花咲く国 ~ 衛生と発展 ~

あなたはシンガポールと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

マーライオン

米朝首脳会議?

暑い国?

どれも間違いではありませんが、いいところと悪いところがはっきりしている国です!

 

 

 

シンガポールとは?

 

 

 

シンガポールは地理的にも民族的にもアジアの十字路。

華人系が77%、マレー系が13%、インド系9%、後はその他と人たちが住んでいます。

日本からは直行便で7時間30分です!!

イギリスの植民地時代に様々な人種が来た影響で、様々な人種が住む土地になっています。

旅行者であれなんであれ、ルールが厳しすぎることで有名となっています…

最も多文化が生き残るため、しかたがないのですが…

 

 

 

 

 

ルールとは?

 

 

 

ゴミのポイ捨てで1000$(シンガポールドル)、喫煙場所以外での喫煙、つばや痰を吐く、電車内での飲食、入国時のチューインガムなどは罰金というのが有名でしょうか?

日本にはこんなルールはないとあなたは言うかもしれません!

しかし、外国人には花見の時に飲酒をするのも異様な光景です。

日本にはそういったルールがなさすぎるだけです。

必要なルールがなく、無意味なルールがありすぎるだけのことでです。

公園や広場で鳩にえさをあげると罰せられます。

日本では法律がないので罰されることはありませんが…

庭や植木鉢に水たまりをためていてもアウトです。

ここまでくればやり過ぎな気もしますが…

これが罰金大国と言われる故です。

ここではうかつな行動は慎まなければなりません。

 

 

 

 

シンガポールの魅力

 

 

 

治安

 

 

 

夜に女性が一人でも歩けるほど治安がいいと言われています!

人通りが少ない通りが少ないです。

しかし、観光客をターゲットとした強盗や置き引きが多いので細心の注意をしなければなりません。

 

 

 

 

交通が便利

 

 

 

シンガポールの交通は便利です。

シンガポールはさほど広い国ではなく、有名なスポットの近くに駅があり移動がしやすいです。

シンガポールの広さは東京23区と同じくらいの広さです。

 

 

 

食べ物が豊富

 

 

 

多国籍文化の国だけあって、いろいろな食べ物を楽しむことができます。

比較的、旅行者には優しい国だと言えるでしょう!

一つの国で様々な料理が楽しめるのはシンガポールならでは…

様々な企業が進出していて、日本の企業も多いです。

買い物でも困らないでしょう。

 

 

 

 

シンガポールの闇

 

 

 

 

シンガポールは外国から様々な企業が進出していて、人種も様々なので英語以外に様々な言葉が通じます。

しかし、そこに闇があります。

シンガポール外国人労働者が多く、経済発展が著しいです。

発展途上国で社会の発展が経済についていきません…

外国人労働者の権利が保障されている一方で、現地の人々の権利が保障されていません。

外国人労働者が雇われる一方で、現地の人々が肩身の狭い思いをしています。

シンガポールでは、トイレの水を流し忘れただけで罰金ですが、技術はまだまだです。

今の状況が社会の発展の限界の現実です!!

この辺りの国では、雨が降れば雨漏りなどよくあることです。

一年の平均気温は27度ぐらいで、基本暑いので過ごしやすい天候です。

日本の生活が好きな方はここに来れば日本の方がいいと思う人が多いかもしれません!!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

シンガポールは物価が日本とあまり変わらず、交通も便利で過ごしやすいかもしれません。

しかし、生活をするとなるといろいろ不憫を感じるかもしれません…

ここに行くなら観光で行くのをおすすめします。

外国の様々な国では、いろいろなことがあったりなかったりしますが、今あなたが当然のようにあるものに感謝しなければなりません。

そうすれば心は豊かになります。

自分の思う通りに世界が変わるはずないのですから!!