読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

贈り物文化から見る日本社会

外国から見た日本

f:id:worldstakanari:20161019141816p:plain

皆さんは気にしたことがないでしょうが、これは皆さんが何気なくやっていることではないでしょうか?

しかしそれも独特なものであることに皆さんは気づいていないでしょう!

それは現代の国際社会において、海外から見れば謎だらけなのです。

そしてそれは人の違いでもあります!!

 

 

 

1.現金

 

 

 

結婚祝い、出産祝いなど現金を送る文化が日本にはあります。

祝儀袋などの専用の袋に包んで渡す!

日本では当たり前でも外国では、親が結婚をした時に子供に現金を渡すことがありますが、専用の袋は存在しません!!

そして日本のように形式的ではなく…

海外では基本的に相手に何かを送るときはモノです。

自分の欲しいものをリストアップする人もいるぐらいです!

現金を贈るのは生々しいと考えるからです!!

私が思うにこれは歴史の名残であり、形式を気にしすぎて中身を気にしない日本だからでしょう。

武士の時代に自分の大事な剣などを送って信頼の証とした時代の長さそして長い間鎖国していたことからきているのでしょう!

私に言わせれば形だけを気にするのは意味がないことです!!

過去はそうでも時代は進化しているということを自覚するべきなのです。

 

 

 

2.お返しは絶対

 

 

 

日本では何かをもらえばお返しをするのは当然です!

たとえ相手がお返しが必要ないと言っていても返さなければなりません。

しかし、海外ではお返しが必要ないと言われれば絶対お返しはしません!

海外では出産祝いを渡した時などもらった側が予測していない時が多い!!

贈り物は気持ちであり、もらったことは感謝するが、返すかどうかは個人の自由という考え方です。

日本にはたてまえという文化があります!

外国人もそうですが、私が思うになぜ思ってもいないことを言うのだろう?

そんなことに意味があるのかと感じます。

先ほども言ったように形だけの文化つまり無意味だと思います!!

 

 

 

3.お土産

 

 

 

日本ではお土産産業は大規模です!!

それは誰もがどこかにいけばお土産を買うからです。

海外にもお土産を買うことはあります!

しかし、外国人にとってお土産を買うのは、親友や家族間のみです。

それが一般的であり、それをあげるのもあげないのもその人の自由です!

欧米人にとってのプレゼントとは思いがけないものであり、日本では通過儀礼のようなものというとらえ方があるようです!!

なおこの欧米の文化は映画のスパイダーマンでよく見かけます!

これもたてまえというやつです。

繰り返しですが、無意味です!

 

 

 

4.開けてもいい?

 

 

 

日本ではプレゼントを開ける場所は様々です!

本人の目の前で開けるか、本人がいないところで開けるかは賛否両論です。

海外ではその場で開けるのが一般的です!!

開けてもいいと断りを入れる必要もありません。

これは映画ハリーポッターで確認することができます。

日本では基本的には相手主体です!

言葉で見ると英語は必ず主語から始まります!!

Iから始まります。

日本にはそれがありません。

それゆえに起こったことではないかと私は思います。

 

 

 

5.包装紙

 

 

 

日本ではきれいなラッピング、柄にもこだわります。

一方海外ではテキトーです。

開けるときは日本では破らないように開けますが、外国ではびりびり破いて開けます!

日本ではラッピングも含めてプレゼントであり、海外では早く開けたいと思うからこその違いのようです!!

海外では自分でラッピングする人も多い!

私の考えで言えば、早く開けれるほうがいい、きちりとしているのはめんどくさいと思います。

 

 

 

 

6.つまらないものですが…

 

 

 

日本では定番の言葉です!

クッション言葉で相手の緊張をとるなどいろいろな意味があります。

外国には存在しません!!

外国には敬語は存在しないからです。

私に言わせれば形だけ文化の日本だからあるのだと思っています。

くどいですが、たてまえつまりは無意味なものです!

 

 

 

まとめ

 

 

 

このようにたてまえつまり無意味なものがあります!

そして日本人の心は貧しい…

世界共通のものといえば女性は怖いということですかね(笑)

日本は協調性の国でみんながみんな同じだという考えがあるからでです。

しかし、これはどう考えてもあり得ません。

生まれや育ちが違うのですから!

日本人女性はなぜみんな茶髪(大学生になったらなぜみんな染める)なのでしょうか?

日本人(特に男性)はなぜみんな同じ髪型(髪色)なのでしょうか?

日本人はなぜ同じ格好(スーツ)なのでしょうか?

日本人はなぜ思っていることを言わないのでしょうか?

言い出せば山ほどあります!

これを理論的に答えれる人はいないでしょう。

意味はないのですから。

これが日本の協調性です!!

外国人からすればなぜわざわざ髪色(髪型がみんな似たようなもの)を変えたり、一緒に行きたくない相手(取引先や上司)と食事に行ったりするのかシンプルな感情で生きている方々にはわかりません!(私もそうです)

形だけの習慣や変化には意味がないのです。

それよりも中身を変えていくべきなのです!

日本人はいつになれば気づくのでしょうか?

日本人は国際化をただのビジネス(ハローウィンもビジネス目的で伝わった)としてしか捉えていませんが、私が思うに国際化とは世界水準までもっていくことだと思います!

社会のシステムや考え方あらゆることをそれぞれ国々で取り入れて変化させるべきなのではないかと!!

国際化の時代に日本人は世界に恥をさらしていると気づくべきです。

世界を知るということは、広い目で自分の周りの世界を見れるということです!

変えていこうじゃありませんか…

外国と同じようなことをしても、そこにオリジナリティーをプラスしていけばいいのです!!

日本のすべてを変えろとは言いません。

しかし、人の可能性をつぶすまでの協調性や意味のないたてまえは必要ない!!

もちろん残すべき伝統文化や伝統芸能のもありますが、社会のシステムや考え方を改めるべきだと幼少期から感じてきました!

いかがでしたでしょうか?

感じたことや意見などあればお待ちしています。

https://twitter.com/?lang=ja

ツイッターのリンクからどうぞ!!