お金を疑え ~ 可能性を広げろ ~

あなたは幸せとは何だと思いますか?

大金持ちであること?

芸能人であること?

物質主義なのでしょうか?

 

 

 

なぜ思い込みにとらわれるのか?

 

 

 

なぜ私たちは思い込みにとらわれてしまうのでしょうか?

理由は簡単です!

私たちの社会は自分が認識できることだけで成り立っているからです。

世界一の投資家ウォーレン・バフェットやジム・ロジャースにもあなたにも一万円札は一万円札です。

彼らは物理的には同じ世界にいますが、認識しているもの。

つまり見えている世界が違うのです!!

かつて金融証券所で働いていた人が言うには、一番正確に市場を読むストラテジストが使っていた情報は個人でも集められる情報ばかりでした…

ただ同じデータを持っていても違う見方をします。

彼は誰もが読めない動向を読んだのです!

このように同じものを見ても認識するものは人によって違います。

それを理解していないからこそ、自分の目に見えるものが真実だと言う信念がさらに強化されるのです。

日本社会のように協調性の世界ならなおさらです…

つまり、自分の認識を一度疑ってみることで新しい世界が見えてくるわけです。

 

 

 

お金の認識

 

 

 

そもそも誰もが信じるお金や経済や社会の認識はすべてコンセプトであって、実態などありません!

誰もが目にする硬貨や紙幣はお金というアイデアに臨場感を持たせるためのシステムに他なりません。

ナイトクラブになじみのある人ならわかるでしょうが、ナイトクラブは日中に訪れると、広い空間にごつごつとした機材が置かれていて、室内も結構汚れています。

しかし、照明を落とし音楽をかけ、お酒を提供することで神秘的な空間にしているのです!!

お金もこれと同じです。

お金にパワーがあるという人がいますがパワーなどありません…

パワーを見ているだけです!

ただの幻覚です。

 

 

 

なぜ人は幻覚を生み出すのか?

 

 

 

では人はなぜそのような幻覚を生み出すのでしょうか?

それは造幣権。

つまり、お金を掘る権利がある人にとってそれが都合がいいからです!

とは言っても別にお金儲けや経済活動を否定しているわけではありません。

お金は裏切らない、お金にはパワーがあると無条件に信じてしまうと、お金に振り回されてしまうことになります。

ここではお金を例に挙げましたが、それ以外にも我々が思い込みを持ってしまっているものは多々あります!!

可能性を広げるためにもあなたが盲目的に疑っていることを一度疑ってみてください。

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがだったでしょうか?

おそらくこれを読んでいる方は、さらなる自分のパワーアップを望んでいる人でしょう!

私たちの社会で言われている常識は、誰かの都合のいいように作られた幻です。

陰謀論を説いているのではありません。

この世の悩みのほとんどは人間関係から来るものです。

夫が…

妻が…

上司が…

部下が…

しかし、自分以外の人を動かそうとすると失敗します。

相手も自分もまた完璧ではないからです。

自分の動き方を変えれば自分が望む方にできる可能性があります!!

 常識にとらわれていると考え方に盲点が生まれるのですから…