失敗した試み ~ 夢よりも信念 ~

本日は世界のニュースをお伝えします。

それはフィンランドで行われていたベーシックインカムが失敗に終わったことです!

 

 

 

ベーシックインカムとは?

 

 

 

ベーシックインカムとは世界が注目する必要最低限の収入を政府が保証する制度です!!

2050年にはシンギュラリティー、働く必要がない時代が来ると予測されていて、その新たな時代の到来に備えて考えられた制度です。

それをいち早く実行したのがフィンランドです。

2000人の人の人為削減の末、その人達を対象にベーシックインカムを実施しました。

フィンランド政府にとってベーシックインカムは非正規の仕事をつかむのに絶好のチャンスだと考えたからです。

それが一番の争点でした!

とは言ってもスタッフ契約がないのですから、非常に不安定なものでした…

サポーターが曰く、労働市場の可動性をさらに高め、仕事の収入を引き上げる効果があるらしいです。

去年の1月から2年の実証実験のはずでしたが、失業者の中から2000人の人をランダムに選び出し、これはヨーロッパ初の試みとして注目されました!!

しかし、これは広まらず、フィンランドの社会制度を変えるために新たな計画を考えようとしています。

社会制度の研究家であるプロフカンガスはこれが広まらないことに少しがっかりしたとコメントしています!!

BBCからの情報によると人数を2000人以上に増やし、数を制限しないこと、補償額をもっと上げることを提示しています。

しかし政治家はほかの社会制度の問題を議論しています!

 

 

 

 

これからのフィンランド

 

 

 

この試みがまだ続くのが結論です。

そして結果は来年の終わりまで発表されることはありません。

経済協力開発機構はイギリスで紹介されるようなクレジットのシステムが世界的に広まれば、ベーシックインカムより働いた方がいいと考えています。

しかし、ベーシックインカムが30%ほど増えれば、ベーシックインカムは不平等に増え、貧困率は11.4%から14.1%に増えるでしょう。

対照的に、経済開発機構は世界的なクレジットが貧困率を下げ、同様に恩恵システムの複雑さを下げると発表しています。

 

 

 

結論

 

 

 

フィンランドの試みはいわば残ったのは失業者のみです。

失敗とも言える落ち込んでいる試みです。

ベーシックインカムは世界の夢です。

もし本当に機械が人間を越えるならですが…

人間がもし機械に越えられて何もしなくていい時代がくるのなら人間がいる意味はありません!!

映画の中の世界です。

ターミネータやアイロボットのような世界です。

万能翻訳機や完全な自動運転技術もしそれが実現すれば、外国人と関わる面白さがわからなくなるし、007やワイルドスピードを見ていても自動運転だから何も起こりません…

カーアクションがないのですから!!

物事の本来の楽しさが失われてしますのです。

人と話すことの大切さ、ものに関わる面白さ。

それこそもう人ではなくロボットです。

ターミネーターなどを見ていると機械が愛を学ぶ!!

機械が学べるのだから人間が学べないはずはない…

機会ができるのはプログラムされたことだけ。

人は自分で考えて学ぶことができます!

機械には機械の役割が人には人の役割があります。

私はシンギュラリティーなど夢のまた夢だと考えています。

そんな時代が来たら人間が存在する意味がありませんから。

あなたもなにか志をもって生きれば楽しく生きれるのではないでしょうか?

不安なこともあるでしょうが大丈夫です!

たいていの不安は起こらないのですから。