世界一ロマンチックな国 ~ 光と闇 ~

あなたはフランスと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

ファッション?

文化?

今回はフランスについてです。

 

 

 

フランスとは?

 

 

 

フランスは、直行便で12時間(エルフランス、ANA日本航空)で、時差は8時間で3月の最終日曜深夜2時から10月最終日曜深夜3時に実施していて、時差は7時間となります。

日本より遅れています!

フランスは日本とつながりが深く、フランス料理を日本でも食べることができます。

また教育費が無料であることが有名でしょうか!

またフランスには、世界の学力を調査する機関(PISA、TIMISS)があります。

日本では、ゆとり教育が悪いという引き金にもなりました。

20年の学力グラフを見て何も知らない今の親世代の情けない大人がゆとり教育のせいで学力が落ちていると言いました!

そこから広まって今のようになりました…

しかし、20年前と今では価値が違います。

実際には学力は上がっているのに…

今の大人は情けないですね。

久しぶりの海外のお話しです!

ではフランスとはどんな国なのでしょうか?

 

 

 

 

フランスの魅力

 

 

 

芸術、伝統、歴史などを大切にし、ファッション関係のビジネスが盛んなのがフランス。

美的感覚が非常に高く、食事を控えめでワインを飲むと言った食のこだわりもあり、そして愛や恋を大事にしているのがフランス人です!!

愛や恋は恋愛のみにあらず、接する人に対してという愛情です。

フランスは自由で個性を大事にする国です。

他人に左右されず、自分らしく個性的であるところを何よりも重視しています。

まるでアメリカ人のようですが、フランス人とは違います。

フランス人は個人を重んじるので、自己主張はしっかりしていますが、相手の意見をしっかり聞くヨーロッパとアメリカの違いでもあります!

しかし、フランスは夢の国ではありません。

 

 

 

フランスの社会事情

 

 

 

 

イメージはないかも知れませんが、フランスは格差社会です。

おしゃれで豊かに誰もが暮していると言うイメージがあるかも知れませんが、それは全く違います!

フランスは、一見華やかな街でも少し進めばあたりにはホームレスがいます。

シャンゼリゼ通りのルイヴィトンの前で記念撮影する日本人がいる一方で、300メートル進めばホームレスがいます…

廃屋や廃ビル、他人の敷地や家屋に無断で住む人がいて、スコッターと呼ばれています。

フランスでは冬が長く寒いため、冬だけはスコッターは黙認されます!!

フランスは貧富の差が激しく、それがはっきりしていると言うことです。

フランスは学歴社会で、入社以前にどこまで出生できるのかが決まっています。

グランゼコールという金持ちじゃないとは入れないエリート校を出たか否かで人生が決まります!

高校生最後の年のバカロレアという試験を突破し、グランゼコールにいけるのは5%のみです…

バカロレアとは、簡単に言えば世界共通の大学入試資格です。

認定校でグループから科目を1つ選び、6つの科目を2年間受けなければなりません!

しかし、これはレベルが高すぎて世界中で少ししか実施されていません!!

普通の大学を出てもたかが知れていると言うことです!!

子供でも家族のために働く家も少なくないのだとか…

これがテロが多い原因でしょう!

 

 

 

フランスのおすすめスポット

 

 

 

モン・サン・ミッシェル

 

 

 

モンサンミッシェル  に対する画像結果

その美しく神秘的な光景から天使が舞い降りた地!

非常に人気な人気なスポットです。

 

 

 

ディズニーランド

 

 

 

ディズニーランド フランス に対する画像結果

家族や友達、カップルで行きたくなる王道スポット!

日本とは違った魅力が楽しめます。

 

 

 

サクレ・クール寺院

 

 

 

サクレクール寺院 に対する画像結果

モンマルトルの丘からパリの街を見下ろす白亜の寺院。

青空をバックにした景色が美しいと評判で晴れたなら行きたいスポットです。

 

 

 

ノートルダム大聖堂

 

 

 

ノートルダム大聖堂 フランス に対する画像結果

様々な作品の舞台となったセーヌ川の小川に建つ大聖堂。

アニメや本の舞台としてもフランスを代表します!

