炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

心ときめく海外のバレンタイン事情

いよいよバレンタインデー!!

女性ならチョコを作る人も買う人も準備がいろいろ…

男性ならもらえたりもらえなかったり…

ちなみに私は、友チョコしかもらったことなく…

しかし、これも日本ならではの事情!

世界の事情を知れば心がときめくでしょう。

 

 

 

 

そもそもバレンタインデーはあるの?

 

 

 

英語でもバレンタインデーがあるので無論あります!

しかし、習慣が全く違います。

まずお返しのホワイトデーがありません。

お返しをすると言っても恋人や家族のプレゼント程度で、返す日をもうけるというのはあり得ないことなのです。

義理チョコや友チョコもないので、もらえるなら本命のみです!!

 

 

 

海外のバレンタインデートは?

 

 

 

欧米や西洋で差はありますが、海外でのバレンタインデートはチョコレートをあげる日ではありません。

さらに言えば女性から男性に対して送るものでもありません!

じゃあ何を送る、何の日なのという疑問を持つ人が多いでしょうが、実は海外ではバレンタインデーとは男性から女性へ告白する日なのです!!

双方の場合もありますが…

何を送るのかというと、花束やカードが一般的。

西洋では、婚約を発表したりという縁起のいい日でもあります。

バレンタインデーにお金をかけるのもざらです。

バレンタインデーとは友達や恋人、男女関係なく愛を伝える日なのです!!

ちなみにアジア(韓国など)ではブラックデーと言うものがあってチョコをもらえなかった男性が自分を慰める日なのです。

せつない…

 

 

 

なぜ日本はこの習慣になった?

 

 

 

理由は簡単です。

その昔、2月になると、製菓業界は売り上げが減りました。

そこで、バレンタインデーやホワイトデーといって、チョコレートが売れるように最もらしい理由をつけて、チョコレートを売り出しました。

それが、ヒットして今のようになったと言われています!

ほかにも、クリスマスのケンタッキーやブラックフライデーもそうです。

単なる売り上げ戦略にはまってしまっただけのことなのです!!

1950年ぐらいのことの話です。

 

 

 

イスラム圏のバレンタインデー

 

 

 

外国でもさらに変わっているのがこのイスラム圏。

イスラム圏ではバレンタインデーを祝うのは禁止なのです!

イスラム教文化を侵害する西洋の企みとして、死刑になることも…

しかし、みんな秘密に行っているのだとか…

 

 

 

 

バレンタインデーの始まり

 

 

 

ではバレンタインデーとはいかにして始まったのかを見ていきましょう。

バレンタインデーとは、世界で愛を誓う日であると考えられています!

時は古代ローマにまでさかのぼります!!

戦争中の古代ローマ、時の皇帝クラウディウス二世は、兵士が家族や恋人を欲しがって、士気が低下しないよう恋愛禁止にしていました。

しかし、キリスト教司祭である聖バレンティヌス(聖バレンタイン)は、結婚を望む兵士達のためにこっそり結婚式を行っていました!

これが、ローマ教皇の逆鱗に触れてしまい、269年二月十四日処刑されてしまいました。

その後ローマでは、殉教した聖バレンタインが愛する男女の守護聖人となり、春の訪れと聖バレンタインのエピソードが時とともに混ざり、十四世紀には、今と同じバレンタインデーになったと言われています!!

 

 

 

ヨーロッパから来たバレンタイン

 

 

 

では詳しくバレンタインを解剖していきましょう!

ヨーロッパ諸国では、バレンタインデーに男女が互いにカードを送り合う習慣がありました。

男性から女性に送る習慣は、イギリスから始まったのだとか…

カードに花を添えて贈ることで、求愛のイベントとなったのです。

イギリスでは、二月十四日になると、男性が女性のためにデートをセッティング。

しかもロマンチックなものでなければだめなんだとか…

すてきなレストランを予約し、花束を持って男性が渡します!

どんなカップルであれ、最初にあったときのようなときめきが大事なのだそう。

そしてその習慣はアメリカに渡り、それは映画の一部分として見ることもできます。

プロポーズをしたり、結婚をしたりするのが一般的に珍しくないそうです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

本来のバレンタインデートは愛を誓う日!

男性から伝えるのが主ですが、女性からでも問題はなし。

あなたも愛を誓ってみては?

よく幸せとは結婚をすることか否かと考えることがありますが、あなたにとっての幸せとは何でしょうか?

私が考える幸せとはもちろん恋人や結婚してることも正解だと思います。

ですが、私が思うに幸せとは自分が熱心になれることに力を込めれることだと思います。

私の場合は語学でしょうか…

あるいは友達などとのお話、趣味に時間を過ごすこと。

さらに言えば幸せとは自分が決めた目標に達した世界にいけたときではないかと…

 目的を自分で作り、それを追いかけてこそ、面白い人生!!

それに近づけば近づくほど幸せなのではないでしょうか?