炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

自分の気持ちをうまく伝えるスキル

今回お伝えするのは自分の気持ちをうまく伝えるスキル。

自分が思っているように伝わらないことってよくありますよね?

それを心理学的に解剖してご覧に入れましょう!

f:id:worldstakanari:20161207104810p:plain

 

 

 

アサーション

 

 

 

 

ズバリ自分の意見を伝えるのに必要なのはアサーションです!!

アサーションとは自己主張のことです。

といってもただ自分の意見を押し通すのではなく、自分と他者の両方を尊重したうえで自己主張をしなければなりません。

つまり、自分と自分以外の人は違うと思わなければなりません。

例えば、ひとえに食べに行くといっても焼き肉を食べに行くことかもしれないし、お酒を飲みながら軽く食べることかもしれない。

食べに行くといっても焼き肉屋に行くか居酒屋に行くか思うことは人によって違うということです!!

捉え方は人それぞれということです!

 

worldstakanari.hatenablog.com

 

 

 

 

 

自己意識

 

 

 

心理学では自己意識には2種類あります!

私的自己意識と公的自己意識です。

私的自己意識とは簡単に言えば自分の考えを中心に考える考え方のことです。

つまり、これが強い人は自己中です。

反対に言えば公的自己意識とは、他者の意見を第一に考える考え方です!

つまり、これが強い人は自分と意見がないということです。

アサーションではこの中間を目指します。

他者に気を配りながら、自分のことも考えることができるタイプです!

そして、このアサーションにもタイプがあります!!

 

 

 

アサーションのタイプとは?

 

 

 

 

アサーションのタイプには自己中タイプを攻撃的(アグレッシブ)、気配りタイプを非主張的(ノン・アサーティブ)、自分も他者も考えるタイプをアサーティブといいます。

アサーティブの特徴は自己表現をする際に、正直で協調性のある柔軟な対応ができることです!

アサーションとはアサーティブを目指すためのトレーニング法です。

まず、自分がどのタイプかを知り、考え方の癖を直し、言葉遣いなどを学びます!!

中でも重要なのが自分の気持ちをしっかり把握することです。

まずは自分の心と向き合うことが第一歩なのです!

 

 

 

自分のタイプを知るには?

 

 

 

 

簡単なテストがあります。

恋人と高級レストランに行きました!

そこで注文したものと違う料理が出てきました。

次のうちあなたならどうするでしょうか?

赤い部分だけを見て、どれかを選んでみてください!!

 

 

 

 

①恋人に愚痴をこぼす。

 

 

 

 

店員には何も言わない。

恋人に愚痴を言い、注文と違う料理を仕方なく食べる。

せっかく来たのに公開の気持ちでいっぱいになる。

 

 

 

②ウエイターに怒鳴る。

 

 

 

 

注文したものと違うものが来たことをウエイターに怒鳴る。

作り直してもらったことには満足だが、恋人との雰囲気はまずくなる。

 

 

 

③ウエイターに落ち着いて伝え、料理を替えてもらう。

 

 

 

 

注文したものと違うことが出てきたことを落ち着いて店員に伝え、作り直してもらう。

おいしく食事ができ、満足する。

ウエイターも、客が気持ちよく過ごし、気分がいい。

 

 

 

①非主張的

②攻撃的

③アサーティブ

 

 

 

 

どんな時に使う?

 

 

 

自分の気持ちをうまく相手に伝えられず、気まずくなったり、相手を怒らせることやある特定の人とだけうまくコミュニケーションが取れないと言うとき、アサーションは役立ちます!

相手の発言や態度を見ながら、自分の意見を相手の気分を損ねずに伝えることができるようになるからです。

相手も気分よく会話ができるので、お互いが楽しく、コミュニケーションが取れるようになります!!