読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

人間関係を考える

人間の悩みの9割が人間関係といわれるこの世界!

それをアドラー心理学から解明していきましょう。

f:id:worldstakanari:20161212183129p:plain

 

 

 

アドラー心理学とは?

 

 

 

 

当然ですが、アドラーという人が考えたものです。

心理学といえば、フロイトを思い浮かべるかもしれませんが、アドラーはかつてフロイトと行動を共にしていました!

フロイトが夢判断について発表した時、猛烈な批判を受けましたが、アドラーだけがそれを擁護したことをきっかけに水曜心理学協会に招かれ、仲を深めました。

しかし、考えの違いを理由に仲たがいし、それぞれの道を…

アドラー心理学とは、個人心理学で、人間の無意識を意識と分離不能と考える考え方です!!

フロイトの心理学との違いは原因論目的論という違いがあります!

フロイトの心理学は過去に目を向けますが、アドラーの心理学は、未来に目を向けます。

アドラー心理学とは、目標を正しく導き、勇気づけるための心理学です。

 

 

 

 

人間関係とは何か

 

 

 

アドラー心理学がどのようなものかはお分かりいただけたと思います!

では本題に入ります。

アドラー心理学では「人間の悩みはすべて人間関係」ととらえています。

恋愛、上司、周りの人から感じる劣等感、仕事がうまくいかない…

すべてたどっていけば人間関係でしょう!!

人間関係がよければ悩みはなくなるという理屈です。

 

 

 

人間関係の4大素

 

 

 

1.自分

 

 

 

自分をどうとらえているかということになります。

これも人間関係の重大な要素です!

 

 

 

2.相手

 

 

 

相手が自分をどう受け止めているか

 

 

 

4.環境

 

 

 

自分自身の置かれている場面。

 

 

 

3.関係

 

 

 

その場面における他者との関係。

上司と部下。

先輩と後輩。

同僚、友人、恋人など…

 

 

 

人間関係はシンプルに考えるとこの4つから成立すると考えられています。

 

 

 

 

解決策

 

 

 

 

これらで悩む場合どう解決すればいいのでしょうか?

単純に考えれば環境、自分、人間関係のどれかが変われば人は変わるということになります!

環境を変えることは、職場や学校を変えるということです。

可能ですが、変えてよくなる保証はありません。

人間関係は上司と部下、先輩と後輩です!

これは変えるのが難しいでしょう!!

相手を変えることは私たちの多くが思うことではないでしょうか?

相手が自分をどう思ているか、上司や先輩、夫や妻、子供にこうであってほしい、ああしてほしい、こうすればもっとうまくいくのにと感じます!!

しかし、これは不可能です!

強制的に人の行動を変えようとすれば反発心が生まれます。

パワーハラスメントもそうです。

周りの人を自分の思い通りにしようとするから、人間関係が悪化し、結果として仕事のパフォーマンスが下がるのです。

会社という枠組みで考えてみると、アメリカでは家族を第一として考え、仕事の効率のためにはプライベートの充実が不可欠だという考えがあります!

反対に日本では、会社のために社員はなんでも犠牲にするのが当然だと思っています。

しかし、それはただの都合のいい考え方です。

その考えのせいで1人の若い命が失われてしまいましたが…

この考えが覆らないのは、日本人に自己主張がないことと、経営者や上司が意見が言えない環境を作っているからです。

現に世界で比べてみると日本の労働者環境は地に落ちています!!

さて話が変わってしまいましたが、残ったのは自分です。

つまり、自分を変えた方が人間関係がよくなるということになります!

よく友達がこれをしてくれない、上司がこれをしてくれないと嘆く人がいますが、

自分に問題は本当にないのでしょうか?

周りの人を変えようとしても時間の無駄です。

それよりも自分の行動を変えた方が相手の反応も変わっていきます!!

広告を非表示にする