美女の国 ~ ヨーロッパ最後の独立国 ~

平成最後の投稿です!
今週いよいよ10連休です。
今は6割の方が家から一歩も出ない時代なんだとか…
混んでるところが嫌な人が増えたようです。



ベラルーシとは?



ベラルーシという国をご存じでしょうか?
おそらくほとんどの人は知らないでしょう?
1991年ソ連が解体し、15の共和国がそれぞれ独立国として進んで行きました。
ベラルーシ共和国はルカシェン大統領によるヨーロッパ最後の独立国家と呼ばれる内陸国です。
最近では観光誘致が進んでいます!




ベラルーシの魅力




ベラルーシは共通語がロシア語で、旧ソ連の影響を強く受けています!
時差は6時間で、行く際はビザが必要となります。
GDPが日本の7分の1で、ペットボトルのスプライトが54円で買えます。
日本人に対しては非常に友好的で医療制度が非常に充実している国です!!
治安も良く、ベラルーシの人たちは食に非常に関心を持っているので健康的です。
ベラルーシはテニスのシャラポア選手の故郷として有名です。
ロシアの隣だから寒いと思う人も多いでしょうが、意外に暖かいです。
世界には美女と自然の国として知られています。




ベラルーシ名物


ボルンシ

f:id:worldstakanari:20171030093134p:plain


ロシアでも定番ですが、ベラルーシでも定番!
ベラルーシのカフェやレストランで必ず出てくるような料理です。

ダンプリング

f:id:worldstakanari:20171030092855p:plain

小麦粉やじゃがいも粉をベースに分厚いもちもちの皮。
内部の具材も主食として食べられることから甘いチーズやヨーグルトなどのデザートとして食べられるなどバリエーションも様々!


ラニキ(サイドディッシュ)

f:id:worldstakanari:20190426134358j:plain



じゃがいもを練って出た生地を焼いた東欧風パンケーキで、ロシアより薄め。
スープやメイン料理の付け合わせとして、あるいはパンの代わりに食べられます。



サイドディッシュ(メインディッシュ)

f:id:worldstakanari:20190426134932j:plain

メイン料理としても食べられます。
炒めた玉ねぎやひき肉を混ぜ、覆いかぶせるようにチーズをのせるのが一般的!



おすすめスポット


ブレストの要塞

 

f:id:worldstakanari:20190426181205j:plain



ベラルーシ西部のブレストで、世界大戦の激しい戦いがありました!
現在は第二次世界大戦の勝利を記念した要塞を守った英雄を模ったソ連時代の彫刻、要塞を見学することができます。
近くに博物館があり、見学できます。


ハティニ村記念公園

f:id:worldstakanari:20190426182135j:plain

こちらも第二次世界大戦の爪痕が残る場所です!
ライゴスク地区では多くのユダヤ人が住んでいました。
大虐殺が行われ、子供を含む147人が死亡。
5人の子供と1人の大人だけが生き残りました。
その悲惨さを伝えるためのメモリアルがここです。


ネスヴィジ城

f:id:worldstakanari:20190426183037j:plain

ベラルーシのネスヴィジにある、リトアニア大公国およびポーランド・リトアニア共和国の大貴族ラジヴィウ家の居城として建てられた城郭建築です。
ユネスコ世界遺産に登録されているイギリス流の風景式庭園としてヨーロッパ最大級!


ミール城

f:id:worldstakanari:20190426184112j:plain



フロドナ州カレリーチにある城とその周辺の建造物群が美しいと世界で話題。
中もきれいに手入れされていて、当時の貴族の生活を追体験できます!
こちらも世界遺産です。


聖シモン:聖エレーナ教会

f:id:worldstakanari:20190426184856j:plain



ミンスク地区の独立広場にあるローマ・カトリック教会
赤いレンガが特徴で、建築の際に資金提供したベラルーシの市民活動家エドヴァルド・ヴァイニロビッチの亡くなった子供シモンとヘレンから来ています。



ベラルーシ人の特徴



ベラルーシといえば美人なので、ベラルーシの美人はどんなものかを見てみましょう!



プライドが高い



ベラルーシの美女は容姿の良さから、自分に自信がある分、誇り高いです。


芯が強い


1人1人の芯が強く、精神的にしっかりしている女性が多いです。


はっきり意見を言う


ズバリと意見を言うのがベラルーシの女性。
男性をふる時も自分からのようです。


穏やか


ベラルーシは地理的環境から戦争に巻き込まれたり、多くの異民族が移住してきました。
争わずに異文化を受け入れてきたせいか、穏やかです。



八方美人


ベラルーシの人は基本的にはフレンドリー。
他国から支配を受けてきた中で争わず、異民族と共存していく方法を学び、生き残ってきたので八方美人です。




いかがだったでしょうか?
世界はまだまだ知らないことを待っています。
自分の知っている世界などたかが知れています。
それを知っていけば自分の能力を上げることにつながります。