自分本位で人生を楽しめ ~ 周りに流されれば負け ~

あなたは何を思って日々生きているでしょうか?

人生を楽しむには何が必要がそれを伝授しましょう!

 

 

 

誰かに思わされていないか?

 

 

 

たとえば父親が医者や弁護士だったとして、「おまえは俺の後を継げばいい、それがお前にとって一番いい。 エンジニアになんかなるな!」と言われれば、父親には逆らえない。

しかし、感情はそう簡単に割り切れるモノではない!!

後悔するのは自分でそれは親にも降りかかる…

若者はみんな野心家であるという認識があるが、これは間違いで職業選択の大きな間違いである。

親にそう思い込まされているだけで、苦労して育てている子が平凡だと信じたくないという親の心理だ。

しかし、それは確実に子供を追い詰めているわけです。

人は自分以外の人は辛口で見ますが、自分のこととなると甘く見てしまいます…

それが人の心理ですが、知ってしまえばそれを気をつけて行動すればいいのです!

 

 

 

他人に振り回されるな

 

 

 

 成功したい、他の人に勝ちたい、大富豪になっていい暮らしをしたいなど誰もが持つ欲望ですが、突き動かされる本能とは別です!

非常に利己的かつ幼稚で短縮的で、かなえるにはかなりのエネエルギーが必要です。

一体どれぐらいの人が自分の夢のためにどんな犠牲もいとわないといえるだろうか?

野心はまるで悪魔のようにあなたを動かし、止まれば満足感は得られない…

大きな夢を運良く順調に進めている人よりなんとなく自分に満足している人の方が幸福であるといえるでしょう…

それでも親は子供を説き伏せ、子供は己を説き伏せて自分の実力に似合わない仕事に就いてしまう。

それは野心を持つのが素晴らしいという幻想の元に成り立っています!!

親が子供に期待するのを悪いと言っているわけではありません。

しかし、自分がやり残したことを子供にやらせようとしているのはお門違いです…

ただの押しつけに過ぎないからです!!

 

 

 

 

日本教育のトラップ

 

 

 

日本の教育と海外の教育を比べたときに外国と違うのは、日本は協調性を重んじ個人には目もくれないということです…

協調性を重んじると言うことは、人の長所よりも短所に目が行き、それを批判すると言うことです。

だから、日本はクレームなのです。

どんな不合理なことでも人が欠点ばかり見るからそれがまかり通る世の中なのです!

外国人と日本人の主な違いは迷惑をかけるのは当然だが、人の自由を邪魔しない!!

迷惑をかけてはいけないが、法律がなければ何をしてもいい。

前者が外国で、後者が日本です。

海外はルールが状況に合わせて変わりますが、日本はなかなかです…

ルールがないから何をしてもいいというのが、日本のマナー低下の原因です。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

人はよく自分の周りの人に惑わされがちだが、それは決して利口ではありません!

もちろんそれは教育上に浮かび上がった問題でもあります。

日本の協調性を重んじる教育故に、物事や人をプラスな点を無視して、マイナスな点ばかりばかり見がちです!!

マイナスな面ばかり見ていても、自分も相手もいやな気分になります。

人間関係を破壊するばかりです。

人を減点方式で見るのではなく、加点方式で見ること。

人と人が全く違うということをわかった上でそれを楽しむぐらいでなければ、生きていても全く楽しくないでしょう!

いくら優秀な人でも一人では生きていけません。

電気を供給するのも、食べ物を作るのも、商品を私たちに送り届けるのも、すべて別の人で、その人達がいるから私たちがいるのです。

今あるモノを当然と思うのではなく、すべてに感謝するように心がけましょう!!

人生とは、人間関係です。

人間関係さえ良ければ人生は楽しいはずです。

周りに流されていても何の面白みもありません。

そこにつけ込むモノがいるからです!!