読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

自由の国 ~ヨーロッパのアメリカ~

今回紹介するのは、ヨーロッパに行きたいけどヨーロッパって危ないんじゃ…

一人旅に生きたいけどいろいろ不安…

そんな人にお勧めしたいのが、オランダです!!

 

 

 

オランダとは?

 

 

 

正式名称はネーデルランドと言われ、首都はアムステルダムです!

ネーデルランドとは、低い土地という意味で、縦横に走る運河や川、そして湖水地帯目につく水が豊富な国です。

 道路より高いところに運河があ珍しい国であり、実は水で苦労してきた国でもあります!!

オランダの歴史は、水との戦いの歴史である。

日本からアムステルダムへは直行便で11時間30分で、時差は8時間遅れています。

サマータイムは、3月の最終日曜日から10月の最終日曜日で時差は7時間となります!

 

 

 

 

オランダの魅力

 

 

 

オランダは、ヨーロッパで唯一直行便があり、現地の交通網も発達しています。

アムステルダムを中心に交通網が発達していて、ベルギーやドイツにも行きやすいのが特徴です。

そして観光の代表となる美術館や博物館といったものが数多くあります!!

日本でもオランダの中世絵画は有名で一人で行っても飽きることはありません。

しかし、オランダってオランダ語が共通語なんじゃ?

言葉が通じないのは不安って言う方も多いのではないでしょうか?

ご心配にはおよびません。

オランダではオランダ語が共通語ですが、商業国として栄えた長い歴史があり、

英語を話せる人が多いのです!!

オランダ人が英語を話せる理由は、オランダ語が英語と似ているからです。

そのため世界でも語学力が高いです!

周りが強い国だからという理由もあるんでしょうか…

教育の中でも語学教育に力を入れているという背景もあるからと理由は様々です。

オランダは一人旅にはもってこいの国なんです。

 

 

 

 

世界一の自転車大国

 

 

 

オランダといえばチューリップや風車をイメージする人が多いと思いますが、

オランダでは自転車所有率が100%を超えるほどの自転車対国で、自転車専用レーンが当然の国です。

日本に自転車専用レーンをというのはここからなのです!!

といってもフランス、デンマークなどのヨーロッパでは自転車は生活の一部なのでさほど有名ではありません!

ヨーロッパでは自転車専用車両と言って日本では女性専用車両のように自転車に乗る人専用の車両があるのが普通で船でも持ち込めます。

日本でも自転車の利用率は高いですが、持っているだけの人が多く、オランダではまさにライフスタイルそのものです。

自転車はヨーロッパから来たので、納得ですね。

オランダの文化を感じたいなら自転車であちこち回るのがおすすめ!!

 

 

 

 オランダのおすすめスポット厳選

 

 

 

 関連画像

国立美術館

 

 

1885年に国王の名の元に作られたオランダ最大の博物館です!

オランダの美術館に行きたいけど、一つしか行く時間がない…

そういう人にはここ!!

レンブラントフェルメールなど有名作品が立ち並びます。

なお入り口前のモニュメントは記念撮影のスポットとなっています!

 

 

 

「運河クルーズ オランダ」の画像検索結果

運河クルーズ

 

 

 

アムステルダムでは水上からの景色が一番素晴らしく、特に夜の明かりいい!!

アムステルダムの歴史を誇る町並みを探検するならこれ!

オランダでこれをしなければニューヨークに行って自由の女神を見ないぐらいのもの。

 

 

「ハイネケンエクスペリエンス オランダ」の画像検索結果

ハイネケンエクスペリエンス

 

 

 

オランダで圧倒的シェアを誇るハイネケンビールの観光スポット。

1988年まで実際に工場として使われていた施設やクイズ、体験型アトラクションまで盛りだくさん!

ビールが好きな人ならおすすめ!!

入場者にはビール三杯とハイネケングッズがプレゼントされます。

 

 

「アンネフランクの家」の画像検索結果

アンネフランクの家

 

 

 

回転式本棚をくぐればそこにはアンネフランクが住んでいた2年の歴史の舞台。

表側の建物と回転式の扉を境にある彼女たちが住んでいた裏の世界が、戦争の悲惨さと恐怖の歴史を物語ります!

アンネはその後アウシュビッツ強制収容所に送られました。

日本で言えば広島の原爆ドームのような場所です!!

 

 

関連画像

西教会

 

 

 

アンネの家のすぐ裏手にあるのがこのスポット!

