己を育てる娯楽の時間 ~無駄を省略せよ~

あなたにとって癒やしの時間は何をしているときでしょうか?

テレビを見ているとき、何かに没頭しているときなど…

社会人になってもいろいろ学ばなければいけない!!

ならば娯楽の時間も有意義に使うべきだと思いませんか?

 

 

 

ベストパフォーマンスを発揮するには?

 

 

 

あなたはどのような一日を過ごしているでしょうか?

もし今日あなたが死ぬとしたら後悔なく死ねるでしょうか?

もし余命幾ばくもない事がわかって生き方を変えるならすぐに時間の使い方を変えるべきです!

日本人が優秀だとイメージで持っている方も多いでしょうが、実際は違います。

むしろその逆なのです。

現在の20代の人がゆとり世代と言われていますが、その当時行われていたゆとり教育が若者を悪くしていると一般的に言われています。

世界で学力を調査する機関があるのをご存じでしょうか?

OECD(経済協力開発機構)です。

フランスのパリに拠点を構えています。

義務教育修了時、つまり15歳でこれまで身につけてきた技能や知識で、実生活の問題をどの程度対処できるかを目的としていて、読解力や数学的リテラシー、そして科学的リテラシーをはかるモノです。

それを年代でグラフ化したモノがあります。

読解力は低下していて、数学的リテラシーや科学的リテラシーは上がっているというモノです。

そのグラフを見た何の知識もないあるさとり世代の人がゆとり教育のせいで学力が低下していると言い、それが世の中に広まり今のようになりました。

つまり、ゆとり教育は全体的に学力を上げていますが、20年前と今の学力調査では基準も価値も違うのに何も知らない情けない中間管理職世代の人が知ったかぶりをしたのが広まった…

そう池上彰も解いています!

そんな人たちが大半を占める日本が優秀だとあなたは思いますか?

すべては世間の間違った常識、協調性故の定めとでも言いましょうか…

日本人はホスピタリティー精神という素晴らしい文化がありますが、それで王様気分になれすぎたことで、人のあら探し(人の欠点探し)に長けているのです!

話を戻しますが、最高のパフォーマンスを発揮するには自分は何をどうしたいのか、そして仕事をすることと同様に休むことも大事だと!!

日本の協調性故に仕事をする者は重んじられ、休むモノははじき飛ばされます。

簡単に言えば日本人は効率が悪すぎるのです…

 

 

 

 

娯楽とは?

 

 

 

あなたもおそらく何かしらの娯楽の習慣をお持ちのことでしょう?

ひとえに娯楽と言っても2つあります!!

受動的娯楽と能動的娯楽です。

テレビやテレビゲームなど集中力を必要としないのが受動的娯楽、読書やスポーツ、ボードゲームなど目的設定やスキルの向上を要するのが受動的娯楽です!

能動的娯楽は集中力を高め、人を成長させる効果がある一方で、能動的娯楽は何も生まないモノです。

能動的娯楽は認知症の予防にもつながります。

私に言わせればテレビを見るのはただの時間の浪費です。

しかし、どうしてもテレビを見たい場合もあるでしょう!

そのときのおすすめは、テレビを録画で見ることです。

テレビとは、無駄な情報ばかりで人を画面に縛り付けるようにできています。

録画すれば、自分が見たい番組しか見る必要がないので、その心配はありません!!

大事ななのはアウトプットをすることです。

テレビに限らず、映画や飲み会でもそうです。

ただ見るのではなく、何か気づきがあれば受動的娯楽になります!

飲み会もただバカ騒ぎするのではなく、そこから学びを得てアウトプットすれば能動的娯楽に変換されます。

グルメや旅行もそうです。

アウトプットを前提にすることで、それは自己投資につながります!!

 

 

 

 

日本人の無駄な時間の使い方

 

 

 

最近では、ほとんどの人がSNSやゲームにたいていの時間を費やします。

しかしこれは、自分で疲れをためているだけなのです。

簡単に言えばスマートフォンなど光(閃光や爆破シーンなど)で脳を興奮させているので、それは睡眠の質を下げているわけです。

また受動的娯楽なので、ただの時間の浪費なわけです!

よくあれやこれをする時間をないという人がいますが、日本人の時間の使い方は無駄ばかりです!!

スマートフォンでゲームやラインなどのSNS、会社などの飲み会など中身のないものばかりです。

あなたは労働生産性という言葉をご存じでしょうか?

1時間でどれだけの仕事をこなせるかという指標を表したモノです。

主要先進7カ国では日本はダントツの最下位を1994年から現在まで樹立しています!!

アメリカより1.6倍下であることがわかっています。

つまり、アメリカは5時に仕事が終わって帰っても日本は、8時まで仕事しなければ同じ仕事をしていても帰れないと言うことです。

世界的には日本人は優秀でも何でもないというわけです。

時間の使い方を今一度考えてみてはいかがでしょうか?