身の危険を感じる恐怖 ~隔離される恐怖~

さてみなさん、今年の夏はとても暑い!

7月は30年に一度の暑さらしいです…

なのですこし涼しくなる話、といっても怪談ではなく世界に存在する恐怖の場所を紹介します。

 

 

 

隔離される恐怖

 

 

 

南アフリカから南西に2400キロ離れた場所に位置する、90%以上が氷河に覆われた火山島それがブーベ島です。

元々イギリス領でしたが、1937年にノルウェー領となりました。

南極大陸に最も近いと言われる無人島で、人に会える一番近い場所が、2250キロ北西の南アフリカの南アグラス岬。

南極大陸に最も近いと言っても1770キロある。

どこに行くにもとてつもなく遠い…

そのため世界で一番遠い島の異名を持つ!

30キロ四方の島で誰も住んだことはありませんが、海鳥の重要な繁殖地となっています。

人にとっては周りに何もない地獄ですが、動物にとっては天国な訳です。

 平均気温はマイナス1度、風速は24メートル。

ごつごつと荒れた土地は人を寄せ付けず、探検家にとっても危険を極めます!

上陸するにはノルウェー政府の許可が必要です!!

想像してみてください。

一番近い島まで数千キロ…

周りには自然の動物!

風は強く、寒い。

いわばここは、自然の監獄と言える場所です。

このような地獄と言われる場所は世界にはたくさんあります!

事情は様々ですが…

自然が生み出すのは美しいものだけではなく、地獄のように恐ろしい場所もあるのです!

主にここは海洋学者が生態系を観察するときに許可をもらって観察するのだという…

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

夏もいよいよ後半ですが、体調を崩さないようお気をつけください。

夏は紫外線がきついですが、ある程度紫外線を浴びないと体調を崩したり、しみやそばかすの原因になるので…