炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

世界一脅威の国 ~恐怖が支配する国~

あなたは、脅威の国と聞いてどこを思い浮かべるでしょうか?

北朝鮮

実は日本ではあまり知られていない、北朝鮮を遙かにしのぐ漫画のように脅威の国があります。

 

 

 

人類が踏み込めない場所

 

 

 

人類の立ち入りを拒む場所があるのをご存じでしょうか?

それはいくつかありますが、エチオピアにダナギル砂漠があります。

ダナギル砂漠は、エチオピア北東部にある非常に標高が低く、元は改訂だったと言われます!

砂漠に湿気がたまりすさまじい光景になりました。

f:id:worldstakanari:20170706235455p:plain

 

 

 

行きたいと思う方もいるでしょう?

ここは世界一過酷な地と言われ、硫化水素が発生しているので、ガスマスクがなければここに行くことはできません!

砂漠の真下の地殻が非常に薄く、マグマが足下を流れています。

いつ爆発しても不思議ではありません。

さらにこのあたりの地域には非常に危険な武装民族がいます!!

 

 

 

エリトリアとは?

 

 

 

その危険な部族がいる国こそがエリトリアです!

1961年から30年間エチオピアと戦争をしていました。

激闘の末、エチオピアから独立しました。

エリトリアは、世界的に問題視されている国です。

北朝鮮などその比ではありません!

独立以降、大統領が発足しましたが、その大統領による独裁政権です!!

しかも、憲法が施行されていません。

つまり、法律など意味をなさないと言うことです。

国連の調査によれば、奴隷制度や裁判なしの処刑、強制労働など人権を無視した事が当然のように行われている事が判明しました!!

国民は、日常生活のありとあらゆるものを干渉され、それを元に拘束や処刑されることもあります。

海外旅行は禁止され、国内旅行ですら身分証明書や旅行許可書が必要です。

国境に近づくことは厳しく処罰されることになる(処刑や投獄)

報道の自由などなく、政府に質問すれば処罰されます。

この国の人は徴兵制で18歳未満は男女関係なく軍事訓練を受け、強制労働を強いられます。

しかも訓練時は性的暴力が当然のようにあります!!

当然ですが、35万7千人あまりの人が国外へ脱出しています。

しかし、これは見つかれば拷問にかけられたり処刑されます。

国連曰く、恐怖が支配する国といわれています。

大統領自ら、代表が変わることはないと宣言していて、選挙すら行われていません。

記者すら入れない、近づけば攻撃される国連も手を焼いています。

国からの報告が現状と全く違うため改革が難航しているようです!

世界一自由がない国はこの国だったのです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

次回は日本をお送りしますが、その前によく皆さんはあれもこれも当然のように思っていて、周りの人や物を厳かにしていますが、是非とも今あるものを感謝の気持ちを持っていただきたい。

この世のすべてのものに感謝の気持ちを持ってそれに気持ちを示せば、人間関係も素晴らしいものになるでしょう!

あれがないこれがないとないものなだりしていても、きりがないだけのことです!!

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする