意外と知らないエアコンの機能

季節の変わり目。

体調が不安定な時期なのではないでしょうか?

意外と知らないエアコンの機能について解説していきます!

 

 

 

気をつける除湿

 

 

 

あなたは夏の湿度が高い時、無条件で除湿を選んではいませんか?

しかし、用途を間違えば電気代が跳ね上がってしまいます!

そもそも除湿には種類があります。

最近のエアコンにある除湿は再加熱除湿(衣類除湿)といって、空気を一度冷やしてそれを暖めて快適な室温へと導きます。

冷房の後に暖房をつけるようなイメージです。

冬の湿度が高い時に使います。

温度が下がりすぎるのを防ぐことができます!!

洗濯物を部屋干しするときにも活躍します。

一方で弱冷房除湿と言うのがありますが、これは夏に使います。

湿度を下げつつ温度を下げる効果があります!

日本の夏は湿度が高いので大活躍してくれます。

またエアコンによってはさらに機能が分かれていたりしますが、それは自分で一度使って使い方を覚えるしかありません。

以上のように再加熱除湿が一番電気代がかかります。

ひとえに除湿と言っても使い分けなければなりません。

 

 

 

送風とは?

 

 

 

ここまでを聴いてじゃあ送風って何だと感じた人もいるかもしれません。

送風とは扇風機のようなものだと思ってください。

扇風機と室内の嫌な空気を外に出してくれます。

つまり、夏に外から帰ってきて体が熱いときに活躍してくれます!

ここでポイントとなるのがいきなり冷房をかけるより先に送風をかけてから冷房をかけることをおすすめします。

なぜならいきなり冷房をかけてしまうと室内の嫌な空気をまき散らしているようなものです。

冬でも空気が嫌だと思ったら使ったり、出かける前の換気にタイマーをかけて使うなど便利な機能なのです!!

送風は室外機が回らないので料金を気にする必要はありません。

純粋に空気をきれいにしてくれます。

 

 

 

メンテナンス

 

 

 

いくら最近のエアコンが自動掃除機能があると言ってもエアコンのフィルターは定期的に掃除しなければなりません。

エアコンのカバーを取り外し、エアコンのフィルターを取り外しぬるま湯で洗ってください。

ここで使わなくなった歯ブラシで軽くごしごしと洗うことをおすすめします!!

スポンジなどでごしごしと掃除してしまえば逆効果だからです。

それって難しいんじゃと思う人もいるかもしれませんが最近のエアコンの掃除は意外と手軽にできます!

掃除期間は人によって違いますがお部屋を掃除する次いでの感じでやりましょう。

ここで注意点です。

掃除をするときは一番にコンセントを抜きましょう。

感電する可能性があります。

掃除がすべて完了したらコンセントを元に戻します。

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがだったでしょうか?

意外と知らない人も多かったんではないでしょうか?

異常気象が当たり前になりつつある世の中で、エアコンをいかに上手に使うかが重要になってきます!!

最後に言い忘れましたが、寝るときはつけっぱなしか付けたり消したりする方がいいのかと言われますが…

答えはつけっぱなしです。

たとえば暖房をいちいちつけたり消したりしているとせっかく暖まった部屋を一度消したことでまた冷やしてしまい、また温め直すことになります。

もし昼間の普通に過ごすのならばつけっぱなしはいけませんが…

ちなみにエアコンに限らず電化製品は使わない間はコンセントを抜いておきましょう。

待機電力というものが流れていて何もしていなくても電気を消費しているからです…

非常にミクロな動きですが、繰り返せば大きな変化になってきます!