アムステルダムで最大の85mの塔を持ち、そこからの景色は絶景だと言われます。

アンネフランクが逃亡中に心を癒やしにやってきたと言われる場所です。

 

 

 

「ライツェ広場」の画像検索結果

 ライツェ広場

 

 

 

少し時間ができたらここというほどのスポット!!

レストランやオランダらしいお土産屋がそろい、おしゃれなカフェがそばで大道芸人のパフォーマンスが見れます。

夜はビアバーがオープンします。

24時間充実の観光スポット!

 

 

「ダム広場 オランダ」の画像検索結果

ダム広場

 

 

 

13世紀、アムス川の水をせき止めるためにダムが造られた場所であり、そこからアムステルダムと名付けられました!!

現在は、王宮や新教会、マダムタッソー蝋人形館などの観光名所が立ち並びます。

王宮は現在迎賓館として使われていて、美しいモザイクフロアが王宮特有の重厚さを感じさせる!

 

 

 

 

ほかにもいろいろスポットはありますがこのくらいで…

続いては食べ物!!

 

 

 

オランダ料理

 

 

 

オランダ料理と言えば野菜や豆、肉類やソーセージを煮込んだ素朴な家庭料理が代表格!!

 

 

 

「エルテンスープ」の画像検索結果

エルテンスープ

 

 

 

青豆を形が崩れるほどじっくり煮込んだスープで、ジャガイモやタマネギ、ソーセージなども入っていて、オランダの冬の代表料理です!!

 

 

「ボーレンコール」の画像検索結果

ボーレンコール

 

 

 

キャベツとジャガイモを煮込んでつぶしたものに大きなソーセージを添えたオランダの家庭の味です。

 

 

「クロケット オランダ」の画像検索結果

クロケット

 

 

 

 

焼き肉とホワイトソースを細長い俵形にして、からっと揚げた日本でおなじみのクリームコロッケ。

 

「パネクッケン オランダ」の画像検索結果

パネクッケン

 

 

 

クレープのように薄く、ハムやチーズと一緒にランチとして食べるパンケーキ。

 

 

 

オランダ人の特徴

 

 

 

 話し好き

 

 

 

オランダ人はとにかく話し好きで、カフェで何時間も話していることもしばしば。

日本人女性も女子会となれば話が長いですがオランダ人も負けてはいない…

 

 

 

まじめ

 

 

 

実は規則を守るのがオランダ人!

 

 

 

レディーファースト

 

 

 

レディーファーストと言えばイギリスやフランスのイメージでしょうか?

レディーファーストは世界の常識です。

日本のような都合のいいレディーファーストではなく、徹底したものです。

 

 

 

オープンな性格

 

 

 

浮気もすぐばれてしまうほどオープンな性格。

裏表がないと言っていいでしょう。

これがオランダ人の一番の特徴です!

 

 

 

近所づきあいを大事にする

 

 

 

オランダでは、引っ越しした際に挨拶はもちろんですが、ホームパーティも行います!

アメリカでも引っ越しをすればパティーがあります。

日本人との対人関係の違いですね。

 

 

 

倹約家

 

 

 

よくオランダ人はけちだと言われがちですが、ブランド物に興味がなく見栄っ張りではない!!

現実的だと言うことです。

オランダの街を歩いているとよく募金団体を目にします。

それに募金をするのがオランダ人です。

 

 

 

コーヒー好き

 

 

 

一日中コーヒーを飲む人をよく見かけます!

とてもコーヒーにこだわります。

 

 

 

頑固

 

 

 

あくまで自分の意見を通そうとするまるでアメリカ人のような性格です!!

 

 

 

服にお金をかけない

 

 

 

取り繕うことを嫌うオランダ人は服にお金をかけません!

自転車が大好きなオランダ人は自転車にお金をかけます。

日本人女性がファッションや見かけにお金をかけるのは、自分を偽っている仮面の数のような物です。

ヨーロッパ系と日本人の差がここ!!

見かけにお金をかけずそのままで勝負です。

 

 

 

自転車大国

 

 

 

ヨーロッパでは自転車と言えばオランダです!!

オランダ人と距離を縮めたいのならここから攻めるべきでしょう。

 

 

 

水の都オランダ。

いかがだったでしょうか?

アメリカ人のような自己主張を持ち、イギリス人のような穏やかさを持ちそろえた人種こそオランダ人!!

アメリカ人は自分の意見のみを通し、イギリス人は相手の意見を聞きながら自分の意見を通し、日本人は自分の意見を隠す。

とよくいわれます。

海外には見習うことが山ほどありそうですね!