炎の意志で生涯を貫け!!

自分の可能性を引き出すためのブログ

日本の学費全額免除は無駄 ~その理由を考える~

憲法が改正され、教育費が免除されようとしています。

が、私が思うに無駄をきわめて無駄です!

 

 

 

なぜ無駄なのか?

 

 

 

日本の教育制度が遅れているのをごぞんじでしょうか?

たとえば海外では小学生から留年が存在します。

今勉強していることを理解してから上に進むと日本に比べてプラスイメージがあります!!

あなたは世界一バカな大学生がどこの国か知っていますか?

答えは日本です。

理由はご存じのはずです。

日本の大学生は何のために大学に行っているのかわからないほど、勉強しません。

それは、社会が教育について後ろ向きで、その割には学歴だけで人を判断するからです。

就職の面接で大学で何かを勉強していましたと言っても、海外とは違い、それがどうした?としかなりません!!

それは日本社会が人を能力で判断しないからです。

学歴などの肩書きだけで人を判断し、仕事に対して実績を全く見ずにどれだけ年を食っているかで給料を決める年功序列を日本だけが取り入れています!

就職の面接など社会的な場で性別、年齢、交際関係の有無などを聞くのは違法で聞けば会社が訴えられることになります…

政府は、学費を免除することで社会人も学ぶことができ、大学に行く人が増えると言います。

私に言わせればただの都合のいい解釈です。

何の目標もなく生きてる日本人が大学で何かを学ぼうと考えるでしょうか?

専門家曰く、大学に行く人が減る予想です。

学費が無料になることで大学なんか行く必要がないと考える人が増える、ましてや日本の口先だけの教育に無料を付ければ、教育の質を完全に落としてしまいます…

 

 

 

教育とは何か?

 

 

 

教育に関して言えば、英語教育も有名だろう!

小学校低学年の時点から学習するというモノだ。

しかし、私はこれも無駄そのものでしかないと思います。

中国では、幼稚園の時点から英語に触れる。

が、語学力は日本人と変わらない…

簡単に言えば早く学べばいいというモノではない!!

私も幼少期から英語を学んでいました。

しかし、大学生になるまで英語をしゃべることはできませんでした…

英語を学ぶ方法を知らないからです!!

それは日本人の国際化に対しての問題もあります!

それは日本人は、国際化をただのビジネス(観光事業など)としか捉えていないからです。

国際化とは、一番に浮かぶのは英語です!!

英語をある程度話せるようになる。

そして社会を国際的にする事です。

具体的には、クレジットカードの普及や移民の受け入れ(外国人向けの街づくり)などです。

しかし、これらに関しては先進国で日本は遅れすぎなくらい遅れている!!

空港のテロ対策としてボディースキャナーが東京オリンピックまでに導入されますが、世界では10年ほど前には既にあったモノです…

話を戻しますが、教育で問題になっているのは体罰です!

私が思うのは、暴力でなければ指導できないような人が教育の現場にいるのは役不足だと思います。

力尽くで相手を従わせることを教えるからハラスメント(パワハラモラハラ)が問題になるのです。

教育とは、勉強を学ぶ前にいかに人とうまく接するか人の感情を理解するかを学ぶ場所だと思います!

見せかけだけの教育にとらわれているから最近の大人は情けないのです…

協調性にとらわれるから自分の意見が持てない。

自分がやらなくても誰かがやると責任感を持てない…

自分の思うとおりに人が動くと勘違いしてしまう…

これらのことは一見単純なことですが、だからこそ誰も気づかない(気づいていてもスルー)と言うことになってしまいます…

 

 

 

まとめ

 

 

 

私が外国をいろいろ見てきて思うのは、日本の教育は口先だけだということです。

もし日本の教育がしっかりしているなら、差別や偏見そしてイメージや見かけで人を判断することはないからです!!

さらに言えば、パワハラやセクハラ、マタハラなども起きないはずです。

もちろん日本の教育のすべてを否定するわけではありません。

日本の技術は世界でも名高いからです。

しかし、社会的な面となると発展途上国にも足下にもおよびません!

特にこの日本にはその口先だけの教育いわゆる学力があるだけで何でもできるという風潮があります。

しかし、いくら高学歴でも社会的地位が高くてもそれで優れているわけではありません。

なぜなら教養などの人としての一番大事なモノがその判断材料に入っていないからです!!

女だから家事をする、男だから働く。

若者だからなっていない。

年を召しているからしっかりしているそれは全く当てのならないものです…

たとえば人の人生を決める職業、金融関係や公務員そして会社の人事担当などだからといって人柄がいいとは限りません。

むしろ人として最悪な人が多いのではないでしょうか?

教養やマナーなどを考慮していないからです。

一番問題なのは、日本は努力が報われない社会であると言うことです…

学力が高い、社会的地位が高い=実力があるではないという方程式が産まれるわけです。

道徳がない、教養がないそんな人が社会の上に立つそんなことはあってはならないこと、そのためには人を学歴や社会的地位で判断しないこと、イメージや外見で人を見ないことです!!

 日本の教育のもう一つの重要な問題は、協調性です。

協調性を一番に考えると言うことは、人や物事のマイナス面ばかり見ると言うことです。

 プラス面は全く無視です!

日本はホスピタリティー精神が有名で誇りに思うべきですが、ホスピタリティー精神でまるで王様のようにもたらされるのになれているからこそ人のあら探しに長けて、自分の意見がすべてのような考えになってしまうのです…

世界的に見れば日本の教育は口先だけの教育。

それを無償で提供してしまえばさらに荒れてしまいます!

私たちが学ぶべきなのは人としてどうあるかではないでしょうか?