炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

時間を有効活用しない日本人は不要なり ~時間に強欲になれ~

今回は時間の使い方について提供したいと思います。

これほど身近で難しい話はないだろう。

しかし、世界から日本を見たとき日本人というのは、時間を有効活用しないと思われているようだ…

それはなぜなのか、どうすべきなのか解いていきましょう。

 

 

 

時間のルール

 

 

 

まずは、時間のルールというものを述べておきたい!

今という時間は一度きりだと言うことです。

人の一生にある時間なんてたかが知れている…

くれぐれもタイムマシンができたら何も心配はないと思わないことだ。

万が一、タイムマシンができても過去は買えることができないからだ!!

パラレルワールドというのがあって、時間にはそれぞれ軸というものがあり、

それを元に我々の時間が成り立っています。

つまり、過去を変えて違う未来になったとしてもそれは別の世界として残るのです。

ドラゴンボールをご覧になる方なら、未来トランクス編をご覧になればパラあれるワールドについてよくご理解いただけるだろう!

話を戻しますが、人の一生というものは限られていてその中でビジネスとプライベートを充実させていかなければならない。

一秒たりとも無駄にはできない!!

 

 

 

なぜ日本人は時間の使い方を知らないと言われるのか?

 

 

 

これは、私と外国人がよく思うことだが日本人は時間の使い方を全くわかっていない!!

ここで日本人の生活を分けて見ていきましょう!

まずは、日本の大学生の場合を見ると、日本人はいったい何のために大学に行っているんだろうと言うぐらい勉強しない。

アルバイトに明け暮れたり、遊びまくったりなど…

外国では入学後、クラス替えや進級試験など何かと試験があってそれどころではない。

特にアメリカの一人暮らしの大学生なら、ほとんど寝る時間などない!!

世界の学生の平均的なものとしてもあるのは、夏休みなどの長い休みでも学校に来ている学生は多い!

これは講習を休みの間にやっていて、単位が足らない人やさらにスキルを磨きたい人に向け行っているのだ。

これは、通信教育も可能で田舎に帰ってもできるというものだ。

学生の半分ぐらいはこうして生活している。

もう半分は、インターンシップだろう!

といっても日本とは全く違う。

それは日本では軽く仕事がどういうものか知る程度だが、外国ではばりばりのもので自分が行きたい企業での下積みやスキルアップです!!

日本では、所詮は形だけをまねたとりあえずといったものです…

あなたはなぜ大学に行くのでしょうか?

なぜその専攻を選んだのでしょうか?

あなたの人生の目標は?

日本の教育を見たときに日本人には意志や目標と言ったものが育めないものになっているのです。

日本人のほとんどはなんとなく生きているでしょう。

そんな学生がいざ社会人になっていったい何ができようか?

いやなにもできない…

最近残業について問題になっているが海外にはそんなものはない!!

あなたは日本の有給休暇取得率をご存じだろうか?

答えはわずか7%だ。

ちなみに外国では法律があるのでみんなが取ります。

これは、世界最低ランクだ。

最近、世界幸福度ランキングが発表されたが、日本は53位で先進国なのに発展途上国にも劣る!

世界で一番物価が高いと言われるスイス。

そのわけをご存じだろうか?

スイスでは大半が時計関係の仕事に就き、物価がとてつもなく高い!

それは労働者の立場を守っていると言うことなのだ。

物価が高いと言うことは、人件費にそこまで経費をかけていると言うことだ。

裏を返せば、日本では労働者の立場は守られていないと言うことです。

私に言わせれば、日本人は仕事の仕方を変えるべきです!!

たばこ休憩でちょこちょこ休んだり、会議を無駄に多くしたり、上司が帰らなければ部下は帰れない、社内行事の名目での飲み会。

これらをなくせば、仕事を遙かに効率よくできるのではないだろうか?

順に説明すると、たばこを会社でちょこちょこと吸っているから集中できない、むしろたばこを吸うのは自己管理ができていない証拠で、海外では懲戒免職や昇進ができないといった処分になる。

公共の場所でも法律で禁止されている!!

会議を何度も繰り返すより、まとめてから話す方がいいのに…

上司より部下が先に帰って何の不都合があるのか…

よく最近飲み会に若者が参加したがらないというのがとりあげられますが、そもそも自分の時間を大切にして何が問題なのだろうか?

時間も金ももったいないのに…

しかも場所を押さえるのも部下なら面倒なことを押しつけているだけなのではないか…

酒を飲みたければ行きたい人だけ行けばいいのに…

休日出勤や接待なども同様に…

これらは外国人も思うことです。

私が思うに自分が行うすべての行動に意味づけが必要なのだ!!

勉学にたとえるなら自分がこの資格を取ったらこの先何ができるだろうかとか…

スポーツならマラソンでここまで行ったら体力が上がるだとか…

その先にあるものを考えて行動するべきではないのかと。

目先のものに目をとらわれるから失敗するのだ!

話を戻すが、海外ではなぜ残業がないのかというとプライベートを一番と考えているからだ。

プライベートが充実していないのにビジネスが充実するわけがないという考え方だ。

有給休暇は国にもよるが年に30日ぐらいある。

旅行に行ったりできると言うことです!

しかし、逆に考えれば日本のようになぜ休むことが悪なのだろうか?

そういう考え方だから過労死するものが減らなかったり、仕事後と飲み会などに行かないものがおかしいといった考えが生まれるのだ。

海外では経営者の考え方も違っていてアメリカでは家族が第一、日本では会社のためにプライベートを捨てるのを当然と考えているのが念頭にある!!

これを変えるにはやはり声を上げるしかない!

 

 

 

時間を有効に使うために

 

 

 

けちんぼうが得てして金持ちになるのは、収入が多いから出ない!

必死に貯め、用心に用心を重ねて使うからである。

時間というのは自分が自由に使ってもいい天からの授かり物だ!!

それほど貴重なものはないのに粗末に使う者は多い。

ほかの者なら大事に使う人でさえ、時間となると無駄遣いする者が多い。

よく休みの日だからと言って、昼まで寝ている人がいるが、それはもったいなすぎる。

朝こそ貴重に使うべきだ!

朝に何もしないから自分のやるべき事が遅れて結局終わらないなんて事になるのだ…

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

私はまず時間の使い方を今一度よく見直すことをおすすめしたい。

寝るまでに何をどれだけやればいいのか、これを一日のはじめに確認し、計画と実行の間に少しも無駄な時間が生じないように即座に実行することができる!

一日が終わったら、公正かつ徹底的にその日を反省し、できなかったことを確認しましょう!!

この時間という話題に関する種類はいくつもあるので、また詳しく説明したいと思います。