シーズン関係なく、訪れる場所として人気です。

 

 

 

プロムナード・デ・ザングレ

 

 

 

プロムナードデザングレ に対する画像結果

当時、イギリスの富裕層がこぞって訪れたイギリス人の遊歩道。

フランスの避暑地ニースにある遊歩道は、かつてイギリス人の富裕層の避暑地となっていました。

美しいコバルトブルーの海岸線を散策する贅沢な時間が味わえます!

 

 

 

オルセー美術館

 

 

 

オルセー美術館 に対する画像結果

芸術の都にふさわしいフランス屈指の美術館。

ルーブル美術館に並ぶ、中規模な美術館で美しい外観が特徴です!

ルーブル美術館より好きな人もいて、時間があれば行きたいところです。

 

 

 

シャンボール城

 

 

 

シャンボール城 に対する画像結果

広大な森の中に突如現われるロマンティックな城!

ロワールの古城の中でも一際壮大なシャンボール城は、フランスでも最も人気のある古城のひとつ。

古城と言えばここです!!

 

 

 

ガルニエ宮

 

 

ガルニエ宮 に対する画像結果

オペラ座の怪人が潜む絢爛豪華な舞台を味わえます!

世界三大オペラ座の1つとして名を連ねます。

 

 

 

アンバヴァリッド

 

 

 

アンヴァリッド パリ に対する画像結果

英雄ナポレオンが眠る豪勢で煌びやかな墓所

廃兵院を軍事博物館として利用していて、歴史好きなら訪れたいスポット!

 

 

 

 

フランスの名物

 

 

ブイヤベース

f:id:worldstakanari:20170926114034p:plain

 

 

タラやカサゴやボラなど地元でとれた新鮮な魚介類をトマトやサフランと一緒に煮込んだ料理。

港町マルゼイユの名物。

 

 

 

ガレット

ガレット に対する画像結果

 

 

 

そば粉を使ったクレープ。

ハム、チーズ、キノコなどを挟めばシードルとの相性もぴったり。

 

 

 

エスカルゴ

f:id:worldstakanari:20170926114654p:plain

 

 

 

本場のエスカルゴは香草やガーリックバターを塗ってオーブンで焼き上げます。

ソースをパンに付けて食べます。

 

 

 

ニース風サラダ

ニース風サラダ に対する画像結果

 

 

 

 

 

トマトやタマネギなどの新鮮野菜に、オリーブの実やアンチョビなどの南仏の食材がたっぷり入ったサラダ。

 

 

 

といったところです。

尚お土産は、チョコレートがおすすめです。

またワインなども本場です。

 

 

 

 

フランス人の特徴

 

 

 

自己主張がはっきりしている

 

 

 

自由な文化が往来するフランスにおいて、自分の意見や考えがない人間は相手にされません!

自分の意見をしっかり持って、言うべき時に言う技術はヨーロッパでもレベルが高いでしょう。

 

 

 

好き嫌いが激しい

 

 

 

自己主張が激しすぎて、自分の意見に合わないモノは切り捨てます。

それは不満となります。

愚痴を言う人が多いです!

 

 

 

ネガティブ

 

 

 

自己主張が強いフランス人ですが、どうかすると悪い方向へ偏りがちです。

 

 

 

 

感情的になりやすい

 

 

 

自己主張が強いので、自分に合わないモノだと感じると感情的になりやすいのがフランス人。

すぐ泣いたり、けんかをしたりフランス人はピュアなんですね!!

 

 

 

イメージと異なる

 

 

 

フランスと言えば華やかなイメージかも知れませんが、あちらこちらにゴミが転がっていたり、髪の毛をあまり洗わないと言ったこと(お風呂に入らない)が普通にあります。

また鼻をかんだティッシュがポケットに普通に入ってます笑

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがだったでしょうか?

ファッションの最先端で、晴れやかなイメージのあるフランスですが、社会はまだまだ未熟だったんですね…

その人柄は、自分をしっかり持ちながらも相手に耳を傾けます。

それは己のプライドの高さです!!

フランス人がほとんど英語を話さないのも有名ですね。

しかし、自分とタイプが合わないと思われればもう絶対に仲良くなれません!

外国にも学歴社会や会社の事情があります。

日本はその点がまだまだ甘いですが、国が変わればそれぞれの問題が出てきます。

日本にも人口減少に伴い、移民がこれから増えてくるでしょう!!

そのためには、日本のような固定のやり方では社会は変わりません。

差別やテロといった問題が日本でも深刻になるでしょう。

柔軟さが求められているのです。