読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

真の自分を解き放つ方法 PART2 ~己の殻を破れ~

 以前ご紹介した人間に最も多いあるあるの続編です!

続きが気になる人も、ここから読む人もいるでしょう…

では早速参りましょう。

なお、前回の記事はリンクを添付しておきます。

 

worldstakanari.hatenablog.com

 

 

 

 

「いい人」の特徴

 

 

 

嫌われたくないばかりに、自分を隠していい人になろうとする人は、どうすればいいのでしょうか?

まずは、自分が仮面をかぶっていることを認めることです!!

いい人の仮面をかぶっている人は、小説や事件などに出てくるサイコパスの人格とは逆です。

まずは、サイコパスの特徴を知っていきましょう!

 

 

 

1. 他人を操る力に優れている

 

 

2. 衝動性が高い

 

 

3.  スリルを追い求める

 

 

4.  感情に乏しい

 

 

5.  誇大妄想がある

 

 

6. 病的な嘘つき

 

 

以上です。

サイコパスは、犯罪者研究から生まれた概念ですが、犯罪者のすべてがサイコパスではありません。

連続殺人犯や詐欺師に多いと言われています!

要は、他人の苦しみに全く共感できない、あるいはしない人格障害の一群で、人口の2%います。

サイコパスのすべては、刑務所にいるのではなく、あなたの周りにいます!!

口が達者で、他人を操るのに長けています。

しかも、自己中心的で、自分は無条件で他人より優れた存在であり、価値がある人間だと思っていて、自分のために他人の犠牲が当然と思っています!

平凡を嫌い、スリルを求めているから犯罪を犯すのかもしれません…

しかし、知能指数の高いサイコパスは、犯罪には手を出さず、仕事の上では高い能力を発揮する事も多いようです。

どんな状況でも冷静なため、有能さを評価されます!

しかし、結婚や人間関係となると違います。

単純に考えればいい人の仮面をかぶっている人はこの逆と言うことになります。

石橋をたたきすぎて石橋を割っちゃうぐらいの人です。

ちょっと卑劣なくらい相手にへりくだり、嘘をつくなんてとんでもない。

正直一途な人です!

これは退屈そのものです!!

あなたが自分をいい人だと思っているのなら間違いなく仮面をかぶっているといえるでしょう。

 

 

 

 

なぜ仮面を取らなければいけないのか?

 

 

 

嫌われないようにするあまり、ありのままの自分を出せず、仮面をかぶっている状態は、無理がかかっています。

これがひどくなれば鬱病になってしまいます!

また、不安が強くなって慢性の不安状態になってしまい、全般的不安障害と診断されるまでになる人もいます。

うつ病というのはとてもやっかいで、エネルギーが枯れた状態で何もやる気が起こらず、ただつらいのです!!

ひどくなれば自分なんていない方がいいと思うようになります。

私もうつの経験者ですが、無限の地獄の中にいるような感じです。

うつは、その段階によって対処法が異なり、ひどくなれば薬による治療を受けなければいけません。

 

 

 

心だけじゃない!?

 

 

 

いい人の仮面をかぶり続けていると、体にも異変が出てきます。

心身症自律神経失調症などなど…

肩こり、頭痛、腹痛、多汗など様々な症状が現れます!

時代のせいか慢性疲労症候群線維筋痛症にも…

心の緊張だけでなく体の緊張がこのような結果を招きます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いい人の仮面をかぶるのは幼いときから嫌われたくない、もっと言えば嫌われるのが怖いという感情が成長につれて、硬化してしまった結果です!

たとえ嫌われた経験がなくても、経験がないことが起こるのが怖いものです。

死などそうです!!

特に日本人は相手の目を気にする文化です。

しかしその結果、生き辛くなり、仮面を外せなくなります。

だからこそ仮面を取ってみようとは思いませんか?

周りの目ばかり気にしていてもきりがないのです!!

この話題はとても奥が深いのでまたさらに掘り下げていきたいと思います。