安いです。

外国では軽減税率が導入されていて、生活必需品(化粧品、食品など)は国にもよりますが3%だったり安いです。

さらには外国はまとめ買いが多い文化(パーティーが多いため)なので、何個も買うほうが安いです!

しかし、ワインなどの酒類は高いです。

税率はアメリカの場合は州で税率が違います!!

州税、消費税が二重にかかりホテルに泊まる場合は宿泊税がかかります。

税率高いじゃないかと思う人もいると思いますがその分、日本より制度が充実しています。

基本的に外国では教育や社会保障制度は日本よりもはるかに進んでいます!!

ただし、保険は遅れているので必ず旅行保険に入りましょう。

特に気を付けることはどんなにフレンドリーに話しかけられても距離を置きましょう。(誘拐、人身売買、窃盗などに巻き込まれる可能性があるため)

夜の7時以降は一人では絶対外に出ないといったものです。

ではアメリカの常識に移りましょう。

 

 

 

挨拶

 

 

 

店に行ったときは店員に挨拶する。(Hi! とあいさつする。)

日本でいえばいらっしゃいませと言われたら反応しませんが、外国では挨拶を交わさなければ失礼に当たります。

挨拶せずに商品を触ってしまうとマナーがないと思われます!!

よくあるのがエレベーターの問題です。

混んでいるときはExcuse meと降りなければ無礼になります!

日本ではよく見る光景ですが、エレベーターのボタンの前に立って、階を押したりするのは外国では迷惑になります。

開いたらすぐ降りましょう。

初対面の人でもハグや握手をするのは基本外国ではあります!

これらの違いは対人関係の考え方の違いです。

外国の方から見ると日本人は愛想がないと思われるのはそういうことも関係するのでしょうね~

 

 

 

 

酒とたばこ

 

 

 

アルコールが飲めるのはアメリカでは21からです。

基本的に外国では年齢確認ができなければ店に入ることはできません!!

旅行の場合はパスポートですね~

たばこは外国では基本公共の場所では禁止です

歩きたばこやポイ捨てはマナー違反です!!

Smoke Freeと書かれた場所は禁煙です!

酒もたばこも公共の場所では禁止です。

法律で罰せられます。

日本のようにその辺でたばこを吸うのは外国の方から見ると、考えられないことです。

外国の方が腹を立てるのも仕方ありません!

 

 

 

 

チップ

 

 

 

外国に行けば必ず直面するのがこの問題!!

外国ではチップを渡さなければマナー違反です。

基本的に料金の20%です!

基本どこに行っても払わなければなりません。

サービスに問題があった場合ははっきり言いましょう!

 

 

 

テーブルマナー

 

 

 

食べるときは音を立てず食器を持ち上げない!!(外国にかかわらずですね。)

レストランなどで注文をするとき、大声を上げない。

日本人のように注文の時に大きな声を上げるとマナー違反!!

テーブル担当のスタッフに言うか、手で合図するあるいは気づいてくれるまで待ちましょう。

会計の時は個々で払わない。(日本のようにレジでもめるのはうっとうしいようです。)

小銭ばかりで清算するのも会計を断られる場合あり!

食事の際、使わない手は膝の上。(机の上だとマナー違反)

ナイフとフォークのマナーを心得ておきましょう!!

 

 

 

 

 

 

列を横入りするのはバッド!(日本では多いですね~)

レジにスタッフがいなくても静かに待つ!(話し込んでいるときも同様)

 

 

 

その他

 

 

 

女性は意味なく髪を触ってはいけない。

これをやってしまうと不潔に思われてしまいます!

マスクをしない!!

感染症にでもなっているのではと思われてしまうので…

レディーファースト

日本にはない文化であっても多くの日本人が誤解して取り入れている文化です!!

外国では、ドアを開けてあげるだとかレストランで椅子をひいてあげるなどです。

車社会のアメリカでは列に入れてあげなけらばなりません。

レディーファーストはヨーロッパ発祥で貴族が毒見のために女性を扱っていて、

もともとは男尊女卑から生まれた訳ありな文化です。

外国のレディーファーストは女性に親切にという意味です!!

日本のように男性は必ずおごるといったものではありません。

外国ではおごっても痛ければ結婚しなければ不可です…

日本に来たことがあったり住んでいる外国人は言います。

日本のマナーは世界最低クラスだと…

レディーファーストについての詳細はこちら!!

 

worldstakanari.hatenablog.com

 

 周りの人がくしゃみをしたらBless you!と言う。

外国ではくしゃみをすると魂が抜けるといわれているからです!

した場合はExcuse me!と言います。

ビジネスアワー(店の営業時間)

店や国にもよりますが、だいたい7時にはどんな店も閉まります。

土日は1、2時間早く締まります!!

残業は基本ないので日本とはかなり違います。

外国では、限られた時間でいかにするかという考えなので外国のほうが仕事はしんどい!!!

アメリカでは本当に自分が悪いと思わない限り、絶対謝らない。(賠償金をとられるから)

 

 

大体これぐらいです!

外国と日本人の違いは日本では迷惑をかけないのが前提なので、法律がなければ誰もルールを守りません。

外国は個性の国なので、迷惑は当然で可能性を引き出す邪魔をしないのが当然です。

つまり、臨機応変にルールが変わり、みんなそれを守ります!

人の違いとしては自己主張が強すぎるぐらい強いのが外国です。

ヨーロッパ系の人は日本人に近いといわれていますが、それでも自己主張は強いです。

自分の意見を言うこと(年齢や社会的地位は関係ない)が当然でそれで国が動いています。

さすがは世界水準ですね~

私が思うに国際化とは日本ではただの商業目的ですが、海外では世界水準に合わせるということだと思っています!!

外国の文化や習慣を取り入れるなどです!

もちろんそのままやってもうまくいきませんがね…

日本にある常識などよく考えてみれば中身のないものばかりです。

外国で考えること(特にアメリカ)は必ずウラがあります!

それを見抜くことが必要となります!!

今いる世界が正しいのか否か、それを知った上で変わっていけばいいのです。

この日本に変化を!!

心理についての違いはこちら。

 

worldstakanari.hatenablog.com

 

 

 

 

いかがでしょうか?

外国は人がなっていないと日本人は言いますが、真実は真逆だったんです!!

何か意見があればお待ちしています。