意外と知らない紫外線の知識 ~ きれいな肌をゲットせよ ~

春になりそうでまだ肌寒い日が続きますが、そろそろ暖かくなり日差しが強くなります。

紫外線対策はいかがでしょうか?

 

 

 

 

紫外線の基礎知識

 

 

 

太陽の光には目に見える可視光線、目に見えない赤外線と紫外線があります!

紫外線は中でも最も波長が短く、波長によって種類が違います。

これに気をつけなければなりません。

 

 

 

UVA

 

 

その中の一つとも言えるのがこのUVAです。

あなたは晴れの日に紫外線対策をすればいいと思っていないでしょうか?

実は天気に関係なくあるのがこれ。

物質を透過しやすく、雲の影響を受けにくい!!

つまり天気が良くない日にある紫外線です。

肌に急激な影響はありませんが、太陽から届く紫外線の9割を占めて、肌に蓄積的ダメージを与えます。

肌の奥の真皮にまで侵入し、肌の張りや弾力を奪い光老化の原因になります!

既にできているメラニン色素を低下させ、肌を黒くさせる作用があります。

しわやたるみの原因です。

 

 

UVB

 

 

大気層で吸収されるが、一部は地表に達する紫外線です。

残りの一割と量は少ないですが、肌へのダメージが大きいです!!

短時間でも肌が黒くなるサンバーン、肌が赤くなるサンターンを引き起こします。

炎症やシミの原因だけでなく、肌表面への表皮細胞やDNAを傷つけるなど生体への影響が強いのです。

しみやそばかすの原因になります。

 

 

 

紫外線による色素沈着

 

 

 

紫外線の刺激により、メラノサイトという色素産生細胞へ指令が届き色素が生成されます!

メラニン色素はメラノサイトから表皮細胞へ受け渡され、周りの皮膚へと広がり、紫外線を窮することで皮膚を守ります。

しかし、強い紫外線を受けることでメラニン色素が過剰に生成され、しみやそばかすの原因になります。

紫外線を長年にわたって浴びることで、しみやしわそして肌の弾力の低下といった肌の老化を促進し、皮膚がんになることもあります。

加齢による老化と比べUVAによる光老化は堅くごわごわした深いしわが刻まれるのが特徴です!

 

 

 

 

季節で変わる紫外線

 

 

 

紫外線は夏には強く、冬には弱まりますが、UVBは冬は夏の五分の一まで弱くなりますが、UVAは二分の一程度と変動が小さい冬でもケアをしておくことが求められます!!

一日で紫外線が強いのは午前十時から午後二時までなので、特にこの時間帯は気をつけましょう。

しかしUVAは一日で量に変化はそれほどないのでケアは必要です。

天気に関して言えば、紫外線は曇りの日はある程度遮断されますが、UVAは関係ありません。

対策をしておくことをおすすめします。

 

 

 

紫外線のケアとは?

 

 

 

紫外線から肌を守るのはやはり日焼け止めです!

二、三時間に一回必ず塗り直しましょう。

そうでなければ日焼け止めの意味がないので…

 さらに日焼け止めと併用するといいのが、つばの長い帽子やサングラス、日傘などです。

日傘は何もないより効果はありますが、紫外線は反射するので照り返しには弱いです。

一方でサングラスは目を守ってくれます。

紫外線の影響を一番受けるのは目ですから!!

 SPRやPAというのを日焼け止めのパッケージに書かれているのを見たことがあるでしょう?

SPFとは主にUVBの防止効果を表しています。

数字が高いほど効果が高いことを示しています!

PAとはUVAの防止効果を現しています。

プラスの数が多いほど効果が高いことを表しています。

紫外線のケアには日焼け止めと保湿が必要です。

どちらかだけでも意味はありません。

保湿におすすめなのがゆうかりです。

ゆうかりはコアラの食べ物です。

最近の店で有名になったのがオーガニックのシャンプーや洗顔などの化粧品です。

オーストラリアでは紫外線が日本の七倍あるので、対策はばっちりです!!

オーストラリアの名物のゆうかりはオロナインのように傷を治す効果、ニキビを治す効果、保湿効果、安眠効果、消臭効果やリフレッシュ効果があります。

自然のものなので普通の化粧品に比べて効果は桁違いです。

 

 

 

日本の紫外線意識

 

 

 

日本は先進国で紫外線に対する関心が最もないと言われています。

外国人がどこの国でもサングラスをしている理由がわかったはずです!

よく日本人の目は黒いから必要ないと言う人がいますが、関係のないことです!!

紫外線がいかに人体に有害か、日本でもようやく少し紫外線が気にされるようになりました…

紫外線の脅威はは男性女性関係なく言えることです。

特に紫外線は髪の毛にもダメージを与えるので注意が必要です。

外出の際はお気をつけください!!