世界一美しい国 ~バルト三国 file2 ~

前回の続きになります。

バルト三国ラトビアについてになります!

 

 

 

ラトビアとは?

 

 

 

日本との時差は7時間で、直行便はなく最大14時間のフライトになります。

英国の旅行案内サイFirst Choiceは、PinterestTwitterで世界で一番美しい国について投票を行ったところ、バルト海沿国のラトビアが選ばれました。

雑貨好きな女性に人気を集めていて、特にハンドクラフトに国も力も入れています!!

こちらもソ連に占領されていたことでロシア語が今でも使われます。

ラトビア語の次にロシア語で映画やテレビなどもあります。

そのため外国企業が多く進出しています!

首都は世界遺産であるリガです。

リガは、バルト三国の中でも発展していて、今風のカフェやレストランが多く、物価も安いです。

 

 

 

 

首都リガ

 

 

 

旧市街地はすべてユネスコ遺産で、バルト海に面した港町。

その美しさはバルト海の真珠、バルトのパリと称されるほどです!!

長い歴史の中で数多くの民族や国家などの征服統治を経験していることから建造物のスタイルが様々なのがこの街の魅力!

特に旧市街地の基礎となる部分は、12世紀にドイツ人によって作られ、ドイツよりもドイツらしい町並みと言われています。

観光ではこのリガは外せないでしょう。

しかし、バルト三国では一番英語は通じません。

 

 

 

リガのススメ

 

 

 

ラトビアと言えば首都のリガでしょう。

その中でもおすすめスポットを紹介します!

 

 

 

リガ大聖堂

リガ大聖堂 に対する画像結果

1211年に建設され、バルト三国では最古の大聖堂です。

内部にはドイツ製のパイプオルガンがあり、建設当時はヨーロッパで最大でした。

現在は、世界で4番目となっています!

 

 

 

ドーム広場

ドーム広場 ラトビア に対する画像結果

リガの大聖堂の前にある広場。

リガの中心に位置し、広場を囲むようにカフェやショップがあります!

冬に行けば、クリスマスマーケットが楽しめます。

土産物を買うならこの場所です。

 

 

 

 

リーヴ広場

リーヴ広場 に対する画像結果

こちらもリガ旧市街の中心部にある広場で、多くのおしゃれなカフェやレストランがあります!

多くの地元の人や旅行者が訪れる場所です。

 

 

 

 

猫の家

猫の家 ラトビア に対する画像結果

リーブ広場に面したところに建つ、尖塔の黒猫が目印の黄色いユーゲント・シューテール建築で、1909年に建設されました!

この建物は元々、ラトビア人商人の住宅でしたが、当時リガにあった商人大ギルドへ入会できたのはドイツ人のみでした。

ラトビアの商業を支配していたドイツ人に対抗するため、ギルド会館におしりをむけて設置されました。

その後、ラトビア人のギルド入会が認められ、猫は向きを変えました。

現在では猫はリガのシンボルとなり、多くのお土産のデザインとして見られています!

 

 

 

 

市庁舎広場

市庁舎広場 に対する画像結果

リガ旧市街で最も人気のあるスポット!

観光の中心地で、旧市街の入り口です。

 

 

 

リガ市庁舎

市庁舎 リガ に対する画像結果

市庁舎広場のメイン。

かつては魔女裁判の処刑の場所として使われていたとか…

 

 

 

聖ペテロ教会

聖ペテロ教会 に対する画像結果

123mの尖塔が特徴の教会。

15世紀に建設されましたが、倒壊や火災などの不運の繰り返しで、

現在に至るラトビアの歴史そのものを反映している教会で、ラトビアの魂といわれています!

展望台から町並みを一望できます。

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがだったでしょうか?

次でバルト三国は最後になりますが、ラトビアは世界のありとあらゆる国の景色の中でも選りすぐりの景色を楽しむことができます。

ただ英語は年代によって通じない場合があるのが難点ですが…

ラトビアはドイツや北欧諸国とのつながりがあるのでそれに近い文化や街並みになります!

バルト三国はどれもこれぞヨーロッパという歴史的な街並みで、NATOやEUにも加盟しています。

国はそれぞれさほど大きくないので回りやすい国です。

また現在ラトビアは日本に関わりがあります。

それは、日本食や日本文学への人気が高いことです!!

日本語教育も盛んで、神戸市とリガ市、北海道東川町とルーイエナ町が姉妹都市です。

ラトビアはロシアやEUを結ぶ物流の拠点となっています!