読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

海外のプロが言う海外に行くときに気をつけるべきこと

大学生ならそろそろ海外に行って最後の思い出作りの頃ではないでしょうか?

初めて海外に行くなら何かと不安も多いのではないでしょうか?

私も海外行きの予定が…

私の経験から注意点をピックアップします。

 

 

 

トランク

 

 

 

トランクを持って行かない人はいないと思いますが、ロックをかけた上にベルトでさらに固定することをおすすめします!!

なぜなら帰りになんか(お土産など)入れたときに万が一ロックが外れてもカバーできるからです。

また自分のトランクの目印にもなります。(ネームタグでも可)

特に壊れ物の場合は必要です!

忘れないようにすべきこととして、荷物制限(23kg以内)に気をつけましょう。

行くときはそれを考慮して、荷物少なめで生きましょう!!

 

 

 

 

携帯電話

 

 

 

携帯電話はみんなが持って行くと思いますが、空港で登場する前に必ず機内モードにしておきましょう。

これをしないとあり得ないほど高いパケット代が請求されます!(短期間でも同様)

人にもよりますがルーターを持って行けば便利!!

そして忘れてはいけないのが変換ケーブルです。

変換ケーブルとは、場所によって充電する場所の形が違うのでそれを補うためのものです。(アメリカ、カナダは不要)

電気屋に行きましょう!!

電化製品はすべて必要です。

ちなみに携帯電話とインターネット以外は海外対応か確認の上、場合により変圧器が必要です!

 

 

 

財布

 

 

 

財布は長財布は絶対に持って行かないようにしましょう!

なぜかは海外で1回体験するとわかります。

現金は基本的にはカードが一番ですが、トラベラーズチェックや現金でもいいでしょう!!

しかし、必要な分だけにしましょう。

両替は基本的には空港でしましょう!!

一番楽です。

 

 

 

液体

 

 

 

液体は基本的にはトランクの中です!

持ち込むもの(コンタクトや目薬)、常備薬もですが英語の診断書を持って行きましょう。

国によっては捨てられてしまいます。(ペットボトルも同様)

透明のキットに入れて着ない持ち込みがルールです。(100mlの制限あり)

 

 

 

洋服

 

 

 

洋服は一週間以上などの長い期間でも、三日分をめどに持って行くことをおすすめします!!

ですが、下着は日数分持って行きましょう。

洋服を持って行きすぎてしまうと帰りにお土産を買えなくなるので買う人は少なめで生きましょう。

荷物が少なくてすみます。

季節が変わるところへ行くときはウインドブレイカーを持って行きましょう!

 

 

 

 

下準備はこれくらいでしょうか…

次は現場で気をつけることです。

 

 

 

 

時差ぼけ

 

 

 

海外に、特に遠くに行けば行くほどあるのが時差!

これはとてもしんどいんです。

対策として出発の前日はほとんど寝ないことをおすすめします。

現地の時間に少し抵抗力をつけるという意味で役に立ちます。

筋肉痛みたいなものなのでほっといても治ります!

 

 

 

飛行機での過ごし方

 

 

 

意外と困るのが飛行機の過ごし方。

私の過ごし方としては、前日ほとんど寝ず、飛行機で熟睡するというものです。

これで体力満タンで海外満喫できます!!

その後時間あったら、映画をひたすら見ます。

それで一日飛行機でもすぐです。

一人旅じゃない場合は同伴者と会話のゲームを楽しみましょう!!

 

 

 

 

街を歩くときの格好

 

 

 

どんな鞄を持っていくかで悩む人を多いはず!!

動きやすい格好が基本です。

リュックはやめておいた方がいいです。(私はリュックでいつも行きます)

たすき掛けできる鞄を持って本当に大事なもの(財布とパスポート)は常に身につけておきましょう!

 知らない人から話しかけられたときは絶対スルーしましょう。

誘拐、窃盗、殺人に巻き込まれてしまうかも…

テロが活発になってきているこのご時世、己の防犯意識でいかに行くかが大切になります。

夜歩くときは絶対に一人で歩かないようにしましょう。

よほど慣れているなら安心ですが、そうでなければどうなるかわかりません。

 

 

 

 

バスタイム

 

 

 

皆さんはバスタイムどうしているでしょうか?

外国はシャワーを浴びるのみが基本です。

ユニットバスと行ってトイレと一緒なので浴槽に入り、そこでシャワーを浴びます。

シャンプーやボディーソープは普通は向こうにあるので持って行く必要はありません!

オーストラリアやニュージーランドに行く場合はバスタイムはとても短いのが当然です…(水不足のため)

 

 

 

チップ

 

 

 

言葉の次に困るのがチップでしょう?

チップは飲食店、ホテルなど基本すべてに必要です。

目安は料金の15%で、ホテルの場合ポーターに、あるいはハウスキーピングサービスの人に渡さなければなりません!

詳しくはガイドブックをチェックしましょう。

ちなみにチップを払う理由として、レストランではウエイターの収入が低いためなどの救済措置としてマナーとして行われています!!

 

 

 

犯罪

 

 

 

残念ながら日本人は犯罪のターゲットに良くなります!

貴重品は必ず身につけておくことを常に心がけてください。

正規のタクシー以外は乗らない、知らない人はスルー、偽警官などに気をつけるなどいろいろあるのでガイドブックを読んでから行くことをおすすめします。

万が一のために旅行保険は必ず入りましょう。

海外には保険制度はありません。(風邪で3日入院で家を売った人もいる)

やり過ぎなぐらい警戒心を常に持ちましょう!!

ヨーロッパでは家族丸ごと窃盗団がよくあるパターンです。

ぼったくりや偽物ブランドの売りつけなどでだまされる場合も多いので、調べて尽くしてから行きましょう。

 

 

 

基本はこんなものでしょうか…

これだけ把握しておけばなんとかなるのかな…

それではいい旅を!!