最強の人生 ~人が持つべき考え~

あなたにとって最強の人生とは何でしょうか?

もちろんそれは人それぞれです…

人の悩みのほとんどは人間関係から来るモノです!

その人間関係を良好にできる誰でも今日からできる方法を紹介します。

 

 

 

バランス感覚を身につけよ

 

 

 

真実は眺める角度によって違ってくるが、人生で大切なのはバランス感覚でしょう!

人生とは道を歩くようなモノで、坂道もあれば下り坂もあるでしょう。

愚か者は落っこちそうな道を進んでしまう…

だが本当に怖いのは、緩やかな坂道でしょう!!

油断すればたいてい急になり、ある程度下ってしまえば、引き返せない。

どうしても引き返したいならばそれなりのリスクが必要になります。

どうすればバランス感覚が身につくのかというと、思考習慣を変える以外にないでしょう!!

考え方の癖はないでしょうか?

思考パターンができあがってしまえば、偏ったモノの見方しかできなくなります…

 たとえば新聞に次のような記事が載っていたとしよう。

ジョシュア・クラス、享年85歳。

ウィンチェスター大聖堂聖歌隊で活躍、その生涯を捧げる。

一日も欠かさず教会に通った事が彼の誇りだった。

聖歌隊員からしてみればすごいのでしょう。

定年後の20年、毎日機械のように教会に行っていたのかというとなんかにとりつかれていたのかと思わざるを得ない…

休まないと言う習慣から休んではいけないという固定概念を作り上げてしまった…

物事の善し悪しをそれでしか判断できなくなってしまったというわけです!

人は若いうちから習慣を積み重ねてこそ、その人が形成されていきます。

独りよがりの野心こそ人をだめにしてしまう!!

人間を習慣の生き物であると言うことは絶対に忘れてはいけない。

 

 

 

 

人生を豊かにする法則

 

 

 

1人が一番だと思ってはいないだろうか?

お金があって、身の回りのことを全部自分でできれば、友達などいらないと…

確かに最近では未婚率は増えています。

それは価値観の違いが多くだと言われています。

女だから家事、男だから仕事と言った概念が崩れていると…

しかし、そう思っている限り人生は楽しめない!!

他者と関わり、いい関係が続かない限り、人生は豊かにならない!

男女で言えば、料理は女性の腕の見せ所だが、男性は何も家のことをしなくていい訳ではない…

役割分担をしなければなりません。

人間関係の課題は、枝分かれしてきています。

子供が昆虫を捕まえばらばらにしているのを見たことがないだろうか?

ひょっとしたらあなたがそうだったかも知れない…

しかし、子供にとってはただの遊びです!

家族の中でもいい子なのかも知れない…

それは虫の気持ちがわからないからだ!!

これは人でも同じです。

巨人に足を引きづられたら…

あり得ない話ですが、現代人は想像力に欠けているのです。

この想像力があればたいていのトラブルは回避できます!

それを若いうちから養っていれば男女間のトラブルであれなんであれ解決できるはずです。

相手の立場に立って物事を考えるということが大事です。

 

 

 

人生を劇的に変える訓練とは?

 

 

 

本来の想像力とは自分を相手に置き換えて考える。

すなわち相手の気持ちを理解できるということです!

自分が相手だったらどうするだろう?

こうすることで、相手も豊かになり自分も豊かにすることができる!!

すると人生そのものが劇的に変わる。

自分が変われば相手が変わる。

自分と同じくらい相手を大事にすることができます。

どんなに勉強ができるかよりいかに人の心を理解できるかの方がよっぽど役に立つはずです!!

日本人のように圧力(周囲の空気など)で強制するから、相手は不快感を覚え、結局何も自分の思い道理にならないのです…

いまのハラスメントや友人や恋人のトラブルなど、自分と相手が全く同じだと思うからトラブルになるのです。

想像力とはいわば筋肉のようなモノで、鍛えれば鍛えるほど鋭くなっていきます。

 

 

 

 

人と上手につきあうポイント

 

 

 

人と上手につきあうポイントは、決めつけないこと。

つまり、先入観を持たないことです。

日本人にありがちなのが見かけや社会的地位で人を判断することです。

脳科学的にはそれで判断するのがラクだからと言うだけのことです。

そして人が無意識のうちにやってしまう心理です。

決めつけない、批判しない、裁かないこれらを原則にしていただきたい。

誰もがやってしまう恥ずべき習慣です!

常に理解することを怠らず決めつけない事です。

決めつけは、うぬぼれよりたちが悪い…

なぜならあなたがすべてを知っているわけではないからです。

人が人を批判するのは、人として許されないことです。

なぜならあなたは誰かを批判するのと同じように自分を批判しないからです。

誰もが自分には甘すぎます…

自分がすべてを知っているわけではないと肝に銘じておけば、広い心で人との関わりを楽しむことにつながります!!

たとえ相手が批判してきても批判をしてはいけない。

誰もが温和に意見を伝えることができるからです。

 

 

 

心の持ち方が幸せを決める

 

 

 

私たちは無意識のうちに不安にとりつかれている…

人間はそういうものだとあなたは思うかも知れない。

しかし、そんなことはない!!

なぜならたいていの不安は起こらないからだ。

人生は人によってそれぞれだが、たいていの人が手や足を持ち、家や服を持ち、すでに十分な生活をしているはずです。

それに気づいているかどうかはあなた次第です!

私たちは実際には起らない不安を想像している。

しかし、人生で不安を巡らせても八割は的中しない…

取り越し苦労ほどつまらないモノはないでしょう。

そのときにベストを尽くせばいいだけです。

その不安がもし自分が原因で起こる不安なら悩んでもいいでしょうが…

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがだったでしょうか?

あなたが日々当然のようにしていても、それが正解ではないと言うことが理解できたはずです!

多数派だからといって正しいわけでもありません。

要はしっかり自分という色を持たなければならないのです。

そしてそれを理解しようとすることが大切です。

自分というモノを持たなければそれにつけいるモノがいるからです。

SNS映えというモノが今年の流行ですが、その心理は自分の心の不安をとることや、注目を集めるためです。

しかし、所詮はただの自己満足です!!

なぜ己自身を磨いて注目を集めようとしないのでしょうか?

写真一枚で承認欲求が得られるほど世の中甘くありません。

今回伝授した考え方を是非今日から役立ててください。